VIAの特徴や将来性、VIAが購入できるおすすめの取引所

VIAの今後の将来性

VIAの概要

通貨名称 VIA
最大発行数 2300万枚
公開日 2014年6月
公式サイト https://viacoin.org/
ホワイトペーパー https://github.com/viacoin/documents/raw/master/whitepapers/Viacoin_whitepaper.pdf

VIAの特徴や目指しているもの

VIAは、分散化した取引を可能にする金融プラットフォーム「viacoin」上で使われる仮想通貨です。分散化されているがゆえにシステムダウンなどのリスクがなく、高速な送金やオフチェーンを使ったライトニング・ネットワークにも対応しています。ユーザー独自のトークンを発行することも可能であり、機能の大半がすでに実装済みです。

ビットコインが抱える問題点

ビットコインの問題点でも特に大きいのが送金速度の低下とそれに伴う送金手数料の高騰です。ビットコインの本来の送金スピードは10分です。後発の仮想通貨には劣るとはいえ十分に早いはずなのですが、2017年末から2018年始にかけては送金スピードが急低下し、数時間掛かることもしばしばありました。

送金リクエストが増えすぎたことによってそれを処理できなくなる送金詰まりが発生したため、ビットコイン本来のメリットであった送金スピードの速さと送金手数料の安さは両立できなくなりました。

ビットコインの開発側もこれをただ黙って見ていたわけではなく、Segwit2xやライトニング・ネットワークと呼ばれる新技術の搭載によってこれを解決しようと試みていますが、改善にはあまり寄与していません。最近は送金詰まりもだいぶ解消されていますが、どちらかというと取引量の低下による副産物のようなものであり、根本的な解決とはまた別のものです。

独自機能について

VIAには独自のトークンを発行する機能「ClearingHouse」が搭載されています。独自トークンは法人や個人など誰でも発行できるもので、それぞれが独自の価値をつけられます。

筆者が考えるVIAの今後の将来性

なかなか将来有望であると考えています。機能も十分ですが、開発が順調に進んでいるのも大きいです。開発状況はWebサイトのロードマップで報告されていますが、必要な機能はあらかたすでに搭載済みです。残っているのはハードウェアウォレットや匿名化の搭載などで、これが終われば本格的に価値を高めていくかもしれません。

VIAが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しはありません。海外の仮想通貨取引所には上場されていますので、そちらを利用するといいでしょう。取引高が多いのはバイナンス、Bittrex、UPbitの3つなので、そちらの利用をおすすめします。

VIAが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから