HSTの特徴や将来性、HSTが購入できるおすすめの取引所

HSTの特徴・使い道・将来性まとめ

HST(DecisionToken/ディシジョントークン)の概要

通貨名称 HST(DecisionToken/ディシジョントークン)
最大発行数 約4824万枚
公開日 2017年11月
公式サイト https://horizonstate.com/
ホワイトペーパー

HSTの特徴や目指しているもの

HSTは、効率的な投票と意思決定をするための意思決定プラットフォーム「Horizon State」で使用されるトークンです。

Horizon StateとHSTの仕組み

Horizon Stateは、投票や意思決定のためのプラットフォームです。ブロックチェーンを用いることによって、投票結果の改変や投票者の識別を防ぎます。

ブロックチェーン上に保存されているデータは分散して保管されているため、その改ざんは極めて難しく、万が一改ざんされてもすぐに発覚するため、投票や意思決定を保管する仕組みとして優れています。特定の勢力が勝手にブロックチェーンの内容を書き換え、しかもそれをばれないようにするというのは事実上不可能と言ってもいいでしょう。

安価に導入できるのが魅力

従来の投票所や紙を用いた電子投票では、納税者1人に対して7~25ドル程度の費用がかかるのに対して、Horizon Stateではわずか0.5ドル程度に抑えることができます。投票にはモバイルアプリを利用するため、電子投票のメリットである手軽さは問題なく維持できます。

選挙以外にも使えるHorizon State

Horizon Stateは選挙との相性が非常に良いプラットフォームですが、選挙以外の意思決定にも使えます。例えば企業が顧客に対するアンケート調査を行うのにも使えます。迅速な意思決定は、ある程度大きな組織にとっては欠かせないものであり、これを実現するHorizon Stateにはかなりの需要があるものと思われます。

HSTの将来性

現時点では、判断が難しいと考えています。ブロックチェーンと投票の相性は非常に良好です。非常に良好であるがゆえに、多数のライバルプロジェクトが存在します。

HSTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

HSTが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから