DARの特徴や将来性、DARが購入できるおすすめの取引所

DAR

DARの概要

通貨名称 DAR
最大発行数 5000万枚
公開日 2017年1月
公式サイト https://gojupiter.tech/
ホワイトペーパー

DARの特徴や目指しているもの

DARは、2017年1月に公開された、特に機密情報を安全に保護することこそが重要であると考える仮想通貨です。Darcrusは分散アプリケーションとJupiterブロックチェーンを使った野心的なプロジェクトであり、現在のビジネスの形をより効率的で安全なものに変えることを目指しています。ユーザーはカスタマイズされたGUI(グラフィックユーザーインターフェース)を利用して、アプリケーションを調整することができます。すべての情報は自動的に暗号化され、システムに保存され、改ざんされない状態で保たれます。

Darcrusの目指すところ

Darcrusは、ビジネスを成功させる上で最も重要なこと、すなわち機密情報を安全に保護することに重点を置いた仮想通貨プロジェクトです。JupiterとMercuryという2つのシステムを併用することによって、この目的を達成しようとしています。

Jupiter

Jupiterは、カスタマイズもできる分散型ネットワーク(P2P)です。分散型ネットワークとは、すべてのコンピュータを対等な関係で接続したネットワークのことです。現在、Webでは情報を提供するサーバと、それを利用するクライアントに立場が別れた中央集権的なネットワークが支配的ですが、分散型ネットワークにはサーバとクライアントの区別がありません。どのコンピュータも必要に応じて情報を提供したり、それを利用したりします。

Jupiterのネットワーク上には、Jupiterトークンと呼ばれるトークンが存在します。これはDARとは異なり、仮想通貨取引所で取引されるものではありません。これらをベースにした商品を購入した後に、トークンが提供されます。

Mercury

Mercuryは、Weavesという、パブリックチェーンとプライベートチェーンの間でやり取りをするためのブロックチェーンです。

MercuryはJupiterブロックチェーン(プライベートチェーン)からWavesチェーン(パブリックチェーン)、およびWavesチェーンからJupiterブロックチェーンへと、双方向でクロスチェーン取引を行うことができます。Mercuryのシステムは、すべてのJupiterブロックチェーンのブロックハッシュをWavesブロックチェーンに記録します。これによって、2つのブロックチェーンが強力に紐付けられます。プライベートブロックチェーンをパブリックチェーンにコピーすることによって、誰もそのデータを改ざんしていないと証明することができます。

筆者が考えるDARの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。ブロックチェーンを用いて機密情報を取り扱うプロジェクトというのはすでに複数存在しており、競争が激しい世界です。その中で勝ち抜けるだけの実力があればいいのですが、残念ながら今のDarcrusにそこまでの力があるようには見えません。知名度もあまりないですし、時価総額も低いままです。これに投資するお金があるのならば、他の銘柄に投資することをおすすめします。

DARが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外の取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

DARが購入できる海外の取引所一覧

  • Waves Decentralized Exchange
0 0

この記事の共有はここから