WISHの特徴や将来性、WISHが購入できるおすすめの取引所

WISH

WISHの概要

通貨名称 WISH
最大発行数 1980万枚
公開日 2017年10月
公式サイト https://mywish.io/
ホワイトペーパー

WISHの特徴や目指しているもの

WISHは、2017年11月に取引がはじまった仮想通貨です。WISHは仮想通貨の問題点を解決するためのプラットフォーム「MyWish」上で使用されるものであり、このプラットフォームは分散型のシステムとスマートコントラクトに支えられています。MyWishは法定通貨の世界では当たり前になっているが仮想通貨の世界ではまだまだ浸透が進んでいないシステム、例えば自動定期支払や財布の鍵の保護などを提供します。

仮想通貨の消失問題

現状仮想通貨が抱えている問題の1つに、仮想通貨の消失が挙げられます。これは簡単に言えば、仮想通貨の在り処がわからなくなってしまい、取り出せなくなってしまう現象のことです。例えばビットコインの総発行枚数は2100万枚で、すでに1700万枚以上が発行されていますが、その4分の1以上は秘密鍵を格納したウォレットの消失や、電子機器の故障などによって取り出せない状態にあります。

取り出せないビットコインの量は、この先増えることはあっても減ることはありません。取り出せないビットコインの量が増えてしまえば、それだけ市場に流通する使えるビットコインの量は減り、流動性の問題も発生します。
MyWishはこうした問題点を解決する可能性を秘めた、新しいプラットフォームなのです。

MyWishの仕組み

MyWishは、上記のビットコインの消失問題を解決するためのプラットフォームです。資金の移動をスマートコントラクトに任せることによって、ビットコインで発生しているような資金の消失を防ぎます。プロジェクトの開発はLastWillプロジェクトから始まっています。

LastWill上では、簡単に一連のスマートコントラクトをセットできます。すなわちスマートコントラクトを作成し、カスタマイズし、管理することができます。また、スマートコントラクトを定期的に呼び出し、ボーナス支払いをすることが可能です。

現状はイーサリアムベースのトークンですが、将来的にはイーサリアムとは関係のない仮想通貨の運用に向けた統合モジュールを開発する予定していて、開発者はスマートコントラクトを活用した分散型アプリケーションを自由に開発できます。

筆者が考えるWISHの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。MyWishの仕組み自体はそう悪いものではありませんが、仮想通貨としては知名度が低く、マーケティングがあまりうまく言っていないように見えます。いくら性能が良くても知られなくては意味がないので、現状では厳しいと言えるでしょう。

WISHが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

WISHが購入できる海外の取引所一覧

  • Ether Delta
0 0

この記事の共有はここから