HDACの今後の将来性とHDACが購入できるおすすめの取引所

HDAC

HDACの概要

通貨名称 HDAC
最大発行数 約28億枚
公開日 2018年8月
公式サイト https://www.hdactech.com/
ホワイトペーパー

HDACの特徴や目指しているもの

HDACは、韓国の財閥の1つである現代(ヒュンダイ)グループが発行する仮想通貨です。セキュリティを重視したIoTプラットフォーム「Hdac」を提供しており、トランザクションに革命を起こすものとして注目されています。
韓国の10代財閥の1つであるヒュンダイは、スマートフォン「ギャラクシー」などで知られるサムスンに次ぐ巨大財閥であり、韓国最大の自動車メーカーである現代自動車を中心に、韓国の重工業の重要な部分を占めています。

Hdacが目指すもの

Hdacは、ブロックチェーン技術を医療、教育などの技術開発に応用する「ブロックチェーン3.0」の代表格になることを目指して、安全性を高めるための技術を導入しています。

ブロックチェーン2.0との後方互換にも留意している

HdacはHyundai Digital Assetと呼ばれるプラットフォームを持っており、安全性を高めるために、ブロックチェーン2.0の技術をつなぎ合わせる新しい方式によって高い安全性を確保しています。その技術はイジス(Aegis)と呼ばれており、韓国内では特許を取得しています。

筆者が考えるHDACの今後の将来性

現時点では、それなりに期待しています。ヒュンダイの後ろ盾がある、というのはやはり大きいです。

HDACが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

HDACが購入できる海外の取引所一覧

  • Bitthumb
  • CoinBene
0 0

この記事の共有はここから