SUBの特徴や将来性、SUBが購入できるおすすめの取引所

SUBの今後の将来性

SUB(Substratum/サブストラタム)の概要

通貨名称 SUB(Substratum/サブストラタム)
最大発行数 5億3200万枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://substratum.net/
ホワイトペーパー

SUBの特徴や目指しているもの

SUBは、インターネット環境を提供するプラットフォーム型の仮想通貨です。パソコンやタブレットを使用していない時に空いている領域を提供して、インターネット環境を構築しよう、という画期的なプロジェクトです。

SUBの仕組み

現在、インターネットの会社は一部のプロバイダやウェブサービスによって管理される中央集権的な構造が維持されています。サービス料金も一方的で、大企業が設定した料金を支払わないとネットが利用できない、というのが現状です。また、閲覧制限がかけられていて、自由にインターネットを閲覧できない国や地域もあります。

SUBはブロックチェーンの技術でインターネット環境を提供することで、中央集権的なインターネット環境の改善を目指しています。これらの問題を解決します。分散型にデータを扱うためにセキュリティも極めて高く、データも暗号化されているため、情報が第三者に見られることはありません。

決済アプリ「Crypto Pay(クリプトペイ)」

Crypto Payは、Paypalのような決済アプリです。特徴はSUBだけでなく、法定通貨でも他の仮想通貨でも支払いができる点です。もちろん、モバイル端末からも利用可能です。

プラットフォーム上でコンテンツを公開できる

SUBは2018年からオープンソースとなりました。オープンソースとはプログラムコードを、誰もが自由に閲覧できるソフトウェアのことです。コードを自由に閲覧できるということは、誰でも自由にいじれることができ、開発スピードが上がることが期待できます。

さらにプラットフォーム上にソフトウェア開発キット(SDK)とAPIを公開しています。オープンソースな上にSDKとAPIを配布しているので、世の中にSUBが流通していく追い風となることが期待できます。

SUBの将来性

空き領域をノードとして提供し、報酬をもらえる、という仕組みは魅力的です。ブロックチェーンの技術を利用して、データの安全も守られるのであれば、ユーザーにとっては魅力的です。AIによる自動ルーティング(最速のルートを探す)機能もプラットフォームとしての強みです。特にインターネット環境が整っていない地域においては高いニーズが見込まれます。

大企業とパートナーシップを結んで技術面や予算面で強力なバックアップがあれば安心できますが、現在はその様子はなさそうです。また、ネット環境としてはWi-Fiが主流になると思われますが、Wi-Fiのセキュリティ状況がどうなのかが不透明です。

SUBが日本に上場する可能性

仮想通貨全体で190位ですから、他にも先に日本の取引所の上場する仮想通貨はあるでしょう。SUBが上場するのはまだまだ先のことでしょう。当分は海外の取引所を利用しましょう。

SUBが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから