MTHの特徴や将来性、MTHが購入できるおすすめの取引所

MTHの今後の将来性

MTH(Monetha/モニーサ)の概要

通貨名称 MTH(Monetha/モニーサ)
最大発行数 4億240万枚
公開日 2017年6月
公式サイト https://www.monetha.io/
ホワイトペーパー https://ico.monetha.io/Monetha_WP.pdf

モニーサの特徴や目指しているもの

銀行やカード会社などの仲介業者の存在を廃した、売り手と買い手が直接決済できる取引プラットフォーム「Monetha」で流通するトークンが、MTH(Monetha/モニーサ)です。

モニーサは現状の商取引が抱えている「高い取引手数料」と「遅すぎる決済スピード」、「信頼できない評価システム」という3つの問題点をすべて解決するポテンシャルを秘めていることから、近年急速に注目を集めています。将来は中国や東南アジアを中心とするアジア市場に進出する方針で、日本にも進出してくるかもしれないため、事前の学習は必須です。

MTHの仕組み

モニーサは売り手と買い手を直接結びつけることによって、現在の商取引が抱えている問題点をすべて解決する可能性があります。

まず、取引手数料は1.5%まで削減されます。飲食店や小売店などは、従来の半分以下の手数料で取引ができるようになるわけです。なお、取引手数料のうち0.5%は、モニーサのネットワーク内で使える仮想通貨であるMTHを保有しているユーザーにバウチャー(利息のようなもの)として分配され、残りの1%はモニーサ社の収益となります。

仮想通貨なので決済スピードも早く、MTHの送金スピードは2分です。

そして、モニーサの一番の目玉とも言える機能が評価システムです。売り手と買い手はお互いを評価し、その評価をブロックチェーン上に記載します。ブロックチェーン上のデータであるため極めて改ざんは難しく、また特定の運営に管理されるわけではないので運営者に勝手に消されたりする心配もありません。この評価システムのもとでは売り手はもちろん買い手まで評価されるため、質の低い売り手や買い手は自然と淘汰されていくことでしょう。

MTHの将来性

モニーサの将来性は比較的有望であると考えています。もちろん性能自体も優秀ですが、ロードマップ(将来の予定)が比較的しっかりしていること、アジア市場に目をつけていることも評価点です。

一方で、ライバルであるオミセゴーには時価総額で大きく巻けているので、需要負けするリスクは小さくありません。この点をどう埋めるかが今後のポイントになりそうです。

MTHが日本に上場する可能性

現状、日本の仮想通貨取引所がモニーサを上場する気配はありません。日本の仮想通貨取引所は良くも悪くも保守的であり、人気の高い(時価総額が高い)アルトコインの上場を優先させる傾向があるため、仮に上場されるとしてもしばらく先のことになるのではないかと予想しています。

モニーサが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから