BNB(Binance Coin)の使い道と将来性について徹底検証

BNB(Binance Coin)の将来性を検証

BNB(バイナンスコイン)の概要

通貨名称 BNB
最大発行数 2億枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://www.binance.com/
ホワイトペーパー https://www.binance.com/resources/ico/Binance_WhitePaper_en.pdf

BNBの特徴や目指しているもの

BNB(BinanceCoin/バイナンスコイン)は、香港に拠点を置く仮想通貨取引所のBinanceが自ら発行している、イーサリアムベースのトークンの一種です。Binanceは世界有数の取引量を誇る超大手仮想通貨取引所であり、海外取引所でありながら日本語にも対応していることから、多くの日本人が利用しています。

BinanceCoinは主にBinanceでの取引手数料を安くするために作られたトークンであるため、Binanceの取引量が増えれば増えるほど価格が上昇するという特徴があります。

Binanceってどんな取引所?

BinanceはBINANCE社が運営する、香港に拠点を置く世界最大級の仮想通貨取引所です。設立は2017年7月と比較的最近ですが、快適な操作性、豊富な取扱通貨、多ヶ国語対応などが高く評価され、利用者数は急増。

2017年12月には24時間取引量で1位を獲得したことから、「世界一の仮想通貨取引所」と言われることもあります(実際には一瞬1位に立っただけですが、日本のどの仮想通貨取引所よりも安定して取引量が多いのは確かです)。

取扱通貨は2017年2月12日時点で110種類以上。日本で最も取扱通貨数が多いコインチェックが15種類であるのと比べると、その多さは一目瞭然です。ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)といった日本でも人気の主要な仮想通貨はもちろん、時価総額が低く草コインに分類されるようなものも多く、一攫千金を夢見るトレーダーからも根強い支持を集めています。

海外の仮想通貨取引所ではありますが日本語にも対応しており、手数料も0.1%と非常にリーズナブルであり、総じて欠点は少ないです。

BinanceCoinは主に取引手数料の削減に使うトークン

BinanceCoinは、Binanceが自ら発行しているトークンの一種です。仮想通貨取引所が自らトークンを発行するのは珍しいと思われるかもしれませんが、実は日本でもテックビューロ株式会社が運営するZaifがZaifトークンを発行しています。

Zaifトークンの現在の主な使い道は、テックビューロ社のICOプラットフォーム「COMSA」への参加ですが(将来使い道が増える可能性はあります)、BinanceCoinの主な使い道はBinance内での取引手数料の削減です。

通常、仮想通貨取引を行うときには取引手数料を支払います。取引手数料は仮想通貨取引所によって異なりますが、Binanceの場合は0.1%です。これは世界的に見てもかなり安い水準なのですが、BinanceCoinを使って支払うと50%引の0.05%になります。

もともと手数料が安いので大したメリットには見えないかもしれませんが、取引を頻繁に行う短期ホルダーにとっては非常にありがたいサービスです。

ただし、この割引率は永久に続くわけではなく、以下のように順次改定されていきます。

年数 割引率
1年目 50%
2年目 25%
3年目 12.5%
4年目 6.75%
5年目以降 0%

現在、1年目なので割引率は50%で、取引手数料は0.05%になりますが、2年目になると割引率は25%になり、取引手数料は0.075%になります。年が経つに連れて、BinanceCoinを利用したときの手数料割引率は徐々に下がっていき、5年目になるとBinanceCoinを使うメリットはなくなってしまいます。となると、5年後にはまるで価値の無いものになるようにも思えますが、もちろんそんなことはありません。他にも使い道があるからです。

BinanceCoinは上場通貨の投票にも使える

Binanceでは毎月1回、新規上場させる通貨を人気投票で決めるイベント「Community Coin of the Month」が開催されています。プロジェクトチームがBinance側に申請した通貨のみが投票の対象となりますが、取引所に上場する仮想通貨の種類を利用者側が決められるというのは日本の仮想通貨取引所では見られない独創的な取り組みです。

そして、このイベントに参加する際にも、BinanceCoinが必要となります。1回の投票にかかる手数料は0.1BNBです。2018年2月12日現在のレートは1BNB=960円なので、1回の投票にかかる費用は96円ということになります。

Binanceの開催しているICOにも使える

BinanceでもCOMSAと同様にICOを手がけており、それに参加する際にBNBで参加できます。比較的信頼性の高いICOに参加しやすいため、非常に便利です。

BinanceCoin は将来流通量が減る

BinanceCoinはすでに2億枚がすべて発行済ですが、四半期ごとに買い戻しが行われるため、次第に流通量は減っていきます。最終的な流通量は1億枚になる予定です。四半期ごとのBinanceの利益20%が買い戻しに割り当てられるため、Binanceが儲かれば儲かるほど買い戻しのスピードが速まり、流通量が急速に減少し、その結果価格が上昇するものと思われます。

BinanceCoinは分散型取引所の基軸通貨になる?

Binanceはそのホワイトペーパーで、分散型取引所の構築と、そこでBinanceCoinを主要通貨の一つとすることを目的にすると明言しています。

分散型取引所とは、簡単に言えば中央の管理者がいなくても成立する、ブロックチェーンを用いた仮想通貨取引所のことです。中央管理者がいないため、ハッキングのリスクも極めて低く、取引所に個人情報を送る必要も、取引所の倒産リスクもありません。

一方で現状は利用者が少ないゆえに取引の流動性が低く、法定通貨も使えず、運営のサポートも受けられない(そもそも運営がいないので)など欠点も少なくありませんが、その安全性の高さから将来普及するものと思われます。現時点でもすでにイーサデルタやオープンレンジャーと言った分散型取引所が存在し、ある程度は使われています。

もしそこでBinanceCoinが主要な通貨として使われるようになれば、その値上がりは容易に予想できます。

筆者が考えるBinanceCoinの今後の将来性

BinanceCoinの将来性は極めて高いものと思われます。仮想通貨取引所が発行しているという安心感に加えて、その使い道の多さが大きな魅力だからです。手数料の割引率がどんどん下がっていってしまうのはやや心配なポイントではありますが、流通量の減少がその不安を相殺してくれます。

ただし、BinanceCoinが成長し続けるためには、Binance自体の成長が必要不可欠です。Binance自体は利用者も取引量も優秀で将来有望な取引所で、成長する可能性は高いですが、それゆえにハッキングなどのリスクも高いです。万が一盗難が起こった場合は、他の仮想通貨よりも大幅に暴落する可能性が高いことも考えて置かなければならないでしょう。

BinanceCoinが日本に上場する可能性

もともとBinance発行の仮想通貨であるため、しばらくは上場はないでしょう。そもそもBinanceは日本語対応であるため、買いたいのならば上場を待つよりBinanceを使った方が早いです。

BinanceCoinが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
0 0

この記事の共有はここから