仮想通貨MTLとは?特徴や今後の将来性についてわかりやすく解説

仮想通貨MTLの特徴や将来性を解説

MTL(メタル)の概要

通貨名称 MTL(Metal)
最大発行数 約6660万枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://www.metalpay.com/
ホワイトペーパー https://www.metalpay.com/assets/pdf/whitepaper.pdf

MTLの特徴や目指しているもの

MTL(メタル)は、Metalicus社が開発を進めている、日常的な支払に特化した支払いプラットフォーム「Metal」上で使われるトークンです。現行のサービスで言えばPaypalのような立ち位置を目指すもので、カード不要で電話番号、もしくはQRコード読み取りだけで瞬時に決済できるのが大きな特徴です。

また、クレジットカードを使ったときのように、MTLを使用したり、購入したりするたびに報酬が発生するのも特徴です。使えば使うほどお得な仕組みになっているため、自然と流動性が高まります。現時点では「栄養補助食品(サプリメント)」「大麻」「アダルト商品」「eスポーツ」への業界参入を大きな目標としています。

支払いプラットフォームとは?

支払いプラットフォームとは、簡単に言えば、事業者が様々な決済手段を受け入れるためのサポートをするサービスのことです。

中小の事業者にとって、多様な支払手段(クレジットカード、銀行振込、コンビニ決済等)をすべて受け付けるのは大変なことです。かといって、支払手段を限定してしまえば、そのぶん商機が縮んでしまいます。支払プラットフォームを使えば、多様な支払手段を受け入れられるようになり、そのぶん商機が拡大します。

しかし、これらのサービスを利用する際には、決して安くない手数料を支払わなければなりません。例えばPayPalの場合、国内決済・売上高30万円以下の場合、3.6%+40円/件の手数料がかかります。売上高が高くなれば高くなるほど手数料の割合は小さくなるため、売上高が少ない中小の事業者ほど相対的な負担は重くなります。Metalはこのような現状の問題点を解決するために作られた、より安価に、なおかつ簡単に使える支払プラットフォームです。

独自アルゴリズムのPoPPで高い流動性を実現

世の中の仮想通貨やプラットフォームは、コンセンサスアルゴリズム(認証システム)に支えられています。例えばビットコインはProof Of Work(PoW)、NEM(ネム)はProof Of Importance(PoI)というコンセンサスアルゴリズムに支えられています。Metalはこれらよりも遥かにマイナーな、Proof of Processed Payments (PoPP)という独自のコンセンサスアルゴリズムに支えられています。

Proof of Processed Payments を直訳すると「処理済み支払いによる証明」です。要するに支払いをすればするほど多くの証明に多く関わる事になり、その分たくさんの報酬がもらえる仕組みです。Metalのプラットフォーム上で支払いをすると、その支払額に応じた報酬が受け取れるわけです。公式サイトによれば、支払に対して最大で5%のMTLが獲得できる仕組みになっています。

仕組み自体はクレジットカードのポイントなどと変わりありませんが、最大5%というのはかなり魅力的な数字です。クレジットカードのポイントはどんなに高くてもせいぜい2%がいいところですからね。クレジットカードを使うよりもMetalの方がお得だということが広まっていけば、自然と利用者は増えていくことでしょう。

また、支払いをすればするほど多くのMTLが受け取れるという仕組みになっているため、資産の溜め込みが起こりづらいのも特徴です。資産の溜め込みが起こらないということは、見方を変えれば階層が固定化されないということでもあります。

また、PoPPでは、個人が保有するウォレットの情報を、電話番号、パスポート番号、写真などと結びつけます。つまり、1人が1つのウォレットしか持てないようにするわけです。この仕組みのもとでは個人が報酬を受け取るために複数のウォレットを持つことはできなくなるため、報酬目的で資産の移動を行うようなことはできず、ネットワークは安全に保たれます。

Metalが目指す4つの市場

Metalは前述の通り「栄養補助食品(サプリメント)」「大麻」「アダルト商品」「eスポーツ」という4つの市場をメインターゲットにしています。いずれの市場も現時点で特別大きいというわけではありませんが、潜在的なニーズは大きく、将来の躍進が期待できるものばかりです。

大麻市場で使われることに対して不安を抱かれる方も多いかと思いますが、大麻は必ずしも違法なものばかりではありません。アメリカの一部の州や大半の欧州諸国、オーストラリアなどではすでに合法化されています。

アメリカの合法大麻市場は2021年までに400億ドル(約4兆5000億円)規模に到達し、それが40万人以上の雇用を創出するというデータもあります。カナダでは多くの大麻企業が医療用製品を手がけ、欧州や中南米に輸出しています。輸入国でも医療用大麻合法化の動きが進められており、その年平均成長率は年60%にもなる見通しです。

他の支払いプラットフォームとの違いは?

日常的な支払に特化した支払プラットフォームに「TenX」や「Centre」があります。基本的な理念はMetalと同じようなものですが、Metalには明確な優位点があります。専用のカードの発行が不要なことです。

TenXやCentreは利用にあたって、専用カードの発行が必須になります。一方、Metalは電話番号やQRコードだけで利用できるため、非常に楽で便利です。楽さ、使いやすさというのは普及にあたって大きなポイントであり、その点でMetalは非常に優位な立場にあると言えます。

筆者が考えるMTLの今後の将来性

現時点では判断が難しく、なんとも言えません。日常的な支払という需要がある分野に特化したのはいいことかと思いますが、まだその市場にしっかりと食い込めるという確信が持てるほど開発が進んでいないのが現状です。

将来的にはMetalPayというアプリをリリースする予定とのことですが、まだこのアプリの全容も明らかになっていません。しばらくは様子見でもいいかと思います。

MTLが日本に上場する可能性

現時点では日本に上場される見通しはありません。早めに仕込みたいという場合は、バイナンスを始めとする海外の仮想通貨取引所の利用をおすすめします。

MTLが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Huobi
  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから