ICNの特徴や将来性、ICNが購入できるおすすめの取引所

ICNの今後の将来性

ICNの概要

通貨名称 ICN
最大発行数 1億枚
公開日 2016年8月
公式サイト https://www.iconomi.net/
ホワイトペーパー https://bravenewcoin.com/assets/Whitepapers/ICONOMI-Whitepaper.pdf

ICNの特徴や目指しているもの

ICNは、一言でいうと「仮想通貨の投資信託」を行うプラットフォーム「ICONOMI」上で流通するERC20準拠のトークンです。

ICNを持っているだけで報酬がもらえる

ICNでは、ファンドマネージャーが複数のデジタルアセットを組み合わせて投資してくれます。デジタルアセットとは、「デジタルで記憶された資産」のことです。音楽や映像などがデジタルアセットの代表格でしたが、仮想通貨もデジタルアセットに分類されるようになりました。

ICNの保有者には、資産運用の管理の際に発生した報酬がスマートコントラクトにより支払われるという嬉しい機能もあります。もらえる報酬はICNの保有量によって変化し、多く保有していればしているほど報酬も多くなります。投資に興味がない、不安だという人も保有しているだけで報酬がもらえるので、お金を銀行に預けておくよりはいいのではないでしょうか。

ポートフォリオを簡単に作成できるDAA(Digital Assets Array)

ICNでは、DAAを利用して簡単にポートフォリオを組むことができます。ポートフォリオとは、業界によって違った意味で使われる言葉ですが、この場合は、金融業界の用語で、「どんな株式をどのくらいの割合で買うか」という組みあわせ全体のことを指します。

DAAとは、「デジタルアセット群」という意味で、様々なデジタルアセットを組み合わせて構成された商品です。異なる複数の仮想通貨を別々に購入するのは億劫ですが、DAAであれば、お手軽に複数の仮想通貨を購入することが可能。まさにポートフォリオです。投資信託の商品をイメージしてもらってもいいでしょう。ICONOMIでは現在、24種類のDAAが販売されています。

ICNではDAAを購入するだけでなく、作成し、販売することも可能です。つまり誰でもファンドマネージャーになることができます。
通常の投資信託だと、法規制をクリアする必要があったり、一定の資金が必要であったりと、運用することは困難です。しかし、DAAは信用は仮想通貨によって担保されています。スマートコントラクトを利用すれば、配当をもらい損ねることもない為、将来性が期待されています。誰もがファンドマネージャーになれるのであれば、投資がもっと身近なものになるかもしれません。

筆者が考えるICNの今後の将来性

自身でポートフォリオの作成もできるDAAは、魅力的ですし、ニーズもあるでしょう。そしてすでにプロダクトがあるというのも大きな強みです。また、スマートコントラクトの導入により、従来の投資信託よりも透明性が高いので、通常の投資信託よりもDAAの方が信用できて安全といえそうです。

商品としては魅力的ですが、DAAがどこまで世の中に浸透するかが、今後の鍵になりそうです。似たようなトークンが発行される可能性も高いでしょう。
デジタルアセットに対する法整備もまだまだ追いついていません。DAAに対して否定的な法律や規制が発行されれば、伸び悩む可能性は高いです。

ICNが日本に上場する可能性

バイナンスをはじめ多くの取引所に上場しているICNですが、国内取引所に上場する予定はありません。

ICNが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから