匿名通貨BCNとは?BCNの特徴や今後の将来性を解説

BCNの今後の将来性

BCN(バイトコイン)の概要

通貨名称 BCN
最大発行数 1844億7000万枚
公開日 2012年7月
公式サイト https://bytecoin.org/
ホワイトペーパー https://bytecoin.org/documentation

BCNの特徴や目指しているもの

BCN(Bytecoin)は、匿名性に重点を置いた仮想通貨(匿名通貨)です。仮想通貨の中ではかなりの古株で、同じ匿名通貨であるDASHやMonero,Zcashなどよりも先に誕生しています。

これらの後発組の匿名通貨に比べるといまいち目立たず、コインチェックでも扱われていなかったBCNですが、実は時価総額ランキングでは20位前後に位置しているなど、ポテンシャルでは負けていません。匿名性も確保されており、最近は取り扱う取引所も増えてきている半面、匿名通貨ならではのリスクも有ることについては留意が必要です。

ビットコインは匿名ではない!?

匿名通貨とは匿名性の高い仮想通貨です。わざわざ匿名通貨と言わずとも、仮想通貨はどれも匿名性が高いというイメージをお持ちの方も少なくないかと思いますが、実際にはそうとは言えません。匿名通貨についてもっと知りたい方は別記事「匿名通貨とは?」で詳しく解説しています。

むしろビットコインやライトコインなどの主要な仮想通貨の匿名性は、法定通貨よりも低いとすら言えるかもしれません。

ビットコインを筆頭とする多くの仮想通貨は、その取引記録をブロックチェーン内のブロックに記録しています。個々の取引記録はすべてウェブ上で公開され、取引に関係ない第三者でも簡単に閲覧できます。法定通貨で行った取引が通常第三者に公表されないのと比べると、遥かにオープンな取引であると言えます。

ビットコインの取引に使うアドレスは個人情報とは紐付けられていないため、通常は匿名性は保たれます。しかし、仮にアドレスと個人情報が何らかの事情で紐付けられてしまった場合、それまで行ってきたすべての取引と個人情報が紐付けられてしまいます。別に気にしないという方もいるのでしょうが、おそらくなんとなく気持ち悪いと感じる方も少なくないでしょう。

一方、匿名通貨は取引の内容(アドレス、金額、取引相手など)の一部、もしくは全部を意図的に第三者から隠すことによって、匿名性を向上させています。例えば、匿名通貨の中では時価総額が最も高いDASHは、ダークセンドという技術で匿名性を確保させています。

ダークセンドは複数人が支払った仮想通貨をプールし、よくかき混ぜてどのDASHが誰の支払ったものなのかをわからなくしてから送金する技術です。これにより、誰が誰にお金を払ったかを第三者から隠すことができます。ただし、誰がいくら払ったか、誰がいくら受け取ったかは公開されます。

一方、匿名通貨の中でも特に高い匿名性を持つZcashでは、ゼロ知識証明によって匿名性を確保しています。詳しい説明は避けますが(気になる方はZcashの記事をご覧ください)、Zcashではアドレスや支払った・受け取った金額まで隠せます。

一方、今回の主題であるBCNは、CryptoNoteという技術によって匿名性を確保しています。

CryptoNoteの仕組みと匿名性

CryptoNoteはワンタイムリング署名という技術によって成り立っています。リング署名とは、複数人がそれぞれ持つ鍵を1つの鍵束とし、その鍵束の中から鍵を選んで署名する技術です。2001年に安全に内部告発を行うための道具として開発されましたが、最近は匿名通貨に取り入れられることが多いようです。後発通貨のMoneroもこの技術を採用しています。

CryptoNoteはリング署名にワンタイムパスワードを加えたリング署名を採用することにより、誰が・いくら送金したかを隠しています。鍵は複数の鍵束に所属するため、取引記録の傾向を外部から知ることは極めて困難です。

BCNは簡単にマイニングできる

BCNは時価総額が高い割には比較的簡単にマイニングできます。ビットコインを始めとする主要な仮想通貨は、マイニングにあたってASICという高価な専用機器が事実上必須になりがちですが、BCNは家庭用のパソコンでも問題なくマイニングできます。もちろん、稼げる金額はたかが知れていますが、それでもマイニング報酬が得られるのは嬉しいことですし、なにより高度な分散化が達成できるためネットワークが安全に保たれます。

BCNのブロック生成時間は2分

BCNのブロック生成時間は2分と、ビットコインの10分と比べると非常に短く、他の匿名通貨にも引けを取りません(DASHの数秒にはかないませんが)……。ブロック生成時間が短ければそれだけ送金時間も短くなるので、ユーザーにとっては嬉しい特徴であると言えるでしょう。

筆者が考えるBCNの今後の将来性

現状では厳しいと考えています。と言っても、BCN自体になにか問題があるわけではありません。匿名性は十分確保されていますし、その他の性能も十分優秀です。問題はこの通貨が匿名通貨であるということです。

匿名通貨はユーザーにとっては素晴らしいものですが、国家にとっては厄介なものです。マネーロンダリングや違法薬物の売買など、国家にとって望ましくない取引に使われる可能性が高いからです。

ビットコインなどと比べると極めて追跡可能性が低い匿名通貨は、おそらく他の仮想通貨よりも強力に規制される可能性が高いでしょう。実際、コインチェックはDASH、Monero、Zcashの取扱の廃止を決定していますし、今後はこの流れが世界中で発生するリスクがあります。バイトコインに投資をする場合でも、このリスクについてはしっかりと把握しておいたほうが良いでしょう。

BCNが日本に上場する可能性

現状、日本に上場される兆候は見られません。すでに海外の複数の仮想通貨取引所で売買されていますので、そちらを利用することをおすすめします。

BCNが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • HitBTC
0 0

この記事の共有はここから