TGCへの投資は危険?TGCの開発状況と今後の将来性を徹底調査!

TGCへの投資は危険?TGCの開発状況・将来性を徹底調査

TGCの概要

通貨名称 TGC(Tigercoin)
最大発行数 約4353万枚
公開日 2013年9月
公式サイト https://tigercoin.wordpress.com/
ホワイトペーパー

TGCの特徴や目指しているもの

TGC(Tigercoin/タイガーコイン)は、マイニングの簡便さと使いやすさを両立した仮想通貨です。ビットコインのソースコードを元にした仮想通貨であり、時々ブロック報酬が大幅に増えるという特徴があります。開発者は公開されておらず、Twitterの更新は4年以上途絶えており、現在も開発が続いている可能性は低いですが、価格は乱高下しています。

TGCのブロック生成時間は45秒

仮想通貨の大半は、その取引をブロックチェーンと呼ばれる台帳で取引を管理しています。これはブロックと呼ばれる電子的な箱(ブロック)に個別の取引を格納し、それを電子的な鎖(チェーン)でつないだものです。ブロックの生成は世界中に散らばったマイナーと呼ばれる人達が行っています。

ブロックチェーンには誕生から現在に至るまで、すべての取引が格納されています。その仕組み上改ざんが極めて難しく、取引の健全性を保ちやすいのが特徴です。

ブロックが生成される間隔(時間)は、仮想通貨ごとに異なります。この間隔が短いほど送金速度が早くなりやすい半面、安全性に問題が発生しやすくなるという欠点があります。送金速度と安全性はトレードオフの関係にあり、設計思想によってどちらを重視するかが異なっています。

ビットコインのブロック生成間隔は10分です。仮想通貨の中では遅く、安全性を重視していることがわかります。一方、TGCのブロック生成間隔は45秒であり、かなり送金速度を重視していることがわかります。どちらをより良いものと捉えるかは、アナタ次第です。

スーパーブロックによる報酬の増加

TGCにはスーパーブロックという制度があります。これは簡単にいえば、特別なブロックのマイニングに成功すると、通常時よりも多くの報酬がもらえるという仕組みです。特別なブロックには「1時間に1回現れるブロック」と「1日に1回現れるブロック」の2種類があります。

通常のマイニングに成功した場合、受け取れる報酬は128TGCです。一方、「1時間に1回現れるブロック」のマイニングに成功した場合、受け取れる報酬は512TGCです。「1日に1回現れるブロック」の場合、受け取れる報酬は1920TGCです。

筆者が考えるTGCの今後の将来性

現時点では、将来性はほぼないと考えています。前述の通り開発者は不明ですし、Twitterの更新も長年に渡り止まっているため、開発はほぼ終了しているのではないかと疑わざるを得ないからです。性能的にも特別優れた部分はなく、今のままではやがて多数ある草コインの中に埋もれていってしまう可能性が高いでしょう。

TGCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外の取引所に上場されていますので、

TGCが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
0 0

この記事の共有はここから