ADAの特徴や将来性、ADAが購入できるおすすめの取引所

ADAの今後の将来性

ADAの概要

通貨名称 ADA
最大発行数 450億枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://www.cardanohub.org/
ホワイトペーパー https://whycardano.com/jp/

ADAの特徴や目指しているもの

ADAはもともと、オンラインカジノ・オンラインゲームのプラットフォームCardano(カルダノ)で使われることを目的に作られた仮想通貨です。

イーサリアムのコアメンバーであるチャールズ・ホスキンソン氏が開発したものであり、明確な実需を対象にした仮想通貨であることが大きな強みです。

カルダノは「不正ができないカジノ・ゲーム」

カルダノとは簡単にいえば、不正ができないカジノ・ゲームのプラットフォームです。オンラインカジノ・ゲームはカルダノ以外にもたくさんありますが、運営が不正をしていないという保証はまったくありません。
カルダノには運営がおらず、ブロックチェーンによって支えられているため、運営が不正を行うということはありえません。運営がいないのならばそもそもカジノ自体が成り立たないのでは?と思われるかもしれませんが、Cardanoにおいては通常のプレイヤーがゲームの主催者になれます。

ADAさえ保有していれば、男性でも女性でも、若者でも老人でも、誰でも主催者になれます。日本の法律上適法なので、日本人が参加してもまったく問題ありません。オリジナルのギャンブルを開発することも可能です。もちろん、自分が主催者になる際にも、不正はできませんが。

カルダノは開発者にもメリットがある

カルダノはカジノやゲームの利用者だけでなく、開発者にとっても大きなメリットがあります。一番の大きなメリットは、プラットフォームに対して莫大な費用を払う必要がないことです。

現状最も伸びているゲーム市場はスマートフォンゲーム市場ですが、これらのゲームを発表する際には、プラットフォームを提供している企業に莫大なライセンスを払う必要があり、開発者にとって大きな足かせとなっています。

一方、カルダノでは、無料でソフト開発キット(SDK)を利用できるため、開発者はゲーム本体に惜しみなく資本を投下して、ゲームのクオリティを高められます。開発者がカルダノを利用するようになれば、多くの利用者が集まります。そこで使えるのはADAのみであり、発行枚数にも上限があるため、自然と価値が上がっていくという仕組みです。

エイダコインとデビットカード

2018年1月の更新で、エイダコインのデビッドカードが使えるようになりました。デビッドカードは即時決済が行われるカードです。ウォレットからデビッドカードにADAを移しておくと、決済時にカードで支払いができるという仕組みになっています。

感覚としては、コンビニなどで売られているGoogle PlayやApp storeのプリペイドカードに近いかもしれません。

筆者が考えるエイダコインの今後の将来性

エイダコインの将来性ですが、現状では判断が難しいです。というのも、エイダコインには当初から「詐欺である」という指摘があるからです。詐欺だといわれる一番の理由は、公開が当初の予定よりも半年以上遅れたことです。

最終的に公開されたのですからもう詐欺ではないのかもしれませんが、ICOが日本のみで行われたり、その最低購入金額が高かったり、マルチレベルマーケティング(MLM)を導入していたりと、正直なところ、胸を張っておすすめできるサービスではありません。

ただ、それでも最近は多くの海外の仮想通貨取引所がADAを上場しています。仮想通貨取引所の運営は一個人である私よりもはるかに判断力が高いでしょうし、彼らが詐欺ではないだろうと判断したのは心強いことです。

エイダコインが日本に上場する可能性

エイダコインが日本に上場する可能性は、現時点ではあまり高くないでしょう。前述のとおり、エイダコインには詐欺であるという指摘があります。詐欺であるという指摘があるものを、金融庁が早々簡単に審査に通すとは思えません。仮想通貨取引所もそれよりも優先して上場したい仮想通貨がいくつかあるでしょうし、仮に上場されるとしてもそれはもう少し後のことになると考えたほうがいいでしょう。

エイダコインが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから