OKの次回半減期はいつ?OKの特徴や使い道、今後の将来性を徹底解説

OKの次回半減期はいつ?OKの特徴・将来性を徹底解説

OKの概要

通貨名称 OK(OKCash)
最大発行数 1億500万枚
公開日 2014年11月
公式サイト https://okcash.io/
ホワイトペーパー

OKの特徴や目指しているもの

OK(OKCash/オーケーキャッシュ)は高速取引と安価な手数料を兼ね備えた仮想通貨です。もともとはPIMPcashという名称でしたが、2015年にリブランディングされました。「OK」は世界で広く知られている単語であり、多くの人々に共通のイメージを持ってもらうためにこのような名前がつけられたそうです。

日本での知名度は低いですが、公式Twitterアカウントのフォロワー数は7万人以上と非常に多く、コミュニティは非常に強力です。期待されていることがわかります。PoS通貨であるため利息がもらえることも大きな特徴です。

低い手数料と高速送金

OKの機能の最大の特徴は、高速取引と安価な手数料です。取引速度を決める重要な要素であるブロック生成間隔は1.2分(72秒)です。ビットコインの10分、ライトコインの2.5分、モナコインの1.5分などと比べるとかなり高速であり、必然的に取引速度も早くなります。

取引手数料は0.0001OKから受け付けています。2018年10月8日時点でのレートは1OK=4円なので、日本円に換算すると0.0004円です。送金詰まりなどが原因で取引手数料が数百円を超えることもあるビットコインなどと比べると非常に安価であり、実質的にはほぼ無料と言えます。

OKはコミュニティが強い

OKの前身であるPIMPcashはもともとビットコインの問題点を解消するために作られた仮想通貨です。しかし、開発を進める中で多くのコミュニティのサポートを受けたことから、自らを支えてくれるコミュニティのための仮想通貨へと変貌し、それに伴い名称もOKというよりわかりやすいものになりました。

このような経緯をたどったことから、OKは知名度や時価総額の割には強力なコミュニティを有しています。

例えば、Twitter公式アカウントはすでに約7万5000人がフォローしています。これは大抵の草コインはもちろん、時価総額が100倍以上も高いZcashやBytecoinをも上回っています。それだけ多くのファンに愛され、支えられているということです。

ゲーム大会や慈善活動でさらなるファンを獲得

また、OK開発チームは自らのファンを増やすために、ゲームコンテストを開催しています。2018年には世界中でプレイされているMineCraftの大会を開催し、多くのゲーマーやYouTuber、eスポーツ選手などが参戦しました。成績優秀者にはOKの贈呈やOKのロゴをデザインする権利などが与えられました。ゲームの大会は今後も開催する予定であり、そのための公式サイトも解説されています。

ちなみに、上記の公式サイトでは読み込み中にパックマンのアニメーションが流れます。

OK開発チームはさらに、OKを基金とした募金活動を行っています。募金は以下のリンクから行えます。
URL:http://www.okcashforcause.org/donation/equal-rights-for-all-fighting-against-discrimination/

コンセンサスアルゴリズムの変更

OKはもともとコンセンサスアルゴリズムにPoWを採用していましたが、現在はPoSに乗り換えています。コンセンサスアルゴリズムとは「取引台帳への記録(ブロックチェーンの新しいブロックの生成)を誰に行わせ、報酬を与えるか」についてまとめたルールブックのようなものです。PoWは計算を最も早く解き終えた者に記録の権利を与えるのに対して、PoSは仮想通貨の保有量に応じて権利を割り振ります。

例えば、1000OKを保有している人は、100OKを保有している人と比べて、10倍の頻度で記録の権利と報酬を受け取れます。保有通貨量に比例して報酬が増えるという点では、銀行預金の利息の仕組みと似ています。OKの2018年現在のPoSによる利息は5%です。

11回の半減期と長期ステーキング

OKは半減期の仕組みを採用しています。半減期とは、上記の報酬が半減になるタイミイングのことです。OKのもともとの報酬は通貨保有量の10%でしたが、2018年3月の1回目の半減期到来に伴い、5%にまで減少しました。

半減期はすでに起きたものも含めて11回来る予定であり、最後の半減期は2044年に来るように調節されています。最後の半減期後は、報酬は固定されます。このような長期に渡って報酬が受け取れる仕組みを長期ステーキング(LTSS)といいます。OKは長期ステーキングの仕組みを初めて採用した仮想通貨です。

半減期と仮想通貨の価格

一般的に、半減期の到来は仮想通貨の価格(単価)を上昇させる効果があると言われています。半減期が来ると市場に仮想通貨が供給されるペースが鈍るからです。需要が一定のペースで増加し、その一方で供給のペースが鈍れば、必然的にその価格は上昇します。もちろん、需要が低下すれば価格は下がります。

筆者が考えるOKの今後の将来性

現時点では、それなりの可能性を秘めている仮想通貨だと考えています。機能的には正直そこまで優れているわけではないのですが、それは正直な所そこまで大した問題ではありません。ビットコインも現時点での機能は正直多くの後発コインに劣っていますが、それでも時価総額のトップを保っています。

コミュニティが強力というのは、初期段階の仮想通貨にとっては非常に強力です。開発チームとは別に自ら通貨の存在を周知し、実際に利用してくれる人がいれば、その価値はより高まりやすくなります。

OKが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外の複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを通じて買うといいでしょう。

OKが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • Bittrex
  • LiteBit
0 0

この記事の共有はここから