BATの特徴や将来性、BATが購入できるおすすめの取引所

BATの今後の将来性

BAT(Basic Attention Token)の概要

通貨名称 BAT
最大発行数 2017年5月
公開日 15億枚
公式サイト https://basicattentiontoken.org/
ホワイトペーパー https://basicattentiontoken.org/BasicAttentionTokenWhitePaper-4.pdf

BATの特徴や目指しているもの

BAT(Basic Attention Token:ベーシックアテンショントークン)はイーサリアムのブロックチェーンを使用した、現状何かと問題が多いオンライン広告の問題点を解決するかもしれない、ウェブブラウザ「Brave(ブレイブ)」上で使用される仮想通貨です。

現代のWebにはびこる悪質な広告を排除し、良質な広告を表示することによって、ユーザーと広告主、双方の利益を増やします。2017年5月におこなわれたICOではわずか24秒の間に38億円を回収して、大いに話題となりました。それだけ現代のWeb広告に対する不満が大きく、またその不満の解決策としてBATに有用性を見出している人が多いということです。

現在のウェブ広告が抱えている「問題」

私たちは普段、ウェブブラウザを通じてWeb上の情報を閲覧しています。そのWebに表示される広告を管理しているのはGoogleなどの仲介業者で、広告主はここを介して広告を出向しています。長年当たり前のように使われてきたこのシステムですが、実は欠点も少なくありません。

ユーザーは無用な費用負担が多い

Webユーザーは、不要な広告の読み込みに多くの時間と容量を使われています。Basic Attention Token開発陣によれば、平均的なユーザーのモバイルデータの約50%は、デジタル広告の表示やその計測、プラグインなどに利用されており、23ドル/月もの費用を「支払わされて」います。

1回のデータ通信で5秒の時間をデジタル広告に掠め取られており、マルウェアは1年で132%も増加しています。見たくもない広告が表示されることが多く、不快な思いをさせられることもしばしばあります。

広告主には無駄な支出がかさむ

広告主は、支払った費用ほどの対価を得られないことが少なくありません。ターゲットに見合わない広告表示が多く、広告費の大半はGoogleやFacebookの成長に使われます。6億以上の携帯電話やパソコンがなんらかの広告ブロックツールを使用しています。Webユーザーと広告主の関係は良好とは言い難く、それが双方の不利益につながっています。

まとめると、現状のWeb広告は「見る者」にとっても「出す者」にとっても問題が多く、その問題の根源はWebメディア全体の中央集権化にあります。この問題を解決し、分散化を図るのがBATとBraveの役割です。

BATとBraveで広告主とユーザーの関係はより良好に

BATはWebブラウザ「Brave」上で使用する仮想通貨です。広告主はその広告を見たり、シェアしてくれたりしたユーザーに対してBATを支払います。

逆に、ユーザーが良質な広告の出向者に対してBATトークンを送信することも可能です。広告を表示するかしないかは、ユーザーが決めます。

Braveはシンプルで高速なオープンソースのブラウザ

BATの価値が高まるためには、Braveの普及が必要不可欠ですが、Braveには普及するだけのポテンシャルがあります。一番の特徴は、Google Chromeを上回る速さです。余計な広告のダウンロードをシャットアウトすることによって、Google Chromeの2倍~8倍のスピードを実現しています(アメリカの大手ニュースサイトを使った検証による)。

現代のWebブラウザはどれもそれなりに早いですが、広告ブロックのためのアドインと相性が悪く、それが原因で遅くなったり、それ以外の様々な不具合が出たりすることも少なくありません。Braveは標準で広告ブロック機能が搭載されているため、そのようなことはまず起こりません。

多言語対応済みで、日本語でも使えます。他のWebブラウザと同じような拡張機能の利用も可能で、自分好みにWebブラウザを使いやすくカスタマイズできます。

YoutubeでBATの直接送金が可能に

また、2017年11月のBraveのアップデートにより、Youtubeの視聴者は、Braveを通じて動画投稿者に対して直接送金ができるようになりました。

現状、Youtubeで十分な金額を稼ぐためには再生数を稼がなければなりません。掲載された広告が再生されたり、クリックされたりするたびに報酬が発生する仕組みとなっているからです。

こうした仕組みは低品質な動画の大量投稿、釣り行為、モラルに反した動画の投稿などにつながっています。Youtube側もある程度はこうした問題に対応していますが、十分とは程遠い状態です。

しかし、動画投稿者に対して直接送金する仕組みができれば、そのような悪質な動画は自然と消えていきます。逆に再生数は稼げずとも有用な動画は視聴者からより多くの「チップ」を受け取ることができ、それがモチベーションやより良質な動画を作るための原資となります。現在はYoutubeのみの対応となっていますが、今後は他の動画サイトでも同様のサービスを導入する予定です。

筆者が考えるBATの今後の将来性

現状では、Basic Attention Tokenにはあまり明るい見通しを感じません。BATの価値が高まるためにはBraveのシェア増加が必要不可欠なのですが、今のところその兆しは見られないからです。

現状、世界のWebブラウザシェアのトップはGoogle Chromeで、その下にFirefox,Internet Explorer Microsoft Edgeなどが続いている状態です。統計によって多少数値は異なりますが、Braveは現状「Other(その他すべて)」に含まれ、その割合は0.1%にも満たないと考えられます。ブレイブはこの数字を伸ばしていかなければならないわけですが、これはかなり難しいでしょう。

確かにBraveは高速で使いやすいブラウザではありますが、他のWebブラウザにもそれぞれ優秀な点があります。なにより、主要なブラウザは「主要なブラウザであること」自体が信頼につながっています。難しいことはよくわからないけれど、まあシェアの多いブラウザを使っておけばとりあえずは安心だろう、というわけです。Braveのようにリリースされたばかりのブラウザにはそれがありません。信頼を得られることになるとしても、それはかなり先の話になります。面白い取り組みではありますが、仮に投資する場合でも、数年、あるいはそれ以上の時間がかかることを覚悟しておいたほうがいいかと思います。

BATが日本に上場する可能性

現状、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しはありません。投資する場合は、海外の取引所を利用しましょう。

BATが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから