WANの特徴や使い道、今後の将来性と購入できる取引所

WANの今後の将来性

WAN(ワンチェーン)の概要

通貨名称 WAN(Wanchain)
最大発行数 2億1000万枚
公開日 2018年3月
公式サイト https://www.wanchain.org/
ホワイトペーパー https://wanchain.org/files/Wanchain-Whitepaper-EN-version.pdf

WANの特徴や目指しているもの

WAN(ワンチェーン)は異なる仮想通貨をスムーズに交換し、スマートコントラクトを匿名化するための銀行プラットフォーム「Wanchain」上で使われる仮想通貨です。もう少し簡単に言うと、仮想通貨同士を取引所を解することなく匿名で安全に交換できるシステムです。Wanchainは中国発祥のシステムであり、中国版リップルと呼ばれることもあります。

金融機関や個人など、全てのユーザーは、Wanchain内の仮想口座内に入金するだけで、簡単に仮想通貨を交換できます。スマートコントラクト機能も搭載されており、将来が期待されるプロジェクトの一つです。

Wanchainは異なるブロックチェーンを接続する

Wanchainの最大の特徴は、複数のブロックチェーンを相互に接続できることです。この機能を「クロスチェーン」といいます。

通常、ブロックチェーンはそれぞれが独立した状態で存在しています。例えばビットコインのブロックチェーンとイーサリアムのブロックチェーンは互いに独立した存在であり、両者が接続されることはありません。

この状況で手持ちのビットコインをイーサリアムと交換したい場合は、イーサリアムをビットコインと交換したい誰かを探さなければなりません。こうした人達同士のマッチングを行っているのが仮想通貨取引所です。現状ではこの仮想通貨取引所のシステムが当たり前のように使われていますが、あまり優秀なシステムとは言えません。仮想通貨取引所に利用登録をする手間がかかりますし、ハッキングで資産が盗まれたり、サーバーがダウンして取引が行えなかったりするリスクもあります。

一方、Wanchainでは、クロスチェーンが異なるブロックチェーンを接続してくれるため、取引所の仲介なしにビットコインとイーサリアムを取引できます。Wanchainのシステムに入金すると勝手に相手が受け取りたい仮想通貨に交換されます。交換の際にはWANをブリッジ通貨として使います(詳しくは後述)。

ビットコインとイーサリアムだけでなく、リップル(XRP)やビットコインキャッシュ、ライトコイン、更にはマイナーな仮想通貨も交換できます。将来的にはすべての仮想通貨の交換プラットフォームになる……のかもしれません。このシステムが十分に普及すれば、もはや従来の仮想通貨取引所は不要なものになります。

Wanchainのスマートコントラクト機能

Wanchainには、イーサリアムと同じくスマートコントラクト機能が搭載されます。スマートコントラクトとは、簡単に言えば契約を自動化する仕組みです。予め契約の定義と、それが実行される条件を定義しておくと、その条件が満たされたときに契約が自動で実行されます。従来の契約のように契約書を用意する必要がなくなり、さらにはお互いがお互いを裏切れない状態が作れることから、有用な技術として注目されています。

Wanchainの匿名性

Wanchainは仮想通貨取引所と類似した一面を持っていますが、仮想通貨取引所と比べると遥かに高い匿名性を確保しています。具体的には、以下の3つの技術を用いて、個々の取引の匿名性を確保しています。

  • リング署名
  • ワンタイムアドレス
  • プライベートセンド

リング署名とワンタイムパスワードはMoneroで、プライベートセンドはDASHで採用されている技術です。MoneroもDASHも匿名通貨として名高いですが、その両方を兼ね備えたWanchainはさらに高い匿名性を持っていると言えます。

Wanchainとリップル(XRP)の類似点、相違点

Wanchainは中国版リップル(XRP)と呼ばれることもあります。どちらもブリッジ通貨という点では一致していますが、リップルが主に法定通貨をブリッジ(異なる通貨を橋渡しすること)するのに対し、Wanchainは仮想通貨をブリッジするという違いもあります。

リップルについてはすでにご存知のかたも多いかと思いますが、リップルラボ社が開発する送金・決済システムです。そのシステムの一部で使われるのがXRPです。

従来、海外送金は複数の銀行が仲介する(それ故に仲介手数料も時間もかかる)のが当たり前でしたが、リップルを使えば銀行の仲介なく、即座に、安価に送金ができます。XRPは異なる通貨をブリッジするブリッジ通貨です。

例えば日本企業がアメリカ企業に対して送金する場合、日本企業はリップルで日本円を送金します。送金された日本円は一旦XRPに変えられ、さらに米ドルに変えられてアメリカ企業のもとに届きます。XRPは法定通貨に対して変動しますが、送金にかかる時間は数秒なので、価格変動のリスクはほとんどありません。

リップルのシステム上では仮想通貨も法定通貨も使える(例えば米ドル→XRP→BTCといったような送金も可能)のですが、現状は法定通貨同士の交換をメインの目的としています。

一方、WanchainはWANを用いて仮想通貨同士を交換します。法定通貨同士の交換は現状では想定していないようです。

リップル(XPR)でも仮想通貨同士の交換はできるのだからWanchainは別に必要ないのでは、と思われるかもしれませんが、Wanchainにはスマートコントラクトと匿名性という強みがあります。完全ではありませんが、ある程度のすみ分けはできているのです。

筆者が考えるWANの今後の将来性

現状ではなかなか期待できるプロジェクトと言えそうです。マイナーなものまで含めると数千以上の仮想通貨が存在する現状において、クロスチェーン取引のような仮想通貨同士を簡単に交換できるシステムは必要不可欠です。

似たような仕組みであるリップルとも概ね棲み分けはできていますし、仮想通貨取引所を使わなくて済むというのはユーザーにとって大きな魅力です。

ただ、リップルやイーサリアムなどのライバルがいずれも強力な点については注意が必要です。両者はそれぞれ仮想通貨時価総額ランキングで3位、2位の超メジャーアルトコインであり、普及のための取り組みも着々と進められています。機能では決してこれらのシステムに劣っては居ないかと思いますが、普及するかどうかはそれとはまた別の話です。

WANが日本に上場する可能性

現状、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。早めに購入しておきたい場合は、バイナンスなどの仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

WANが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Kucoin
0 0

この記事の共有はここから