HOTの今後の将来性とHOTが購入できるおすすめの取引所

HOT

HOTの概要

通貨名称 HOT
最大発行数 約2750億枚
公開日 2018年3月
公式サイト https://holo.host/
ホワイトペーパー

HOTの特徴や目指しているもの

HOTは、分散型アプリケーション(DApps)開発・提供プラットフォーム「Holo」上で使用されるトークンです。各ユーザーはDAppsを提供するスペースを貸し出し、開発者がそれを利用します。ユーザーは報酬を得られますし、開発者は従来よりも安い経費でアプリを提供できます。

DApps提供プラットフォームと聞くとイーサリアムやNEO、あるいはEOSなどを想像される方が多いかと思いますが、Holoはブロックチェーンではなく独自のHoloChainを採用することによって、大きな差別化を図っています。

HoloChain上で提供される分散型アプリケーションはhAppsと呼ばれます。従来のものよりも安価で高速、安全性も高いことから、にわかに注目を集めています。

現状のアプリケーションプラットフォームの問題点

現状、多くの便利なアプリケーションは管理者が存在するプラットフォーム上で提供されています。例えばGoogle Play、App Storeなどはその代表例と言えます。こうしたアプリケーションプラットフォームは利便性が高い半面、開発者が負担しなければならないプラットフォーム利用料が高かったり、管理者側の意向でアプリケーションが削除されたりすることもあります。

とくに利用料の高さは多くの開発者を悩ませるものであり、それが価格に転嫁されれば利用者も不利益を被ることになります。これを解決するために作られたのがイーサリアムやEOSなどのDAppsプラットフォームですが、これらもスケーラビリティ問題などを十分に解決できていないことから、利用は少数に留まっています。

Holoは従来の中央集権型プラットフォーム、そして先発組のDAppsプラットフォームのどちらとも違う、より先進的なものと言えます。

Holoの基本的な仕組み

Holoは簡単に言えば、空き容量を貸し借りするためのプラットフォームです。一般的なコンピュータユーザーはhAppsを提供する人たちに、空き容量を貸し出します。ユーザーがホストになるホスティング(レンタルサーバを貸し出す仕組み)サービスの一種と言えます。

この仕組みのもとでは、ホストはその大きさに応じてHolo Fuelというネイティブトークンを稼げます。Holo Fuelは将来的に、HOTと1対1で交換できるようになります。アプリ開発者はGoogle PlayやApp Storeなどのサービスを使う必要がなくなるため、これまで支払っていた費用を大幅に削減できます。

ホスティングで稼ぐ2つの方法

ユーザーがホストになる方法は2つあります。1つは「HoloPort」を購入するというもの、もう1つは「Holoware」をインストールするというものです。

HoloPortとは

HoloPortは、クラウドファウンディングによって作られた、Holo用のハードウェア(ミニサーバー)です。このとき調達された1億1400万円あまりの資金を元に、以下の2つのモデルが開発されました。いずれもHoloの公式サイトから購入できます。

  • HoloPort(基本機種):499ドル
  • Holoport+(上位機種):1099ドル
  • HoloPort Nano(低廉機種):119ドル

Holo softwareとは

専用のハードウェアを購入したくないという場合は、現在使っているパソコンにHolo softwareをインストールして貸し出すことも可能です。

Holoの処理性能

HoloはブロックチェーンではなくHoloChainを採用することによって、低コスト、高速、安価な取引を実現します。HoloChainは独自のハッシュテーブル「DHT」によって安全性、高速性を確保しています。

HoloChainではお互いに協力して計算を行うため、従来のブロックチェーンに付きものだったマイニングの高難易度化や電気代の高等を抑制できます。また、アプリを実行するコードであるDNAを保持することによって、アプリの安全性を保障します。

処理性能も極めて高く、VISAの25万件/秒を凌駕します。

Holo fuelとHOTトークン

ユーザーがホスティングサービスを提供すると、その見返りとしてHolo Fuelを受け取れます。Holo FuelはHolo内の価値のやり取りに使用されるトークンです。

一方、HOTは資金調達のために作成された、仮想通貨取引所で取引できるトークンです。両者は2019年以内に1対1で交換できるようになる予定です。ホスティングサービスでHolo Fuelを得た人は、それをHOTと交換すれば、仮想通貨取引所で法定通貨や別の仮想通貨と交換できるようになります。交換されたHOTは予備口座に移されます。

筆者が考えるHOTの今後の将来性

現時点では、それなりに将来性はあると考えています。空き容量を利用するというのは面白い発想です。

HOTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

HOTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから