ICNの特徴や将来性、ICNが購入できるおすすめの取引所

ICNの今後の将来性

ICNの概要

通貨名称 ICN(Iconomi)
最大発行数 1億枚
公開日 2016年8月25日
公式サイト https://www.iconomi.net/
ホワイトペーパー https://bravenewcoin.com/assets/Whitepapers/ICONOMI-Whitepaper.pdf

ICNの特徴や目指しているもの

ICN(Iconomi/イコノミ)は、一言でいうと「仮想通貨の投資信託」を行うプラットフォームです。ICONOMIというプロジェクトの仮想通貨になります。

投資信託とは、投資家からお金を集めて運用の専門家(ファンドマネージャー)が株式や債券などに投資・運用する商品のことです。複数の株式、債券などをファンドマネージャーが組み合わせて投資してくれるので、投資について詳しい知識をもたない初心者でも安心して投資できるという点が投資信託の魅力です。

ICNでは、ファンドマネージャーが複数のデジタルアセットを組み合わせて投資してくれます。デジタルアセットとは、「デジタルで記憶された資産」のことです。音楽や映像などがデジタルアセットの代表格でしたが、仮想通貨もデジタルアセットに分類されるようになりました。

ICNを持っているだけで報酬がもらえる

ICNの保有者には、資産運用の管理の際に発生した報酬がスマートコントラクトにより支払われるという嬉しい機能もあります。もらえる報酬はICNの保有量によって変化し、多く保有していればしているほど報酬も多くなります。投資に興味がない、不安だという人も保有しているだけで報酬がもらえるので、お金を銀行に預けておくよりはいいのではないでしょうか。

DAA(Digital Assets Array)

ICNでは、DAAを利用して簡単にポートフォリオを組むことができます。ポートフォリオとは、業界によって違った意味で使われる言葉ですが、この場合は、金融業界の用語で、「どんな株式をどのくらいの割合で買うか」という組みあわせ全体のことを指します。

DAAとは、「デジタルアセット群」という意味で、様々なデジタルアセットを組み合わせて構成された商品です。異なる複数の仮想通貨を別々に購入するのは億劫ですが、DAAであれば、お手軽に複数の仮想通貨を購入することが可能。まさにポートフォリオです。投資信託の商品をイメージしてもらってもいいでしょう。

ICONOMIでは現在、24種類のDAAが販売されています。
たとえば、「Blockchain Index」という時価総額の高い仮想通貨を組み合わせた商品や
「Crush Crypto Core」と呼ばれる商品があります。投資信託と同じように、今後もDAAは増えていくと予想されます。

ICONOMIはデジタルアセットを4つの世代にわけています。第1世代はビットコイン、第2世代をアルトコイン、第3世代をアプリケーショントークン、第4世代をDAAとしています。もしかしたら将来は、投資信託よりもDAAの方が一般的になるかもしれません。

ICNではDAAを購入するだけでなく、作成し、販売することも可能です。つまり誰でもファンドマネージャーになることができます。
通常の投資信託だと、法規制をクリアする必要があったり、一定の資金が必要であったりと、運用することは困難です。しかし、DAAは信用は仮想通貨によって担保されています。スマートコントラクトを利用すれば、配当をもらい損ねることもない為、将来性が期待されています。誰もがファンドマネージャーになれるのであれば、投資がもっと身近なものになるかもしれません。

ICNはERC20トークン

ICNは、ERC20トークンの一種です。
ERC20とは、「Ethereum Request for Comments : Token Standard #20」の略で、イーサリアムをベースに発行できるトークンの共通のルールだと思ってください。ERC20トークン同士であれば同じウォレットを利用できるなどのメリットがあります。

ERC20トークン同士であれば互換性があるため、トークンを審査する取引所も審査がしやすいというメリットがあります。そのため、各取引所への上場がしやすいのもERC20トークンのメリットです。

またICOは行う際にも、投資家はERC20対応のウォレットがあれば簡単に購入することができるので、投資家がICOに参加しやすい点も強みです。ERC20対応のウォレットとしては、「MyEtherWallet」が有名です。

筆者が考えるICNの今後の将来性

仮想通貨の投資信託はありそうで、ありませんでした。自身でポートフォリオの作成もできるDAAは、魅力的ですし、ニーズもあるでしょう。そしてすでにプロダクトがあるというのも大きな強みです。

従来の投資信託よりも、スマートコントラクトにより、透明性が高いのである意味、通常の投資信託よりもDAAの方が信用できて安全といえそうです。

商品としては魅力的ですが、DAAがどこまで世の中に浸透するかが、今後の鍵になりそうです。似たようなトークンが発行される可能性も高いでしょう。
デジタルアセットに対する法整備もまだまだ追いついていません。DAAに対して否定的な法律や規制がかかると、伸び悩む可能性は高いです。

大きなスポンサーやアドバイザーを迎えることができれば良いですが、そうなるまでは楽観的に考えない方がいいでしょう。2018年3月現在、チームメンバーが4人と少ない点もちょっと気になります。公式サイトにはアドバイザー陣も記載されていません。

2017年7月22日に561円(0.0018BTC)をマークし、一旦下がりますが、2018年1月9日に590円(0.0003BTC)と一気に上昇。ビットコインの価格が下がったので、ビットコイン立てでみると上がっていないように見えますが、その後は下降し、2018年3月31日現在は、80円(0.00010BTC)をキープしています。しばらくは様子をみた方がいいでしょう。

ICNが日本に上場する可能性

バイナンスをはじめ多くの取引所に上場しているICNですが、日本の取引所には、まだ上場していません。現在、仮想通貨全体では288位につけていますが、上位に魅力的な通貨が多いので、しばらくは日本の取引所には上場しないのではないでしょうか。
当分は海外の取引所で購入してください。

ICNが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • EtherDelta
  • HitBTC
  • Livecoin
  • Yobit
0 0

この記事の共有はここから