LATの今後の将来性とLATが購入できるおすすめの取引所

LAT

LATの概要

通貨名称 LAT
最大発行数 4億枚
公開日 2017年10月
公式サイト https://latoken.com/
ホワイトペーパー

LATの特徴や目指しているもの

LATは、実在資産のトークン化と取引プラットフォームを提供するサービスです。プラットフォーム上では誰もが自らの保有する実在資産をトークン化し、自由に取引できるようになります。

「実在資産のトークン化」ってなんだ?

実在資産のトークン化とは、実在資産をより流動性が高く価値が可視化できるものに変換することです。変換によってできたものをトークンといい、身近なところでは、株式も企業をトークン化したものと言えます。
資産をトークン化することで、流動性の向上や取引コストの削減、価値の可視化といったメリットが期待できます。

LATの仕組み

企業はもちろん、美術品などもその対象になっています。LATはこれまで流動性が低かった資産を簡単に取引できるようにします。資産の保有者は、それを確かに保有していることを証明するために、LATから認証を受けた証券保管機関にその資産の一部を預け入れます。

証券保管機関は資産価値にリンクするアセットバックトークンを発行し、それを仮想通貨の保有者に対して販売します。仮想通貨保有者は、そのアセットバックトークンを自由に販売できます。実在資産の保有者は、そのトークンを買い戻すか、あるいは証券保有期間が資産を売却した上で、その分配を受けます。

取引にはLATプラットフォームを使用します。投資家はありとあらゆる商品にリンクされている資産トークンを購入します。取引コストは非常に低く、大規模投資家はもちろん、小規模な投資家にも十分にチャンスがあります。将来的には公開株、未公開株、債券、商品、不動産、芸術品なども取り扱う予定です。

筆者が考えるLATの今後の将来性

現時点では、あまり将来性を感じていません。他にも似たようなプラットフォームがいくつかあり、そちらと比べたときに明確な優位点が存在しないからです。

LATが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

LATが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから