DCRの特徴や将来性、DCRが購入できるおすすめの取引所

DCRの特徴や将来性と、おすすめ取引所

DCRの概要

通貨名称 DCR
最大発行数 2100万枚
公開日 2016年2月
公式サイト https://www.decred.org/
ホワイトペーパー

DCRの特徴や目指しているもの

DCRは、「革新的で自律的なデジタル通貨」を自称する、コンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)を組み合わた独自のシステムを採用している仮想通貨です。

投票によって重大な運営方針を決める仕組みにより、保有者の意見を開発に適切に反映させることによって、公平性を保ちます。

PoWとPoSはどう違うのか

PoWは、ある時点で提示された計算を最も早く解き終えたマイナーが記帳する権利、および報酬を受け取る権利を得られるコンセンサスアルゴリズムです。

この仕組みのもとでは、計算能力の高いコンピュータがなければマイニングに参加できません。これが悪意のあるマイナーを弾く仕組みになっています。仮に悪意のあるユーザーが計算能力の高いコンピュータを手に入れた場合は、それを使って不正を行うよりも、正当なマイニングに協力したほうが効率的に稼げるため、やはり不正は起きません。

一方で、PoWは競争であるため、計算能力が高いコンピュータの保有者しかマイナーになれず、それがマイニングの寡占化につながるというデメリットもあります(貧弱なコンピュータしか用意できない人はマイニング競争から抜けるか、大きなマイニンググループに所属しようとするはずです)。また、電力消費も多くなります。

PoSはコインを保有している量と保有期間を掛けた「CoinAge」が高い人ほど、優先的に記帳する(PoSでは鋳造といいます)する権利、および報酬を受け取る権利を得られるコンセンサスアルゴリズムです。

PoSでは高性能なコンピュータを持っていなくてもマイニング(PoSでは鋳造といいます)に参加できるため、PoWと比べるとマイニングの寡占化は起こりづらいです。また、競争ではないので、消費電力を抑えることもできます。

一方で、コインの保有量が多く、保有期間が長いほど多くの報酬が受け取れるため、多くの人がコインを保有し続けようとして、その結果流動性が下がるリスクがあります。

PoWとPoSはどちらも一長一短の仕組みであり、DCRはその両方を導入することによって、互いの長所を最大限に活かしつつ、短所の解消を目指しています。

投票機能

DCRの大きな特徴として、投票機能が挙げられます。コイン保有者は、今後のアップデートや開発方針を決めるときに、投票で自分の意志を示せます。開発陣の一存ではなく、ユーザーの意見も取り入れて通貨を良くしていこうという意思が見られます。

アトミックスワップ機能

また、取引所を介さずに、異なる仮想通貨を直接交換するシステム(アトミックスワップ)を搭載しているのも特徴の一つです。仮想通貨取引所を利用しないため、取引所に預けるリスクも、仮想通貨取引所に支払う手数料もなくなります。

今後搭載される諸機能

さらに今後、スマートコントラクトやライトニングネットワークなど、他の仮想通貨で導入されているさまざまな機能の搭載が予定されています。

筆者が考えるDCRの今後の将来性

現時点ではまずまず将来性があると考えています。PoWとPoSの併用や投票機能による民主的な開発、多数の機能の搭載など、ビットコインやライトコインなどの主要通貨には見られない、有用な特徴が多いからです。

ただ、投票機能というのは諸刃の刃になる可能性もあります。投票の結果出された結論が正しいという保証はどこにもありません。投票を行うのは技術には詳しくない仮想通貨の保有者であり、むしろ正しくない判断をしてしまう可能性が高いです。投資をする場合は、この辺の折り合いをどのようにつけるのかに注目しましょう。

DCRが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場されていますので、そちらを利用するといいでしょう。

DCRが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから