当サイトは仮想通貨の投資に役立つノウハウが満載!

2017年は仮想通貨元年と呼ばれ、この業界は大きく飛躍しました。
代表格のビットコイン価格は1年間で約10万円→160万円の16倍に!ビットコイン以外のアルトコインも、多くが数十倍になるという、まさに「なにを買っても儲かる」といった状態が続いていました。

当サイトは仮想通貨に投資をする上で役立つノウハウだけでなく、難しいと思われがちなブロックチェーンの仕組みや銘柄の特徴を、初心者にも分かりやすく解説していきます。

億り人と呼ばれる、資産1億円超のプレイヤーが続出していますが、果たして今から仮想通貨に投資して儲かるのか?今から買っても遅いのではないか?
初心者にとってはそこがかなり重要なポイントになると思いますので、弊社スタッフ(ビットコインのことを何も知らない普通の主婦さん)に協力のもと、2018年1月から「50万円運用ブログ」を投稿してもらっています。

素人がビットコインを買って儲かるのか損をするのか…ぜひ投資ノウハウのコンテンツと合わせてお楽しみください。

仮想通貨の基礎知識

ビットコインに代表される仮想通貨(暗号通貨)はインターネット上に存在する通貨です。

銀行に管理されていたり政府によって保証されているわけではなく、コンピューターの分散型ネットワークによって生成されています。

仮想通貨を使ってできること

  1. 売買でリターンを得る
  2. 買い物の代金として支払う
  3. だれかに送金する

いまは投資目的で利用する方が増えていますが、すでに実店舗でも導入がされていっており、身近なところでいうと、ビックカメラやメガネスーパーなどがビットコイン決済を導入していますね。

ブロックチェーンの分かりやすい解説

仮想通貨に関して調べものをすると、必ずといっていいほど、ブロックチェーンという言葉が出てきます。
ブロックチェーンとはいったい何なのか?できる限り分かりやすい言葉でいうと

「仮想通貨の金額と所有者をすべて書き連ねた台帳」です。

お金の行き来があるとその台帳が書き換えられ、誰が?いくら持っているのか?といった情報が新しいものに記録されます。とてつもなく大きな、貸借表といった感じでしょうか。

よく採掘やマイニングといった言葉も聞くと思いますが、この大きな貸借表を記録(承認)しているのが、マイニングをしているマイナー達です。お金の動きがあればその取引に不正はないかマイナーがチェックし、マイナーが承認すれば記録完了。といったイメージです。

》ブロックチェーンについて初心者向けの解説記事はこちら

法定通貨と仮想通貨の違い

法定通貨 仮想通貨
実体 ある(紙幣・貨幣) ない
発行量 上限なし 上限あり
信用 政府介入のため信用性は高い 政府の介入なしのため、低い
額面と価値 額面は一定。
1通貨あたりの価値は物価上昇率によって変動
需要と供給によって額面と価値が決まる
用途 決済、送金、預金、投資 決済、送金、預金、投資
取引の場所 銀行、証券会社など 仮想通貨の取引所

普段私たちが使っている法定通貨と仮想通貨の、大きな違いは発行量と価値です。

もしも日本が紙幣を大量に刷ればインフレが起きて、いま手元にあるお金は価値を大幅に損なってしまいます。しかし、ビットコインであれば2040年までに2100万BTCが上限と決まっているため、希少性が出てくると考えられます。

2018年1月時点で、約80%のビットコインが発行を終えていますので、残り20%しかありません。
ダイヤモンドや金が、世界中どこを掘ってももう出てきません!となった場合、値段は上がると想像できますよね?それと同じで、ビットコインの価値は今後さらに上がっていくものと私は考えています。

これから仮想通貨の業界はどうなるか?

まず、価格だけでいうと私はどんどん値上がりしていくと思っています。
現在、仮想通貨市場の時価総額は4000億ドルですが、現金・株式・債券市場から少なくとも1%の資産が流れてきたとしたら、仮想通貨市場は2兆ドル(220兆円)に達するという予想もあります。

まだこの市場は成熟しきっておらず、通貨としての課題も多いし、実用性を考えてもまだまだです。しかし、その実用性を兼ねたときには、とんでもなく莫大なリターンを得ることができると期待してます。

仮想通貨の業界に参入・出資している大手企業

  • SMBCベンチャーキャピタル
  • みずほキャピタル
  • 第一生命保険
  • 三菱UFJキャピタル
  • 三井住友海上キャピタル
  • Google
  • NTTドコモ
  • GMO
  • SBIホールディングス

ほんの一例ですが、そうそうたる大企業が仮想通貨の業界に参入・出資しているのが分かると思います。それだけ、仮想通貨の業界は今後伸びてくると思われているということでしょう。

今はまだ「仮想通貨ってなんか怪しい感じするよねー」という印象が強い人も多いですが、インターネットや電話が世の中に出てきた当初も世間は「インターネット?何に使うの?絶対流行らないわー」といった反応をしていたようです。

まさに今の仮想通貨業界がソレですよね。

個人的に注目しているアルトコインの銘柄リスト

  • OMG(オミセゴー)
  • LSK(リスク)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)

個人的にこれらのアルトコインには今後、さらなる価格の上昇が見込めるのではと、期待しています。
詳しくは各アルトコインの解説ページを参考にしてください!

おすすめの取引所

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

総合点:90点

メリット

  • 金融庁に認可された国内最大手の取引所
  • ビットコインを含む7種類のアルトコイン売買が可能
  • ハッキング盗難されても補償がある
  • レバ15倍までのビットコインFXがある
  • テクニカル分析ツールが揃っていて上級者の利用も多い

デメリット

  • マイナーなアルトコインを販売していない
  • 銘柄によっては手数料が高いため、短期売買には不向き

投資する前に理解しておきたいリスクと心構え

  1. ボラリティが大きく、大きな損をすることがある
  2. 仮想通貨を盗まれたり、紛失したりする恐れがある
  3. ICO投資をしても上場しないことがある

仮想通貨に投資する上で理解しておきたいリスクは主に3つ。

まず、仮想通貨はボラリティが非常に大きく、わずか1年で100倍になったりすることもあれば、わずか1週間で50%の暴落が起きたこともあります。値動きは株の比じゃないくらい動くので、大きな損をするリスクは覚悟しておいてください。

次に、取引所に購入したビットコインを置きっぱなしにしていると、取引所がハッキングの被害にあった際にすべてハッカーに通貨を盗まれたり、自分で管理をしていてもセルフGOXなどで紛失してしまう可能性が少なからずあります。

ICO投資では詐欺に近いものも含まれており、「上場目指しています」と口では言っていても、集めたお金を持ってそのままバックレてしまうICOも存在します。
また、バックレなくても「上場に向けて頑張ってますよー」と、最初から上場させるつもりはないのに、頑張ってる風に見せるだけのところもあります。これは詐欺でも何でもないので、タチが悪いものの一つです…

筆者が伝えたい、仮想通貨投資の心構え

  1. 情報元を正しく選べ!ただし、基本はポジトークだと思え!
  2. 儲かってるときに少しづつでも利確しろ!
  3. あくまでも余剰資金でやれ!生活費までつぎ込むな!
  4. 最終的に自己責任!他人のせいにはするな!

仮想通貨に投資をする上で、しっかりと理解しておいてほしいことは上記の4つ。どれも大切なことなのですが、とくに意識してほしいのが1番です。

当サイトがその役目を担うことができれば嬉しいですが、情報のスピードでいえば当サイトよりも、ツイッターでの情報収集が一番早いです。リアルタイムのニュースや投資家の相場感などを、いち早くキャッチできるからです。

初心者の多くは今が上げ相場なのか?下げ相場なのか?果たして買い時なのか?迷ってしまい、結果として誰かの意見を参考に売買しようとするでしょう。初心者が他人の意見を参考にすること自体は決して間違いではないですし、否定もしません。情報収集はとてもいいことです。

ただ、基本はすべてポジトークだと思ってください。未来のことは誰も分かりません。
投資はあくまでも自己責任。他人に流されてコインを買ってもすぐに狼狽売りしてしまうだけですよ。(筆者の経験談)

仮想通貨はまだまだ伸びていく市場だと思っています。
投資家として、こういったチャンスに巡り合えるのは、おそらく一生に一度でしょう。ITバブルの時は私はまだ学生でした。

きっと、一生に一度あるかないかのチャンス!!結果的に砕け散っても、私は悔いはありません。共に革命的な時代を歩めるといいですね(^^♪

アルトコイン調査のリクエスト募集中

「気になるアルトコインがあるけど、将来性が良く分からないから調べてほしい」といったリクエストがありましたら、お気軽に「お問い合わせ」からご連絡ください。

当社で調査をして、1週間以内に記事を投稿させていただきます(^_-)-☆

情報の正確性を保つための取り組み

当サイトでは情報の正確性を保つための取り組みとして、各ページ下部に「非常に役に立った」「不正確の疑いを申請する」という2つのボタンを設置させて頂いております。

不正確の疑いを申請するというボタンが一定回数入ると、そのページを一時的に非公開にさせて頂き、情報が正確であるかどうかを調査させて頂きます。