PZMの特徴や将来性、PZMが購入できるおすすめの取引所

PZM

PZMの概要

通貨名称 PZM
最大発行数 60億枚
公開日 2017年5月
公式サイト http://prizm.club/
ホワイトペーパー http://prizm.club/en/whitepaper/

PZMの特徴や目指しているもの

PZMは、オープンソースかつJavaで構築された、安全な決済通貨として使える仮想通貨です。従来の仮想通貨と比べてブロック生成間隔が短く、省エネにもつながるPoS(Proof of Stake)の仕組みを採用しているのがポイントです。不正な攻撃への耐性も高く、各事業者は安心して決済に導入できます。

ビットコインが抱える「2つの問題」を解決するPZM

現状、仮想通貨の中では最も時価総額が高いビットコイン。機能がシンプルで仕組みが比較的理解しやすいことから徐々に普及も進んでいますが、いくつかの問題を抱えているのも事実です。その中でも特に大きいのが、スケーラビリティ問題と環境負荷です。PZMはこの2つの問題を解決するために作られたものです。

ビットコインは送金詰まりが発生しやすい

スケーラビリティ問題とは、ビットコインのブロックサイズに上限があることによって発生する諸問題の総称です。ビットコインのトランザクション(個別取引)データは、ブロックチェーンのブロックに格納されます。ブロックは概ね一定のペース(10分)で生成されるように予め設計されています。各ブロックのサイズは1MBに制限されており、これより大きなものは無効なものとして排除されます。

仮に実際のトランザクション数が処理性能を超えてしまった場合、必然的に送金詰まりが発生します。取引にかかる時間が理論上の値よりも遥かに長くなってしまうのです。

ビットコインは送金手数料を増やすと送金が早くなりやすいため、送金詰まりは送金手数料の高騰も招きます。ビットコインはこれを解決するためにライトニングネットワークという技術を導入することとしていますが、いつ実現するかはわかりません。実際にビットコインで送金しようとして、いつまで経っても承認されずにヤキモキした経験がある方も少なくないでしょう。

ビットコインは膨大な電力を消費している

また、ビットコインは環境に対しても大きな負荷を与えています。ビットコインの取引の正当性を支えるのはマイニングという仕組みです。マイニングとは簡単に言えば、トランザクションを承認する作業を行い、その見返りとして報酬を得る行為のことです。マイニングを行う人達はマイナーと呼ばれ、2019年2月時点ではマイニングに成功すると12.5BTCがもらえることになっています。

ビットコインのマイニングの具体的な内容は「難しい計算の答えを見つけること」です。本筋から離れてしまうため詳細な解説は避けますが、ともかくこの計算の答えを1番最初に見つけた人に対して報酬が支払われます。このような仕組みを「Proof of Work(PoW)」といいます。PoWの仕組みはビットコインのみならず、ライトコイン、ビットコインキャッシュなどにも採用されています。

この計算の難易度は、時間経過とともに変わります。先程も少し触れたとおり、ビットコインのブロックは、概ね10分に1回生成されるように設計され、この難易度調整は2週間に1度行われます。ビットコインがメジャーになるに連れて、さまざまな要因から採掘難易度は長期的に見れば上昇しています。

採掘難易度の上昇に伴い、電力消費量も大幅に増加しています。少し古いデータですが、2017年11月時点でビットコインのマイニングにおける電力消費量は全世界の電力消費量の0.13%を占め、世界の200を超える国と地域のうち、159カ国でそれぞれ消費する消費電力量よりも多いことが明らかになっています。

このようなマイニングの消費電力量は予てから問題視されています。ビットコインが人類にとって必要不可欠なインフラであるならば、それに見合った電力をつぎ込んでも問題はないのですが、現状ビットコインにそこまでの力はありません。にもかかわらず大量の電力消費をするのは問題ではないか……というわけです。

スケーラビリティ問題と環境負荷の解消を目指すPZM

スケーラビリティ問題と環境負荷。この2つは今はビットコインの問題として考えられていますが、将来的には他の仮想通貨に及ぶかもしれません。PZMはこの2つの問題を解決する、スムーズに送金できる低負荷な仮想通貨です。

PZMはブロック生成時間がトランザクション数に依存しない

PZMのブロック生成時間は60秒です。ビットコインと比べて10倍の速度でブロックが生成されていくわけです。しかもビットコインのように、トランザクション数の増加によって、送金詰まりが発生することもありません。全くトランザクションが発生しなくても、大量のトランザクションが発生しても、同じペースでブロックが生成されていくわけです。

より安全なProof of Stake(PoS)で電力消費量を抑制

PZMはマイニングの仕組みにPoWではなくProof of Stake(PoS)を採用しています。PoSとは、仮想通貨の保有量に応じてマイニングの権利を振り分ける仕組みです。たくさん通貨を保有しているほど、マイニングに成功する確率が高くなります。マイニングをするほど報酬がもらえるという点ではPoWと同じです。保有量が多いほど多くの報酬がもらえるというこの仕組は、銀行預金の利息に似ています。

このPoS自体は他のいくつかの仮想通貨にも採用されていますが、PZMは「Nothing at Stake(ナッシングアットステーク)」という悪意ある攻撃への耐性を持つという点で、他の仮想通貨よりも優れています。一方、PoSを採用している通貨はブロック生成にかかるコストが小さいため、そのような不正な攻撃が起こる可能性は(PoW通貨と比べれば)高いです。

PZMはこの攻撃に対する十分な体制を備えているため、他のPoS通貨よりも遥かに安全に使用できます。この独自のマイニングの仕組みをパラマイニングといいます。パラマイニングは最新の数学をベースにした金融システムに則って運用されており、世界中の金融商品を数値化したものをリアルタイムでコインに反映させます。

筆者が考えるPZMの今後の将来性

現時点では、あまり将来性はないと見ています。面白い機能が搭載されていることは確かなのですが、その機能が投資家やユーザーに対してわかりやすいメリットを与えているようには見えないからです。実際には有用なものであっても、個人にわかりやすい利益を与えないようでは、普及が望めないのではないでしょうか。

PZMが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入しましょう。

PZMが購入できる海外の取引所一覧

  • BTC-Alpha
0 0

この記事の共有はここから