VIAの特徴、今後の将来性まとめと、VIAが購入できるおすすめ取引所

VIAの今後の将来性

VIA(Viacoin/ヴァイアコイン)の概要

通貨名称 VIA(Viacoin)
最大発行数 2300万枚
公開日 2014年6月
公式サイト https://viacoin.org/
ホワイトペーパー https://github.com/viacoin/documents/raw/master/whitepapers/Viacoin_whitepaper.pdf

VIAの特徴や目指しているもの

VIA(Viacoin/ヴァイアコイン)は、分散化した取引を可能にする金融プラットフォーム「viacoin」上で使われる仮想通貨です。分散化されているがゆえにシステムダウンなどのリスクがなく、高速な送金やオフチェーンを使ったライトニング・ネットワークにも対応しています。ユーザー独自のトークンを発行することも可能であり、機能の大半がすでに実装済みです。

ビットコインの様々な不備を受けて開発されたという一面もあるため、性能自体は総じてビットコインの上位互換じみています。機能が強力だからといって必ずしもそれがすぐに価格に反映されるわけではないのが仮想通貨の面白いところであり、理解しづらいところでもありますが、技術的に優れていることは間違いなく、その点では有利と言えるでしょう。

ビットコインが抱える問題点

ビットコインは仮想通貨時価総額ランキングで1位に君臨し続けている仮想通貨ではありますが、だからといって必ずしも機能が優れているわけではありません。仮想通貨の中でも歴史が長いがゆえに知名度も高く、それに支えられている感は否めません。機能だけを見ればビットコインよりも遥かに優秀なアルトコインは多数あるにもかかわらず、それらはビットコインの価格に連動するように動いています。

ビットコインの問題点でも特に大きいのが送金速度の低下とそれに伴う送金手数料の高騰です。ビットコインの本来の送金スピードは10分です。後発の仮想通貨には劣るとはいえ十分に早いはずなのですが、2017年末から2018年始にかけては送金スピードが急低下し、数時間掛かることもしばしばありました。送金リクエストが増えすぎたことによってそれを処理できなくなる送金詰まりが発生したためです。

ビットコインのブロックチェーンは、複数のトランザクション(個別の取引)を10分毎に1つのブロックにまとめ、それを直近のブロックに繋いでいくという作業の繰り返しによって伸び続けています。各ブロックのサイズの上限は1MBです。10分あたりのトランザクション数が少なかったときは1MBもあれば十分だったのですが、トランザクションの増大に伴い、ブロックサイズが足りなくなってきたために、送金詰まりが発生するようになってしまったのです。

ビットコインの送金では手数料を設定することができ、手数料を高くするとその分送金が早くなります。ブロックサイズの枯渇は手数料の高騰を招き、ビットコイン本来のメリットであった送金スピードの速さと送金手数料の安さは両立できなくなりました。

ビットコインの開発側もこれをただ黙って見ていたわけではなく、Segwit2xやライトニング・ネットワークと呼ばれる新技術の搭載によってこれを解決しようと試みていますが、なかなかうまく行っていません(ちなみに、ライトニング・ネットワークはメインチェーンの外=オフチェーンを活用することによってメインチェーンの負担を少なくする仕組みです)。最近は送金詰まりもだいぶ解消されていますが、それはどちらかというと取引量の低下による副産物のようなものであり、根本的な解決とはまた別のものです。

VIA vs ビットコイン

ここからは、後発のアルトコインであるVIAとビットコインの性能を比較していきたいと思います。

送金速度について

ビットコインでは1秒に約8の取引を処理できるのに対して、VIAは同条件で約200の取引を処理できます。単純に考えれば、VIAのほうが送金速度は25倍も早いということになります。理論上の数値と実際の数値が必ずしも一致するわけではありませんが、VIAのほうがかなり早いことは間違いありません。

ライトニング・ネットワークについて

ビットコインのライトニング・ネットワークは2019年中に以降に行われる見通しです。2017年末にテストは成功しているようですが、実際にそれを実装するにはまだ時間がかかりそうです。一方、VIAはすでにライトニング・ネットワークを実装済みです。

ただしライトニング・ネットワークが問題をすべて解決する夢の技術であるというわけではありません。技術的な説明は避けますが、ライトニング・ネットワークは匿名性を損なう、あるいは中央集権的であるという批判もあります。

マイニングについて

マイニングとは、取引を承認し、その見返りに報酬を受け取る作業のことです。マイニングの内容は簡単に言えば膨大な計算作業であり、高性能なコンピュータほどマイニングに成功する(報酬が受け取れる)可能性が高くなります。

ビットコインは10分に1回ブロックが追加されるように、2週間に1度調整されます。例えば計算が簡単すぎて5分で1回のブロックが追加されている場合は、計算難易度を引き上げて10分に1回のブロックが追加されるように調整します。逆に15分に1回ブロックが追加されている場合は、計算難易度を引き下げて、やはり10分に1回のブロックが追加されるように調整します。この仕組みをNDAといいます。

一方、VIAのマイニング仕組みはDGWとよばれ、1ブロックごとに難易度が調整されます。DGWはScrypt Auxpow(他のブロックチェーンと同時にマイニングできる)などの点で優れています。

独自機能について

VIAには独自のトークンを発行する機能「ClearingHouse」が搭載されています。独自トークンは法人や個人など誰でも発行できるもので、それぞれが独自の価値をつけられます。

筆者が考えるVIAの今後の将来性

なかなか将来有望であると考えています。機能も十分ですが、開発が順調に進んでいるのも大きいです。開発状況はWebサイトのロードマップで報告されていますが、必要な機能はあらかたすでに搭載済みです。残っているのはハードウェアウォレット(インターネットから切り離して保管ができるタイプのウォレット)や匿名化の搭載などで、これが終われば本格的に価値を高めていくかもしれません。

VIAが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しはありません。海外の仮想通貨取引所には上場されていますので、そちらを利用するといいでしょう。取引高が多いのはバイナンス、Bittrex、UPbitの3つなので、そちらの利用をおすすめします。

VIAが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Bittrex
  • UPbit
0 0

この記事の共有はここから