ビットコインキャッシュ(BCH)の特徴や今後の将来性を徹底解明!

BCHの今後の将来性

ビットコインキャッシュは、2017年8月1日にビットコインから分裂することによって誕生した仮想通貨です。基本的な仕組み(発行枚数、ブロック生成時間など)はビットコインと似ていますが、あくまでもアルトコインの一種です。

ビットコインと比べるとブロックサイズが大きく、送金詰まりが起こりづらいのが最大の特徴です。2018年5月にはブロックサイズが更に拡張されるとともに、スマートコントラクトも実装される予定で、これにより利便性はさらに向上します。

今回の記事ではビットコインキャッシュが誕生した経緯、ビットコインとの違いなどについて解説いたします。

ビットコインキャッシュの概要

通貨名称 BCH(BCC)
最大発行数 2100万枚
時価総額 1兆3850億円(4位)
公開日 2017年8月1日
公式サイト https://www.bitcoincash.org/ja/
ホワイトペーパー https://github.com/BitcoinUnlimited/BUIP/blob/master/065.mediawiki

ビットコインキャッシュが誕生した理由

ビットコインキャッシュは、当時大きな問題となっていたスケーラビリティ問題を解決するために作られました。

スケーラビリティ問題とは

スケーラビリティ問題とは、ビットコインのブロックサイズが1MBしかないことが原因で発生する送金遅れや手数料高騰などの諸問題のことです。

ビットコインのブロックチェーンでは、10分に1回新しいブロックが生成されます。このブロックの中には、10分間に行われたトランザクション(個別の取引)やそれに関連するデータなどが格納されます。

ビットコインの知名度が今よりも遥かに低かった頃は、10分あたりのトランザクション数も非常に少なかったので、ブロックサイズが1MBしかなくても問題ありませんでした。

しかし、ビットコインの知名度が高まり、世界中で取引が活発に行われるようになると、10分あたりのトランザクション数も飛躍的に増加し、1MBのブロックには収まり切らなくなってしまいました。

これに伴い、送金にかかる時間が長時間化する「送金詰まり」という現象が発生するようになりました。ビットコインは送金手数料を高く設定したトランザクションが優先的に処理される仕組みであるため、送金手数料も高騰しました。このような問題をまとめてスケーラビリティ問題といいます。

スケーラビリティ問題はビットコインが本来持つ長所を台無しにしてしまうものであるため、ビットコインコミュニティでは多くの解決案が提示されました。その中でも有用そうなものは、以下の2案でした。

ビッグブロック派とSegwit派の対決

1つ目の解決案は「ブロックサイズを大きくすることによって解決する」というものです。単純に考えれば、ブロックサイズを2倍にすればそこに入れられるトランザクション数も2倍になります。このような考え方を「ビッグブロック」といいます。

2つ目の解決案は、「トランザクションのデータを小さくすることによって解決する」というもの。ブロックサイズが一定のままでも、トランザクションのデータを半分にすれば、そこに入れられるトランザクションはやはり2倍になります。このような考え方を「Segwit」といいます。

ビッグブロックを支持したのはBitmain社を中心とする中国のマイニンググループ、Segwitを支持したのはビットコインの開発者でした(全員が全員というわけではありませんが、概ねこういう構図になっていました)。

中国のマイニンググループがビッグブロックを支持した(Segwitに反対した)理由は、Segwitが導入されるとBitmain社のASICというマイニング用コンピュータが使えなくなるためと言われています。技術的な面だけではなく、政治的な面でも両者は対立していたのです。

両者は2017年5月に一旦、Segwit2xという妥協案で合意しました(これをニューヨーク合意といいます)。これはブロックサイズ2倍にしつつSegwitも導入するという、両者の意見を取り入れたものです。Segwitを取り入れつつも、ASICは引き続き使えるのが大きな特徴です。

しかし、Segwit2xはリプレイアタックという特殊な攻撃への対策が不十分であることなど、不安点もあったため反発も多く、ViaBTCというマイニンググループは、2017年8月に突如分裂を実行します。こうして出来たのがブロックサイズ8MB,Segwitを導入しないビットコインキャッシュです。一方、本家ビットコインは紆余曲折のうちSegwit2xを諦め、当初予定していたSegwitを導入しました。

