SKYの特徴や将来性、SKYが購入できるおすすめの取引所

SKYの使い道・将来性を解説

SKY(Skycoin/スカイコイン)の概要

通貨名称 SKY(Skycoin/スカイコイン)
最大発行数 1億枚
公開日 2015年4月
公式サイト https://www.skycoin.net/
ホワイトペーパー

SKYの特徴や目指しているもの

SKYはビットコイン、イーサリアムに次ぐ第三の仮想通貨を自称する、非常に特徴的な仮想通貨です。現状のビットコインが抱える問題点を解決するため、マイニングが存在しない独自のコンセンサスアルゴリズム「オベリスク」を採用しているのが大きな特徴です。

SKY開発プロジェクトでは同時にプロバイダが存在しない独自のネットワーク「Skywire」も開発されています。Skywireは中間業者が存在せず、それゆえに自由でより高度に分散された、ユーザー手動のネットワークを目指します。

SKYの仕組み

SKYの最大の特徴は、独自に開発されたコンセンサスアルゴリズム「オベリスク」です。オベリスクの仕組みのもとでは、マイニングがされない代わりに、ネットワーク上に接続されたコンピュータ(ノード)の相互監視により、ブロックチェーンの健全性を保ちます。

ノードは、新たなブロックを生成する機能を持つブロックメイキングノードと、取引を検証するコンセンサスノードに分類できます。取引の情報はまずブロックメイキングノードに送られ、その後コンセンサスノードが実施されます。

コンセンサスノードは取引に不正がないかを確認し、不正な取引が発見された場合は、その取引を行ったノードをネットワークから遮断するので、PoWやPoSよりも更に改ざんのリスクは低くなります。取引手数料もかからず、PoWやPoSのように、富めるものが更に富むということもなくなります。その結果、権力は適切に分散されます。

プロパイダなしで機能するネットワーク「Skywire」

プロバイダは我々に代わってインターネットトラブルに対処してくれますが、同時に私達を間接的に管理しています。プロバイダはプロバイダ責任制限法という法律に基づき、他者(捜査機関など)からの情報開示請求に応じることがあります。誹謗中傷などの悪質な書き込みに対しては然るべき措置が取られるのは当然ですが、この仕組みが言論弾圧に繋がる可能性は否定できません。

SKYの提供するネットワーク「Skywire」はプロバイダ≒管理者が存在しない状態で動作します。このようなネットワークは分散型自立ネットワークと呼ばれ、第三者に個人情報を知られるリスクなくインターネットに接続できます。どちらかというと、情報統制が厳しい国で特に必要されているであろう技術であると言えます。

SKYの将来性

現時点ではなかなかに将来有望と言えます。すでに仮想通貨として完成しつつあるというのが大きな評価点です。性能自体も優秀ですし、Skywireは情報統制の厳しい国で使われる可能性が高いです。

懸念点はロックアップされている量の割合です。SKYの総供給量は1億枚ですべて発行済ですが、そのうち7500万枚は運営によってロックアップされています。ただ、今後数十年程度をかけて徐々に市場に浸透させていく予定なので、大量放出による価格低下はそれほど心配しなくても良さそうです。

SKYが日本に上場する可能性

現時点で日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに海外の複数の取引所に上場しているため、今すぐ購入したいという場合はそちらを利用するといいでしょう。取引高はバイナンスが最も多いです。

SKYが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから