仮想通貨RNTとは?RNTの主な使い道と今後の将来性まとめ

RNTの主な使い道と将来性まとめ

RNTの概要

通貨名称 RNT (OneRoot Network)
最大発行数 4億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://www.oneroot.io/
ホワイトペーパー

RNTの特徴や目指しているもの

RNTは各種ソフトウェア、ハードウェア、あるいは人材などのリソースをデジタル化し、共有するためのプラットフォーム「OneRoot Network」上で使用されるトークンです。「Application-layer products and services」と「Underlying standardised protocols」、2つの機能をメインに展開します。最終的な目標は既存の経済システムをブロックチェーンに置き換えることによって、より安全で効率的な経済を確立することです。

リソースのデジタル化

OneRoot Networkの仕組みを理解するためにはまず、リソースのデジタル化という概念を把握しなければなりません。リソースとは大まかに言えば「資源」のことです。

例えば、企業は日々経済的利益を得るために様々な経済活動を行っていますが、その活動の源泉となっているのがリソースです。具体的には現金、債権、建物、土地、機械設備、ソフトウェア、ハードウェア、人材、時間などのことです。企業はこれらの限られたリソースをどう配分すれば自らの経済的利益を最大化できるかを考え、行動しています。

個人もやはり建物、土地、コンピュータ、現金、あるいは服や調理器具などのリソースを持っています。個人はこれらの限られたリソースをどう使えば自らの利益(精神的な満足度含む)を考えて行動しています。

そして、リソースのデジタル化とは、これらの資源を電子データにすることです。建物や人材が電子データになるわけ無いだろう、と思われるかもしれません。確かに、建物や人を直接電子データにすることはできませんが、それを使う権利をデジタル化することは可能です。

例えば、建物を利用する権利は日本では「不動産利用権」と呼ばれます。不動産利用権のやり取りには通常手間がかかりますが、これを電子データ化すればその手間の大半を省けます。これを様々なりソースに適用するのが「リソースのデジタル化」です。OneRoot NetWorkは、その作業をサポートするプラットフォームです。

OneRoot Network

OneRoot Networkのメイン機能は「Application-layer products and services」と「Underlying standardised protocols」です。

Application-layer products and servicesはリソースをデジタル化するアプリを作成するためのレイヤー・サービスです。アプリ開発者はここで有用なアプリケーションを開発し、その見返りを受け取ります。OneRoot Networkの根幹とも言える部分です。

一方、「Underlying standardised protocols」は、簡単に言えば分散型取引所です。分散型取引所とは、運営が存在しない取引所です。それに対して、現状多く見られる運営が存在する取引所は中央集権型取引所と呼ばれます。

分散型取引所の最大のメリットは、ハッキング耐性があることです。中央集権型取引所では暗号鍵を運営に預ける必要がありますが、分散型取引所には自分で管理できます。それゆえにハッキングは極めて困難です。特定の国の法律に依るものでもないため、政治的な理由で突然閉鎖されるリスクもありません。

情報量が少ない、全て自己責任になるというデメリットもありますが、それ以上にメリットが大きく、将来ユーザー数を増やすものと見られています。

すでにICOROOTプラットフォームというものが完成しておりローンチされています。(ICOROOTはウォレットアプリですが、取引もできます)。

筆者が考えるRNTの今後の将来性

現時点では、判断が難しいです。リソースのデジタル化というのは面白い発想ですが、とっつきづらい一面もあります。この当たりが市場でどう判断されるのか、現時点ではよくわかりません。

RNTが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

RNTが購入できる海外の取引所一覧

  • Bithumb
  • OKEx
  • TOKOK
0 0

この記事の共有はここから