TNTの特徴や将来性、TNTが購入できるおすすめの取引所

TNTの使い道や将来性を解説

TNTの概要

通貨名称 TNT
最大発行数 10億枚
公開日 2017年8月
公式サイト https://v1.tierion.com/
ホワイトペーパー https://tokensale.tierion.com/TierionTokenSaleWhitePaper.pdf

TNTの特徴や目指しているもの

TNTは、大規模なデータの検証・証明をするために開発された仮想通貨です。書き換えができないというブロックチェーンの特徴を生かし、不正のためのデータ改ざんを防ぐためのプラットフォームを目指します。

Microsoftも注目!連携しながら開発を進めている

このプロジェクトには大手企業も注目しています。IT大手のマイクロソフト社やヘルスケア企業のフィリップス社もTNTの技術に注目し、提携してサービスを提供していくことが発表されました。このニュースがあり、TNTは急速に注目を集めました。大手企業が提携するということは、それだけ技術力が高いことの証明であり、ICOも25億円もの調達を1日あまりで成功させました。

チェーンポイントという根幹の技術

TNTのプロジェクトを支えている技術に「チェーンポイント」があります。チェーンポイントは、ブロックチェーン上にデータの存在証明をまとめて書き込む仕組みであり、すでの多くの企業がチェーンポイントに注目し、実際に使用しています。

チェーンポイントはデータの検証・証明を行うTNTの根幹となる技術。タイムスタンプも付きますので、人々は情報がいつ生成されたか、いつ変更されたかを知ることができます。

ハッシュAPIによりWEBアプリからデータを簡単に収集できる

TNTのハッシュAPIとは、チェーンポイントが利用可能なフリーのAPIです。最大100レコード(行)/秒のアンカーを無料で作成することができます。

ハッシュAPIのおかげで、データセキュリティ、タイムスタンプ、暗号化監査証跡をスピーディにアプリケーションに追加することが可能になります。

500を超える外部アプリと連携可能!

TNTはGoogleの提供するメールサービスの「Gmail」や顧客情報を管理するクラウドサービスの「セールスフォース」、ビジネスチャットの「Slack」など、500を超えるオンラインサービスと連携することが可能です。これは何を意味するかというと、TNTで集めたデータを他のオンラインサービスに送ることが可能になります。逆に、オンラインサービスで集めたデータをTNTに送って保存しておくこともできます。

筆者が考えるTNTの今後の将来性

データの信頼性という直球に挑んだTNTの方向性と、それを実現する技術力は素晴らしいものがあります。技術力があるからこそ、マイクロソフト社やフィリップス社がパートナーとして名乗りをあげたのですから、これはとても大きな強みです。

データの真実性は、これからの時代、高いニーズがあります。とくに医療や金融、保険といった産業では、データが正しいことが必須です。TNTの技術は大いに利用される可能性があります。ニーズがあるのに競合が意外と少ないのも強みの一つです。豊富な外部アプリと連携できるのも、ニーズにこたえるものとして期待できそうです。

懸念点は、一般ユーザー向けのプロダクトが弱いという点です。また、ブロックチェーンの利点を用いれば同様のプロジェクトを実現するのはそれほど難しくはないのではないか?という点が気になります。競合が力をつける前に圧倒的な差をつけて、世間に浸透させていくことがこれからのTNTの課題となるでしょう。

TNTが日本に上場する可能性

現時点では国内の仮想通貨取引所への上場はなく、しばらくは日本の取引所に上場することはなさそうです。購入の際は海外の取引所を利用してください。

TNTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから