ETHOSの特徴や将来性、ETHOSが購入できるおすすめの取引所

ETHOSの今後の将来性

ETHOSの概要

通貨名称 ETHOS
最大発行数 2億2229万5208枚
公開日 2017年6月13日
公式サイト https://www.ethos.io/
ホワイトペーパー http://www.ethos.io/Ethos_Whitepaper.pdf

ETHOSの特徴や目指しているもの

ETHOSは、ブロックチェーン技術の採用を加速させ、誰でも参加できる仮想通貨市場を作ることを目的としたプロジェクトです。仮想通貨を広めるためのプラットフォームであり、すべての仮想通貨と深い関連性を持つことになります。もともとはBQXという名称でしたが、最近リブランドされています。
将来的には評価やチャットなどの機能を搭載した独自のSNSを実装する予定で、プラットフォーム内ではETHOSというトークンが使用されます。

複雑で面倒くさい仮想通貨の管理

現状、仮想通貨を安全かつ便利に管理する方法は皆無存在していません。仮想通貨を保管する方法自体は複数あるのますが、どの方法にも見逃せない程度には大きい欠点があります。

安全な管理が簡単ではない仮想通貨

仮想通貨取引所やWebウォレットなどのようなオンラインのウォレット(ホットウォレット)に預けておくのは簡単で、仮想通貨の取引をする際にも便利ですが、オンラインで管理されているため、ハッキングなどのリスクが高まります。

2018年1月には日本最大級の仮想通貨取引所であるコインチェックから、当時の時価総額で500億円以上のNEM(XEM)が流出したことが大きなニュースとなりました。あまり話題にはなりませんが、国内外の仮想通貨取引所ではこれより小規模な流出は少なくない頻度で発生しています。

送金にも手間がかかる

また、仮想通貨の送金も、初心者にとってはハードルが高いものです。仮想通貨によってはタグをつけたり、Segwitとlegacyを選ばなければならなかったりします。間違っていないかを確認するためにはじめは少額送金で試すなどの防御策もありますが、はっきり言ってかなり面倒です。送金に時間が掛かると「アドレスが間違っていたのではないか」という不安にも襲われます。

今回解説するプラットフォームETHOSは、現状の仮想通貨が抱えている上記のような問題を大きく解決する可能性を秘めています。

ETHOSでは直感的で安全・簡単な操作が可能に

ETHOSの最大の特徴は、複数の資産やトークンを一括して管理できる「ユニバーサル・ウォレット」を導入していることです。ユニバーサル・ウォレットを導入すれば、もう今までのように、資産やトークンごとに複数のウォレットを使い分ける必要はなくなります。

ETHOSのネットワークの中では瞬時に預金、引き出し、送金、交換ができます。それらのコインはいつでも監視できる上、その情報をメールやEthos IDに送信できます。税務レポート作成システムなどもあるため、確定申告の際に頭を悩ませる必要もありません。

Ethos Socialとは

ETHOSのもう一つの大きな特徴がEthos Socialです。これはETHOS内に将来構築される予定のSNSで、Twitterのように誰でも参加できます。コミュニティには素人から専門家まで様々な人が参加し、高度な専門家であるEthos Expertになれば他の人にアドバイスを送れます。

専門家が知識を提供することで仮想通貨への理解が深まり、仮想通貨人口は更に増えることになります。レーティングや評価のシステムもあるため、どの人が信用できてどの人が信用出来ないか、ということについていちいち悩む必要もありません。

筆者が考えるETHOSの今後の将来性

ETHOSの将来性は仮想通貨市場全体の将来性と連動します。仮想通貨が普及すれば使われるようになるでしょうし、仮想通貨が普及しなければ使われないはずです。では仮想通貨自体が広まるのかどうかという点についてですが、これは主に途上国で広まるものと思われます。

通貨自体に厚い信頼がある先進国では、まだ各事業者が仮想通貨を決済に採用するメリットは薄いからです。仮に先進国で浸透するとしてもまだまだ時間は掛かるはずで、そういった意味では長期投資向けの対象と言えそうです。

ETHOSが日本に上場する可能性

今のところ、日本の仮想通貨取引所に上場される予定はありません。バイナンスを始めとする仮想通貨取引所での取引をおすすめします。

ETHOSが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから