Metaverse ETPの特徴や将来性、Metaverse ETPが購入できるおすすめの取引所

仮想通貨Metaverse ETPの特徴・将来性・取引所

ETPの概要

通貨名称 ETP
最大発行数 1億
公開日 2017年7月
公式サイト https://mvs.org/
ホワイトペーパー http://newmetaverse.org/white-paper/Metaverse-whitepaper-v3.0-EN.pdf

ETPの特徴や目指しているもの

ETPは、現物資産をデジタル化するプラットフォーム「Metaverse ETP」上で使用される仮想通貨です。世の中に存在するさまざまな現物資産をデジタル化することによって、資産移転にかかる手間・手数料を大幅に削減することを目的としています。

資産は現物資産と金融資産に分けられる

世の中に存在する「資産」は大きく、その物自体に何らかの価値がある「現物資産」と株式や債券、投資信託、現金など、そのもの自体に価値がなく、特定の機関(政府や企業など)によって価値が補償されている「金融資産」に分けられます。

現物資産のメリットとデメリット

現物資産は「安全度が高い反面、流動性が低く分散化しづらい」という特徴があり、金融資産は「安全度が低いが流動性が高く分散化しやすい」という特徴があります。ETPの役割は現物資産の流動性と分散化のしやすさを金融資産なみにすることです。

ETPの機能

ETPは、現物資産をデジタル化するためのプラットフォームです。「現物資産のデジタル化」とは、要するに現物資産について回る所有権などの情報をデジタルトークンにまとめることです。

デジタルトークンは電子データですので、資産を簡単に送ったり受け取ったりできます。現物資産の権利関係の処理も自動化・簡略化されるため、今までよりもずっと簡単に現物資産を売買できるようになります。取引手数料も安く、仲介業者も不要になります。

ETPで新たな仮想通貨を生み出すことも可能

ETPは現物資産のデジタル化だけでなく、新たな仮想通貨の発行プラットフォームとしても稼働します。個人や企業はMetaverse ETP上で簡単に仮想通貨を発行できます。

筆者が考えるETPの今後の将来性

現時点では、ある程度は期待してもいいかと思います。現物資産のデジタル化には結構な需要があります。多くの現物資産を持つ資産家がMetaverse ETPを使うようになれば、ETPの価格も上昇することでしょう。

ただし、このようなプラットフォームはすでに複数存在しています。現物資産のデジタル化の需要が更に高まっても、ETPが使われる保証はどこにもありません。そのことについては注意が必要です。

ETPが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

ETPが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから