キャッシュ(QASH)の特徴や将来性、QASHが買えるおすすめの取引所

QASHの今後の将来性

キャッシュの概要

通貨名称 キャッシュ(QASH)
最大発行数 10億枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://liquid.plus/ja/
ホワイトペーパー https://s3-ap-southeast-1.amazonaws.com/liquid-site/quoine-liquid_v1.9_ja.pdf

キャッシュの特徴や目指しているもの

QASH(キャッシュ)は世界中の暗号資産取引所のオーダーや価格を統合するプラットフォーム「LIQUID」で使われるトークンです。現時点ではイーサリアムベースですが、2019年には独自のブロックチェーンを用いたトークンに移行する予定です。

現状、世界中に点在する暗号資産取引所はそれぞれが違う通貨を違う価格で取り扱っており、それが流動性の上昇を妨げていますが、LIQUIDはその流動性を大幅に上昇させ、取引をよりスムーズで魅力的なものにします。

さまざまな問題を抱える暗号資産業界

現状、暗号資産取引所は多くの問題点を抱えています。大きなものの一つに、流動性の低さがあります。流動性とは、換金のしやすさのことです。例えば、現預金1000万円と時価1000万円相当の不動産は、時価は同じでも、流動性の高さも考えると資産としては預貯金のほうが優れているという見方もできます。

では、暗号資産の流動性はどうでしょうか。ビットコインやイーサリアム、リップル(XRP)といったメジャーな暗号資産は、一定の流動性があります。しかし、これらよりも数が多いマイナーな暗号資産の流動性は極めて低いと言わざるを得ません。

例えば暗号資産取引所バイナンスが発行するバイナンスコイン(BNB)を買うなら、海外の取引所であるバイナンスで口座を開設し、バイナンスにドルやビットコインなどを入金し、そこで暗号資産を買い、値上がりしたらドルやビットコインに戻して送金する、という手順を踏まなければなりません。はっきり言って非常に面倒です。

暗号資産取引所間の取引価格の違い

現状の暗号資産の問題としては、暗号資産取引所ごとに取引価格が違うことがあげられます。暗号資産取引所は、多くのユーザーが一同に介してユーザー同士で暗号資産を売買するという仕組みを導入しているので、暗号資産の取引価格はユーザーが決定しているのです。そのため、同時刻に同じ種類の暗号資産が違う値段で取引されることもあり得ます。

2017年末には、韓国の暗号資産取引所で他国と比べて、ビットコインの取引価格が50%近く高くなるという現象が起きました。しかもそれは一瞬のことではなく、数週間も続きました。人気が集中している流動性が十分に確保されていないと、このような現象が起きやすくなります。

取引価格が高い暗号資産取引所を使っていたのは自己責任と言ってしまえばそれまでですが、海外まで含めて取引所ごとの価格差をいちいち調べるのはやはり大変です。こうした問題点を解決し、暗号資産取引所をより使いやすいものにしようというのが、LIQUIDの理念です。

LIQUIDの理念と仕組み

LIQUIDはQUOINE社が提供している暗号資産取引所のプラットフォームです。LIQUIDとは日本語に訳せば「液体、流動性」であり、暗号資産が持つ非流動性の解決を目的としていることから、このような名前が作られました。LIQUIDは非常に大雑把な言い方をすれば、世界中の暗号資産取引所のオーダーと価格が一同に集まるシステムです。

暗号資産取引所の価格を一覧できる

例えば暗号資産取引所Aではビットコインが100万円で、暗号資産取引所Bでは100.1万円で、暗号資産取引所Cでは99.9万円で取引されているという情報がLIQUIDのもとにどんどん集まってくるのです。

これらの情報はまとめて単一の取引画面(ワールドブック)に表示され、ユーザーはワールドブックの中から最も自分にとって都合のいい取引所を通じて取引できます。例えばビットコインを買いたい場合は暗号資産取引所Cを選ぶのが最善となりますし、売る場合は暗号資産取引所Bを選ぶのが最善となります。しばらくすると暗号資産取引所Cでは買いが、Bでは売りが優勢となるので価格差は調整されます。

この仕組みが正常に稼働すれば、複数の暗号資産取引所のページをいちいち開いて比較する必要がなくなるので楽に取引ができます。なお、ワールドブックには、LIQUID内の注文をまとめた「内部オーダーブック」と、各取引所の注文をまとめた「外部集約ワールドブック」から成り立っています。

LIQUIDの開発状況

QUIONE株式会社のCEOである栢森氏は、公式テレグラム(匿名性の高いチャットツール)で開発状況を報告しています。進捗状況が逐一報告されるというのは、多くの投資家にとっては心強いことです。

また、公式サイト内で公開されているロードマップによれば、LIQUIDは2018年の第二四半期より実働を開始する予定で、第三四半期にはダイレクトマーケットアクセスを実行する予定です。2019年にはオリジナルのブロックチェーンの導入や正式な銀行免許取得も行います。

キャッシュの役割

キャッシュはLIQUID上でサービスを利用するために必要なトークンですが、QUOINE社はトークンの利用方法を制限していないため、その他の業界でも自由にキャッシュをサービスに組み込めます。また、保有量に応じてQUOINE社が提供するサービスの割引や新商品の優先利用などの権利も与えられる予定です。

なお、キャッシュのICO(プレセール)は2017年11月に実施されています。想定以上の資金が集まったことから、ICO期間は3日に短縮され、当時の時価総額で130億円以上の資金を集めることに成功しました。

ICO時の総発行枚数は10億枚で、それぞれの配分は以下のとおりです。

  • ICOでの販売:2.5億枚
  • 戦略パートナー・機関投資家への付与:2.5億枚
  • コミュニティ・エコシステム用に留保:3億枚
  • 経営陣・株主保有分:2億枚

LIQUIDが一般的に広く使われるようになった場合、経営陣・株主保有分を除いては市場に放流される見通しです。また、集められた資金のうち、50%は流動性確保に使われます。

キャッシュの将来性

暗号資産の流動性は頭の痛い問題であり、これを解決するプラットフォームには確かな需要があります。より多くのユーザーがLIQUIDを利用するようになれば、その分必要とされるキャッシュも多くなるはずで、大きな価格上昇が期待できます。

LIQUIDの開発自体もそれなりに進んでいるようで、進捗状況なども報告されているので、少なくとも短期的に見た場合、開発者が逃げ出して開発がとん挫するということはなさそうです。日本の暗号資産取引所でも買えるため、日本人の資金流入も期待できます。

国内でQASHが安く購入できるおすすめの取引所

quoinexの公式サイトとスマホアプリ

運営会社名 株式会社QUOINE

▼ 取扱暗号資産一覧 ▼

ビットコインビットコインキャッシュイーサリアムリップルネムイーサリアムクラシックライトコインキャッシュ

取引高(2018年3月) 5190.60億円
口座開設に必要な書類 身分証明書(免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
法人名義での登録 可能

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は株式会社QUOINEが運営する暗号資産取引所で、国内では唯一キャッシュを取り扱っています。知名度は若干劣る印象がありますが、実は資本金、取引高ともにビットフライヤーに次ぐ2位の大型取引所です。

セキュリティに優れており、いままで暗号資産の流出を起こしたことがないのが大きな強みです。最大25倍までのレバレッジ取引も可能で、好みに応じてリスクを取れます。

LINEでのサポートもあり、これが丁寧で使いやすいです。他の暗号資産取引所だと連絡手段がメールしかなく、送ったメールがキチンと読まれているのかいないのか不安になることも多いかと思いますが、QUOINEXならばそのような心配はありません。

0 0

この記事の共有はここから