AIONの特徴、今後の将来性まとめとAIONが購入できるおすすめ取引所

アイオンの今後の将来性

AION(アイオン)の概要

通貨名称 AION
最大発行数 465,934,587 AION
公開日 2017年9月25日
公式サイト https://aion.network/
ホワイトペーパー https://aion.network/downloads/aion.network_technical-introduction_en.pdf

AIONの特徴や目指しているもの

AION(アイオン)を一言でいうと、「異なるブロックチェーンを相互に連結させることで、ブロックチェーンが抱えていた課題を克服したブロックチェーンシステム」です。「第三世代のブロックチェーン」を目指すAIONの特徴について、順に説明していきます。

スケーラビリティ問題を解決

通常のブロックチェーンは、ブロックのサイズが決まっていて、大量のデータを格納するには不向きです。そのため、送金の処理スピートが遅くなるなどの問題が生じます。これを「スケーラビリティ問題」とよび、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)の課題となっています。

AIONは、サイドチェーンと呼ばれる技術を利用することで、複数のブロックチェーンを繋げることを可能にします。これによりスケーラビリティの問題を解決され、送金詰まりやパフォーマンスの向上が期待できる、というのが大きな特徴です。
スケーラビリティ問題については「Segwitとは?」の記事内で詳しく解説しています。

プライバシー問題を解決

ブロクチェーンの抱える問題として、プライバシーの問題があります。ブロックチェーン は情報を複数の台帳に分散して情報を記録します。当然、個人情報をそのまま記載しているわけではありませんが、匿名性は完璧とは言えません。

AIONはこのプライバシーの問題を解決します。AIONは、ことなるブロックチェーン同士をつなげることができると説明しましたが、このブロックチェーン同士のつながりを「エイオンネットワーク」と呼びます。

エイオンネットワークは、Aion-1というソフトウェアを実行するプラットフォーム技術が中心につくられています。Aion-1の技術を利用することで、エイオンネットワークにつながっているブロクチェーンは、ユーザー自身でガバナンス(統治)、参加、発行をカスタマイズすることが可能。これによりプライバシーが守られるというわけです。

相互運用性の解決

「相互運用性」って聞くと少し難しそうですね。噛み砕いて説明しましょう。相互運用性とは、異なるプログラムやシステム同士でデータや情報のやりとりができる特性のことです。

たとえば、昔は違うメーカーのパソコンだと互換性が悪く、データの送受信ができない、という問題がありました。マックとウィンドウズでも、エクセルやワードの文字化けが起こったりしますよね?これでは困ってしまいます。

個人的な情報のやりとりなら大きな問題にはなりませんが、銀行で使っているパソコンとお客さんが使っているパソコンのメーカーが違うので入金ができません、となったら大問題です。ブロックチェーンでも、異なるブロックチェーンでデータのやりとりができないと不便です。これを解決したのがAIONです。つまり、異なるブロックチェーン同士でもデータのやりとりを可能にするというのがAIONのメリットです。

信頼できる組織

AIONは、カナダのブロックチェーン企業、Nucoという会社が手がけるプロジェクトです。Nucoは、EEAの立ち上げメンバーでもあります。EEAとは「Enterprise Ethereum Alliance」の略で、イーサリアムの技術を使ってビジネスを盛りげよう、という組織です。

メンバーにはJPモルガン、トヨタ、サムスン、マイクロソフト、KDDIなど世界を代表する企業が参加しています。NucoがEEAのメンバーということで、世界的企業に対して、アイオンをアピールすることができます。これは大きなアドバンテージです。
Nucoがしっかりした会社なので、技術面の不安や企画がとんざする、という可能性は少ないと言えます。

筆者が考えるAIONの今後の将来性

筆者はAIONの今後は、決して悪くはないと思います。
まず、親会社がNucoであり、技術力、会社の信頼性においては問題ない、という点。
そして目指している技術が、ブロックチェーンの抱えている課題の解決であり、需要は十分に見込める、という点です。

AIONは複数のブロックチェーンをつなげることのできるコインです。そのため、他のコインと競合するというよりも、パートナーとして連携していくことの方が多いでしょう。多くのブロックチェーンが抱える問題を解決することができるので、AIONの目指している目的が実現すれば、将来性のあるコインだと期待できます。

しかし、競合にはICONの存在があります。ICONは韓国版イーサリアムといわれ、異なるブロックチェーン を相互につなげることができ、スケーラビリティ問題を解決できる暗号通貨です。2018年3月現在、ICONは時価総額30位あたりにいて、アイオンは150位あたり。大きく水を開けられています。オリジナルティのある付加価値が付けられれば、追いつける可能性もあるので、今後に注目していきたいところです。

AIONが日本に上場する可能性

いまのところ、日本の取引所に上場する気配はありません。時価総額150位くらいだと、現状が続くようですと、日本の取引所で購入できるようになるのは正直むずかしいでしょう。それよりも注目されている暗号通貨があるので、AIONは当面は海外の取引所で購入してください。

AIONが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Kucoin
  • Liqui
0 0

この記事の共有はここから