ITZの特徴や将来性、ITZが購入できるおすすめの取引所

ITZ

ITZの概要

通貨名称 ITZ
最大発行数 233万枚
公開日 2017年9月
公式サイト http://www.interzone.pw/
ホワイトペーパー

ITZの特徴や目指しているもの

ITZは、2017年9月に取引が始まった、ブロックチェーンに基づいたソーシャルネットワークの構築を目指す仮想通貨プロジェクト「Interzone」上で使用される仮想通貨であり、DASHのテクノロジーをベースにしています。

Interzoneは完全に無料で使えるオープンソースなネットワークであり、高度に分散されており、マイナーはCPUやGPUを使ったマイニングができます。

プライバシーの保護

ITZは、コインを撹拌することによって、その出処をわからなくする技術(コインミキシング)と呼ばれる機能を用いて、利用者のプライバシーを効率的に保護しています。
この技術は匿名通貨の中でも特に時価総額と知名度が高く、高速送金でも知られているDASHも採用している仕組みです。

セキュリティとマイニング

ITZはコンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)を採用しています。仮想通貨ではメジャーなPoWですが、マイニング競争が激しくなっているため、ITZは競争の抑制を目的としてASIC耐性を確保することで、安価なCPUやGPUでのマイニングに対応しています。

マスターノード

ITZは分散管理される仮想通貨の中でも特別な役割を与えられたノード(マスターノード)の仕組みを採用しています。マスターノードはいくつかの仮想通貨で採用されている仕組みであり、マスターノードになるためには、一定以上のコインを保有する必要があり、報酬は25万ブロックごとに25%となっています。

筆者が考えるITZの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。性能が総じてDASHに類似しているからです。だったらDASHを使えばいいのではないか、と思ってしまいます。

ITZが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

ITZが購入できる海外の取引所一覧

  • CryptoBridge
0 0

この記事の共有はここから