SWTの特徴や将来性、SWTが購入できるおすすめの取引所

SWT

SWTの概要

通貨名称 SWT
最大発行数 約854万枚
公開日 2017年3月
公式サイト https://thisis.swarm.city/
ホワイトペーパー

SWTの特徴や目指しているもの

SWTは、イーサリアムのブロックチェーンを活用した分散型商取引プラットフォーム、及びそこで使用される仮想通貨の名称です。世界中の人間をSwarm Cityのプラットフォームで直接接続し、中間管理者を廃した効率的な取引を示現します。システム上で価値を交換する手段としてSWTを活用します。

イーサリアムをベースにした技術

SWTではイーサリアムのスマートコントラクトを活用して、利用者が互いに同じ金額のSWTを預けることによって、同時に契約処理が行われます。取引の実行やキャンセルも可能であり、その処理内容はブロックチェーン上に保管されます。

ブロックチェーン上に保管された情報は、原則として書き換えられることがありません。無理やり書き換えるためには、ブロックチェーンを保管しているコンピュータの少なくとも半分以上を一斉に攻撃する必要がありますが、これは現実的なこととはいえません。それ故に、ブロックチェーンは常に安全に保たれるのです。

専用機能「ターミナル」の導入

Swarm Cityには、両替機能やリクエスト機能、コミュニケーション機能など「ターミナル」という専用機能があります。最終的には、このターミナル内ですべての機能が完了するようになります。

この製品は「Boardwalk」や「Storefront」と呼ばれるもので、ターミナル機能はBoardwalkのリリースによってはじめて実現されました。今後はStorefrontをリリースすることによって、更に使い勝手の優れたプラットフォームへと進化する予定です。
トランザクションの処理や取引者の相互評価、ハッシュタグを使用するための基本的な機能などが、随時追加される予定です。

相互評価機能による共有経済の構築

Swarm Cityは、デバイス相互のピア・ツー・ピアネットワークを構築しています。ピア・ツー・ピアネットワークとは、簡単に言えばすべてのコンピュータが相互に、対等な状態で接続されたネットワークのことです。

Swarm Cityはピア・ツー・ピアネットワークによって、人々が完全に分散した形でコミュニケーションを図り、取引処理を実現しています。

筆者が考えるSWTの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。さまざまな機能が導入されていますが、そこから先の発展性が見えないからです。

SWTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場していますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

SWTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから