CRWの今後の将来性とCRWが購入できるおすすめの取引所

CRW

CRWの概要

通貨名称 CRW(Crown/クラウン)
最大発行数 4200万枚
公開日 2014年10月
公式サイト https://crown.tech
ホワイトペーパー

CRWの特徴や目指しているもの

CRWは、ブロックチェーン技術を元にした分散型アプリケーションプラットフォーム「Crown」上で使用されるトークンです。Crown上では、仮想通貨や暗号技術を学んだり、アプリケーションを提供・利用したりできます。CrownコミュニティはCrownを適切に管理するとともに、支援すべき開発に対して資金を供給します。

Crownの概要

Crownはブロックチェーンの技術をベースにした、分散型アプリケーションプラットフォームです。分散型アプリケーションとは、中央管理者が存在しない、非中央集権的なアプリケーションのことです。従来のアプリケーションと比べて取引の透明性を確保しやすく、柔軟なアップデートが期待できるというメリットがあります。

アプリケーションの開発者は、Crown上で様々な経済的なアプリケーションを提供できます。不動産取引、海外送金、仮想通貨取引……可能性は無限大です。ユーザーはこれらのアプリケーションを使って仮想通貨や暗号技術、経済について学べます。

マスターノードの採用

Crownは一定以上のコインを保有することによって、マイニング報酬が受け取れる「マスターノード」という仕組みを採用しています。Crownコミュニティの会員は、報酬を得るためにいつでもマスターノードを立てられます。

また、マスターノードとは別に、通常のノードも存在しています。通常のノードは現時点で約4200代存在しています。

ICOの未実施

Crownは2014年にリリースされた比較的歴史の長い仮想通貨ですが、ローンチでは開発チームが仮想通貨を販売して、開発資金を得る「ICO」は実施されませんでした。投資家は将来の値上がりを見込んで、仮想通貨を買います。2017年から2018年初頭にかけて最盛期を迎えたICOですが、一方で詐欺的な案件の増加などが問題視されるケースも少なくありませんでした。その危険性を2014年時点で見通して避けていたというのは、特筆に値するでしょう。

ビットコインとのマイニング統合

ビットコインのマイナーは「ついで」にCrownを一緒にマイニングできます。ビットコインマイナーは多くの利益を上げることができ、Crownは自身の知名度をあげられるという、双方にとってメリットの有る仕組みになっています。

筆者が考えるCRWの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。分散型アプリケーションプラットフォームは現状、イーサリアムやNEO,EOSなど他に有力なものが多く、Crownにそれを上回る点があるようには見えません。わざわざCRWを選ぶメリットがない……というのが現状です。

CRWが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

CRWが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから