リップル(XRP)の今後の将来性とXRPが購入できるおすすめの取引所

リップル(XRP)の将来性とおすすめの取引所

リップルの概要

通貨名称 リップル(XRP)
最大発行数 1000億枚
公開日 2013年9月26日
公式サイト https://ripple.com/jp/
ホワイトペーパー https://ripple.com/files/ripple_consensus_whitepaper.pdf

リップルの特徴や目指しているもの

リップルは、現状遅くて高い国際送金の高速化・低料金化を目指す一大プロジェクトの総称です。多くの仮想通貨やそれに関連したプロジェクトには明確な中央管理者がいないのに対して、リップルにはリップルラボ社という中央管理者がいます。中央管理者がいることに対して抵抗を感じる投資家も少なくないようですが、中央管理者がいるゆえのメリットも少なくありません。

なぜリップルは高速・低料金で送金できるのか?

現状、国際送金を行うのには長い時間と、高い手数料がかかります。国内や海外の銀行を複数経由しているためです。このデメリットは日本円⇒米ドルなどのメジャーな通貨同士のやり取りではそれほど目立ちませんが、もっとマイナーな通貨の組み合わせの際には実感せざるを得ません。

たとえば、楽天銀行で海外に送金する場合、最低でも750円の手数料がかかります(受け取り手の銀行によってはさらに手数料が高くなります)。また、送金から着金まで1営業日~数営業日かかります。

リップルのシステムを使えば、この問題点を解決することができます。送金手数料は現在のレートで数十円、送金から着金まではわずか数秒(実際にはもう少しかかることが多いですが、それでも銀行経由よりはるかに短いです)です。

リップルでは、国際送金のように複数の銀行のシステムを遠さずに、リップル内のシステムだけで送金が行えるため、早くて安い国際送金が可能になります。そして、その仲介に使われるのがXRPです。

このシステム内では「日本円⇒XRP⇒米ドル」といったような法定通貨同士の国際送金はもちろん、「日本円⇒XRP⇒ビットコイン」といった法定通貨から仮想通貨(あるいはその逆)への送金、さらには「ビットコイン⇒XRP⇒ライトコイン」といったような仮想通貨同士の交換も可能になります。

「IOU」という借用書がリップルを支える

リップルのシステムでは、IOUという特殊かつ非常に重要な取引形式が採用されています。IOUとは「I owe you」、直訳すると「私はあなたに対して借りがある」という意味で、要するに借用書のことです。

通常、借用書を用いた取引は特定の債権者と債務者の間でのみ有効になるのですが、リップルの場合は、システムを使うすべての人々の間で有効になります。早い話、お金を借りた人、あるいは貸した人とは別の人と、借用書のやり取りをすることが可能になるのです。あなたはAさんに発行してもらったIOUを使ってBさんから買い物ができますし、BさんはあなたからもらったIOUを使ってAさんからお金を受け取れます。

リップルラボ社は、このIOUの管理を行っているのです。IOUの発行自体は行っていません。IOUの発行主体をゲートウェイといいます。信頼できるゲートウェイの発行したIOUは、実質的にお金と同じ価値を持ちます。

リップルは銀行と競合しないことが強み

リップルは既存の国際送金を大きく変える可能性を持つ仕組みであるため、既存の国際システムを支える銀行とは対立しそうにも思えます。しかし、実際には多くの銀行と提携しています。リップルは銀行にとっても有益なものなのです。

既存の国際送金システムは、銀行にとって必ずしもありがたい存在ではありません。システムの維持に莫大な費用がかかるからです。リップルが普及すれば、この維持費を節約できます。61の国内金融機関はリップルを利用した送金システムを構築する「内外為替一元化コンソーシアム」に参加しており、韓国との送金実験を行うなどして、システムの実現化に努めています。

リップルに出資している企業一覧

リップルは非常に大きなプロジェクトであるため、多くの大企業が出資しています。合計調達額は合計で100億円以上に上り、その期待度が伺えます。代表的な出資者は以下のとおりです。

  • Google Ventures
  • CME Group
  • Blockchain Capital
  • SBI Investment(Lead Investor)

リップルの半減期予定

リップルは現時点ですべて発行済みであるため、半減期はありません。

筆者が考えるリップルの今後の将来性

筆者個人としては、リップルの将来性は非常に高いと考えています。理由は簡単で、リップルはほかの仮想通貨と比べて既存の大企業である銀行に対して融和的だからです。リップルは銀行に変わって自分たちが金融システムを作り上げるのではなく、銀行という既存の金融システムを取り込みつつ、自分たちの価値を高めようとしています。銀行としても、国際送金にかかる手間や時間が削減できるのはありがたい話です。

実際、住信SBIネット銀行や三菱東京UFJなどの日本のメガバンクはもちろん、横浜銀行などの地銀、さらには国外の民間銀行や一部の国の中央銀行までもがリップルとの提携を発表しています。これらの大企業がリップルを実際に導入すれば、その価値は計り知れないものになります。

一方、懸念点はリップルラボ者が大量に保有しているXRPです。発行済みの1000億XRPのうち、リップルラボ社はその6割以上に当たる約630億を保有しています。これが市場に出回れば、価格は一時的に下がるでしょう。

もっとも、リップルラボ社も大量流通による価値の低下に対する対策は行っており、約550億XRPをロックアップ(自由に売買できなくすること)しています。2018年以降は毎月10億XRPずつロックアップが解かれ、リップルラボ社はそれを市場に放出できます(放出しないという選択肢も選べます)。徐々に放出していくので、早々大きな暴落は起こらないと個人的には思っています。

国内でリップルが安く購入できるおすすめの取引所

bitbankの公式サイトとスマホアプリ

運営会社名 ビットバンク株式会社

▼ 取扱仮想通貨一覧 ▼

ビットコインイーサリアムビットコインキャッシュリップルライトコインモナコイン

取引高(2018年3月) 613.71億円
口座開設に必要な書類 身分証明書(免許証、マイナンバーカード、パスポートなど)
法人名義での登録 可能

ビットバンクは取引所形式の売買で、リップルを買うならもっとも安く購入できる取引所になります。政府から認可もおりていますので、安心して取引できるのもかなり高いポイントのひとつ。

スプレッドや手数料も一切かからないので、是非活用したい取引所です!

0 0

この記事の共有はここから