NYAN(ニャンコイン)は可愛いだけ?NYANの今後の将来性を徹底調査

NYAN(ニャンコイン)の将来性を徹底調査

NYANの概要

通貨名称 NYAN(Nyancoin)
最大発行数 3億3700万枚
公開日 2014年1月
公式サイト https://www.nyancoin.info/
ホワイトペーパー

NYANの特徴や目指しているもの

NYAN(Nyancoin/ニャンコイン)は、Nyan catのクリエイターと提携して作られたジョーク系仮想通貨です。ライトコインをベースにした仮想通貨であり、ライトコインと比べてさらに高速な取引が可能です。

現状、コア開発者が存在しておらず、開発は十分に進められていませんが、このようなジョーク系の仮想通貨は将来吹き上がる可能性があるため(モナコインやドージコインなどの先例があります)、一応情報は抑えておいたほうがいいでしょう。

Nyan catとは

Nyan catは、2011年にYoutubeにアップロードされた動画、及びその動画内に投稿するキャラクターの名称です。動画の総再生回数は約1億6000万回、2011年には「世界で5番目に再生回数が多かった動画」として、Youtube公式から表彰されています。

動画の内容は、体がポップタルト(ケロッグ社より販売されているお菓子)でできている黒猫が、軽快な音楽(日本の音楽家daniwellPが作曲した「Nyanyanyanyanyanyanya!」)に合わせて尻から虹を噴出しながら空を飛ぶというものです。なぜこのような動画が爆発的に流行ったのかは謎ですが、ともかくこの動画でNyan catの知名度は一躍アップしました。

2012年2月にはdaniwellPがアルバムNyan catをリリースしています。

NYANのように特定のキャラクターをモチーフにした仮想通貨は多数存在します。代表的なところで言えば、モナコインやドージコイン、ぺぺキャッシュなどが該当します。

モナコインは2ちゃんねる(現5ch)で有名なアスキーアートの「モナー」をモチーフにした日本産仮想通貨で、多くの国内取引所で扱われています。ドージコインは実在する柴犬「かぼすちゃん」をモチーフにしたもので、新興仮想通貨取引所では基軸通貨として扱われることが多いです。一見ジョークに見えるようなコインが、実は独自の地位を獲得しているのです。

NYAN半減期は約1年サイクル

NYANには半減期が設定されています。半減期とは、マイニングで得られる報酬が半分になるタイミングのことです。例えばビットコインの場合、もともとのマイニング報酬は50BTCでしたが、1回目の半減期(2012年11月28日)で25BTCに、2回目の半減期(2016年7月8日)で12.5BTCになりました。

NYANの場合、もともとは33万7000ブロックごとに半減期が訪れる設計になっていましたが、わずか数週間後には50万ブロックごとに訂正されました。NYANのブロック生成感覚は1分なので、半減期は50万分≒347日ごとに訪れることになります。大雑把に1年弱覚えておけばだいたい問題ないでしょう。直近の半減期が2017年12月22日だったので、次の半減期は2018年12月の上旬頃になると予定されています。

半減期は基本的に、仮想通貨の価格上昇をもたらすと考えられています。半減期が来ると、仮想通貨が市場に供給されるペースが鈍るからです。実際、過去のビットコインの2回の半減期では、いずれも価格は上昇しています。

ただし、半減期が来るとマイニングによって得られる収益が少なくなるため、マイナーが減少する可能性もあります。そうなった場合、マイニングの寡占化が進み、分散度合いが低下し、仮想通貨の信頼が下がって価格も下がる可能性があります。

筆者が考えるNYANの今後の将来性

現時点では、将来性はほぼないと考えています。ジョーク系コインは思わぬ吹き上がり方をすることがありますが、NYANにはそのような予兆は見られません。性能的に特別優れているわけでもなく(悪いわけでもありませんが)、このままでは数ある草コインの中に埋もれていってしまう可能性が高いと見ています。

NYANが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になるという方はそちらを利用するといいでしょう。

NYANが購入できる海外の取引所一覧

  • cryptopia
  • Trade Satoshi
0 0

この記事の共有はここから