SDRNの特徴や将来性、今後の予定について詳しく解説

SDRNの仕組み・将来性を解説

SDRN(センダロン)の概要

通貨名称 SDRN
最大発行数 5000万枚
公開日 2017年9月
公式サイト https://www.senderon.org/
ホワイトペーパー

SDRNの特徴や目指しているもの

SDRNは、仮想通貨業界でのプロジェクトをサポートするためのプラットフォーム「Senderon」上で使用されるイーサリアムベースのトークンです。

Senderonはできる限り多くの仮想通貨プロジェクトと関わる「ハブ」的な存在になることを目標としており、仮想通貨業界の成長に沿った価格上昇が期待できます。

Senderonの仕組み

Senderonは、様々な仮想通貨のプロジェクトを円滑にするためのプラットフォームです。各プロジェクトチームはSenderonのコミュニティに参加し、Senderonのノウハウを活用しながら開発資金を集めます。集めた資金をもとに、Senderonの開発ツールや周知支援なども活用しながらプロジェクトを進めていきます。

プロジェクトチームは収益の一部をSenderonに還元したり、プロジェクトの支払手段としてSDRNを採用したりすることによって、Senderonへの対価を支払います。

Senderonの運営は、定期的にコミュニティに対して投票やフォーラム、ミーティングなどを通じて意見を集め、プラットフォームをより使いやすく、収益性の高いものにします。また、仮想通貨取引所に対してプロジェクトの周知を行うなどのマーケティングも行います。

SenderonのICOチェックサービス

Senderonは、投資家を詐欺から守るため、ICOのチェックサービスを提供しています。

ICOはIPOと比べて実施のハードルが低く、成功時には大きな利回りを得やすい半面、詐欺的な案件も少なくありません。そのせいで優良な案件まで過剰に警戒されてしまうなど、二次被害も発生しています。SenderonはICOの事前審査を行うことにより、利用者・投資家を保護します。

こうした審査はICOを実施する側にもメリットがあります。審査で良い結果が得られれば、それは大概的なアピールになります。詐欺的な案件は排除され、優良な案件が増加することが期待されます。

非中央集権プラットフォームの開発

Sendeeronは仮想通貨プロジェクトのハブになるために、信頼性の高い非中央集権プラットフォームの開発を行っています。プロジェクト調達のための資金調達はICOやクラウドファウンディング以外の方法で行う予定です。プラットフォームは2018年の1月から6~9ヶ月掛けて開発される見通しです。

筆者が考えるSDRNの今後の将来性

現時点ではなかなか将来有望であると言えそうです。ただ、Senderonは仮想通貨プロジェクトに大きく依存するプラットフォームでもあるため、仮想通貨市場が縮小している現在、短期的な上昇はあまり期待できません。中期以上の保有を前提としたほうがいいでしょう。

SDRNが日本に上場する可能性

時価総額の極めて低い草コインであることを考えると、日本の仮想通貨取引所に今後上場する可能性はほとんどないと言えるでしょう。すでにCryptopiaに上場しているので、気になる方はそちらを利用しましょう。

SDRNが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから