ペッグ通貨TUSDとは?TUSDの今後の将来性と購入できる取引所

ペッグ通貨TUSDとは?将来性とおすすめの取引所を解説

TUSDの概要

通貨名称 TUSD(TrueUSD)
最大発行数 約1200万枚
公開日 2018年3月
公式サイト https://www.trusttoken.com/
ホワイトペーパー

TUSDの特徴や目指しているもの

TUSD(TrueUSD/トゥルーユーエスディー)は、1TUSD=1USD(米ドル)となるように価格が自動的に調整される仕組みを備えた仮想通貨(ペッグ通貨)です。いつでも完全にこのレートが維持されるわけではありませんが、他の仮想通貨と比べると価格変動が極めて小さいのが最大の特徴です。

複数の信託会社によって運営されている中央集権型の仮想通貨であり、ブロックチェーンによって不正な改ざんを防いでいます。

ペッグ通貨について

ペッグ通貨とは、他の通貨(法定通貨・仮想通貨含む)や資産などと価値が連動するように設計された仮想通貨のことです。TUSDのようにドルに連動するものはドルペッグ通貨といいます。円に連動するなら円ペッグ通貨、ユーロと連動するならユーロペッグ通貨です。マイナーではありますが、金(Gold)と連動する金ペッグ通貨などもあります。

ペッグ通貨は主に、相場急変時に資産を引き上げる際に使われます。例えば、今ビットコインを保有していて、それが明日大暴落すると考えている時に、一旦法定通貨と一定の比率でペッグ通貨に交換して、相場急落に備えます。

ペッグ通貨など使わなくても法定通貨に換金すればいいではないか、と思われるかもしれませんが、ペッグ通貨は仮想通貨であるため、国際送金が安く行えるというメリットがあります。そもそも仮想通貨は本来は投資商品ではなく安価で高速な送金を実現するための手段であり、ペッグ通貨はある意味ではそれを最も体現していると言えます。

TUSDが価格を保つ仕組み

TUSDを含め、ペッグ通貨は基本的に中央集権で運営されます。TUSDは複数の信託会社が運営しているため、一社で提供されているペッグ通貨よりは分散されていますが、それでも中央集権であることに変わりはありません。

この仕組のもとではユーザーはTUSDの運営に対してUSDを預け、運営からそれと同額のTUSDを受け取ります。運営に預けた100USDは準備金として銀行口座にプールされます。

あるいはTUSDを運営に返し、それと同額のUSDを受け取ります。運営の元に送られたTUSDは破棄されます。

この仕組みが正常に動作する限り、運営者の手元には発行したTUSDと同額のUSDがプールされるため、必然的に1TUSD=1USDのレートも保たれることになります。

逆に言えば、この仕組が正常に機能しなくなった場合、例えば運営がこっそり預かった額以上のTUSDを発行した場合などは、レートが崩れることになります。

レート崩壊を防ぐための仕組み

TUSDはレート崩壊を防ぐためにいくつかの取り組みを行っています。まず、運営は1社ではなく複数の信託会社で構成された団体として行っています。信託会社とは信託業(他社から資産を預かり、その管理や運用を行う業務)を実施する会社です。信託会社に預けられたUSDは、単一の銀行口座ではなく、複数の信託会社の口座に保持されます。

口座内の入金額は毎日公開され、第三者の会計士による監査の対象となります。できる範囲で分散度合いと透明性を高めることによって、不正が起こりづらくしているわけです。

この仕組のもとでは、信託会社が仮に1社、2社と倒産しても、残りが無事ならばレートは一定に保たれます。逆にこの理念に共鳴した信託会社が増えていく可能性もあり、そうなれば安定性はさらに高まります。

USDTとの違い

TUSDとよく似たドルペッグ通貨にUSDTがあります。USDTは海外取引所では比較的メジャーなドルペッグ通貨であり、相場急変時の資金避難先として一定の知名度があります。しかし、USDTには様々な疑惑があり、ドルペッグ通貨として十分に信頼できるとは言えません。

まず、USDTはTUSDと違いTether(テザー)社という1つの会社によって提供されているものであるため、分散度合いに難点があります。

実際、Tether社が十分な準備金を用意していないのではないかという疑惑は、たびたび報道されてきました。2018年6月21日に同社は法律事務所による監査資料を公開し、USDT発行額以上の米ドル準備金を抱えていると発表しましたが、法律事務所に提供された情報が正しいという確信はなく、疑惑を払拭するには至っていません。

また、Tether社が大量のUSDTを発行した直後はビットコインの価格が上昇する傾向があることから、同社がビットコインの価格をコントロールしているのではないかと言われています。Tether社が準備金以上のUSDTを発行し、それを使って買い注文を出すことによって価格を釣り上げていたのではないか……というわけです。

もちろん、これはあくまでも疑惑ですが、各取引所としては疑惑が多く、不透明性が高いUSDTよりも、多数の信託会社によって提供されており、透明性でも上回るTUSDの方を採用したいはずです。現在はまだUSDTが主流ですが、将来的に置き換わる可能性は充分あると考えられます。

筆者が考えるTUSDの今後の将来性

TUSDはドルペッグ通貨であり、投資の対象にはまずなりえません。ドル高を見込むのならば投資を検討する価値はあるかと思いますが、それならば外貨預金でも済む話です。

TUSDが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

TUSDが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Upbit
  • Bittrex
0 0

この記事の共有はここから