ビットコインキャッシュの特徴や目指しているもの

ビットコインキャッシュは前述の通り、スケーラビリティ問題を解決するために作られた仮想通貨です。その解決方法は「ブロックサイズを8倍(8MB)にする」という非常に単純なものですが、この方法は単純故に強力で、実際、分裂後にSegwitを導入したビットコインと比べると送金詰まりは少ないです。

ビットコインキャッシュの公式サイトによれば、ビットコインでSegwitが導入されたとしても、それはビットコインのブロックサイズを1.7MBにするのと同等の効果しかなく、根本的な解決にはならないとのことです(ビットコイン派は4MBにするのと同等の効果があると主張しています)。

2018年5月15日にはハードフォークが行われました。これによりブロックサイズは32GBに拡大され、さらにスマートコントラクトが導入されています。

ビットコインキャッシュとビットコインの違い

ビットコイン ビットコインキャッシュ
通貨単位 BTC BCH(BCC)
管理者 なし なし
公開日 2008年10月 2017年8月
ブロック生成時間 10分 10分
ブロック容量 1MB 8MB→32GB
時価総額 14兆5863億円 1兆3850億円
総発行枚数 2100万枚 2100万枚
Segwit あり なし

ブロック容量の違い

ビットコインのブロックサイズは1MB、ビットコインキャッシュのブロックサイズは8MBです。ビットコインキャッシュのブロックサイズは、2018年5月15日に32MBまで拡大されました。

時価総額の違い

ビットコインの時価総額は約14.5兆円、ビットコインキャッシュの時価総額は約1.4兆円です。概ねビットコインのほうが1桁多いですね。

Segwitの違い

ビットコインはSegwitを導入していますが、ビットコインキャッシュは導入していません。

ビットコインキャッシュに出資している企業一覧

ビットコインキャッシュに出資している企業は不明です。

ビットコインキャッシュを推している著名人

ロジャー・バー

ビットコインの黎明期からビットコインの宣教活動を行っていたBitcoin.comのCEOです。ビットコイン分裂後は度々ビットコインキャッシュを支持する発言を繰り返しており、「ビットコインキャッシュがビットコインを超えるのは時間の問題」とまで発言しています。

エミル・オルデンブルク

Bitcoin.comのCTOです。もともとはビットコイン支持者でしたが、2017年に保有していたすべてのビットコインを売却し、ビットコインキャッシュに変えたことを公開しています。

宍戸健

イスラエルと東京でビットコインキャッシュのエバンジェリスト(伝道者)として活動しています。

ビットコインキャッシュの半減期予定

ビットコインキャッシュはビットコインと同じく、概ね4年間に1度のペースで半減期が訪れます。公開日が2017年8月1日だったので、次の半減期は2021年8月頃になる見通しです。

筆者が考えるビットコインキャッシュの今後の将来性

将来有望であると考えています。
現時点ではビットコインキャッシュの時価総額はビットコインの10分の1程度にしか過ぎませんが、ではどちらが決済手段として優れているかと聞かれればビットコインキャッシュと答えざるを得ません。ビットコインはそれだけ送金詰まりが多く、現状非常に使いづらい通貨と化してしまっています。

個人的には、ビットコインキャッシュのライバルはライトコインであると考えています。ライトコインはブロック生成スピードが2.5分とビットコインキャッシュと比べて早く、発行枚数が多い分見掛け上の価格も安いので買いやすいなど、決済手段として優秀です。

ビットコインキャッシュもブロックサイズのさらなる拡大やスマートコントラクトで対抗しており、しばらくは両者ともに価値を高めあっていくかと思います。その後どちらが優勢になるかは、現時点では判断できません。

国内でビットコインキャッシュが安く購入できるおすすめの取引所

bitbankの公式サイトとスマホアプリ

運営会社名 ビットバンク株式会社

▼ 取扱仮想通貨一覧 ▼

ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルライトコインモナコイン

取引高(2018年3月) 613.71億円
口座開設に必要な書類 身分証明書(免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
法人名義での登録 可能

ビットバンクは取引所形式の売買で、ビットコインキャッシュをもっとも安く購入できる取引所になります。政府から認可もおりていますので、安心して取引できるのもかなり高いポイントのひとつ。

スプレッドや手数料も一切かからないので、是非活用したい取引所です!

0 0

この記事の共有はここから