VIBの特徴や将来性、VIBが購入できるおすすめの取引所

VIBの今後の将来性

VIBの概要

通貨名称 VIB(Viberate)
最大発行数 2億枚
公開日 2017年7月
公式サイト https://www.viberate.io/
ホワイトペーパー https://www.viberate.io/Viberate_ICO_Whitepaper.pdf

VIBの特徴や目指しているもの

VIB(Viberate/ヴァイブレート)は音楽関連イベントのまとめサイトです。プラットフォーム名がVibrateで、利用される仮想通貨がVIBです。

音楽関連の仮想通貨は多いですが、VIBにはどんな特徴があるのでしょうか。

VIBの仕組み・サービス内容

VIBはライブミュージックの巨大なデータベースを構築し、新たな仕組みを構築しようとしています。はじめはアーティストでなく、イベント会場の情報をデータベースにまとめ、それからアーティスト情報を集めてデータベースを構築していったようです。

VIBは、Vibrate上でチケットやグッズの購入、広告スペースの購入などに利用されます。すでにプロダクトはリリースされていて、FacebookやGoogleアカウントがあれば利用することが可能。登録しているアーティストは15万人以上、イベント情報は50万以上と、そこそこの規模があります。宇多田ヒカルやXJAPANなど、海外でもイベントを行なっている日本のアーティストも登録されています。

登録されているアーティストはランキング機能により、ランクの順位が分かるようになっています。また、FacebookやTwitter、instagram、youtubeと連動していて、どのくらいフォロワーがいるか、影響力があるかが一目で分かるようになっています。

イベントの検索やライブ会場の検索も可能です。
「明日の○○では、どんなライブがやっているのかな?」などアーティストごとでなく、会場ごとにイベントが検索できるのはありがたいですね。しかも世界中のイベントが検索の対象です。登録されているライブ会場やイベントはこれからも増え続けることでしょう。また、ユーザーが自由にレビューやイベント情報をアップできるようになっています。これは口コミサイトと同様に、レビューが増えれば信ぴょう性も増します。

ブロックチェーンは一度書き込んだデータは永久に消せない、という性質があります。この特徴を生かし、不正販売や不正購入の防止、抑止に利用できます。ユーザーもレビューも、たとえ匿名で書き込んだとしても足がつく可能性があるので、いたずらに中傷するような記事を書くことはしづらいでしょう。

こういったブロックチェーン の特徴は、VIBの目指すサービスと親和性が高い、といえます。

VIBはERC20トークン

VIBは、ERC20トークンの一種でもあります。

ERC20とは、「Ethereum Request for Comments : Token Standard #20」の略で、イーサリアムをベースに発行できるトークンの共通のルールだと思ってください。ERC20トークン同士であれば同じウォレットを利用できるなどのメリットがあります。

ICOに参加する際にも、投資家はERC20対応のウォレットがあれば簡単に購入することができるので、投資家がICOに参加しやすい点も強みです。ERC20対応のウォレットとしては、「MyEtherWallet」が有名です。

ICOの際には、10億の資金をわずか5分で集め、伝説のICOとなりました。プロダクトの魅力もさることながら、ERC20トークンだったということがプラスに働いたのではないでしょうか。

筆者が考えるVIBの今後の将来性

VIBの将来は決して暗いものでは無いと思います。ICOで10億の資金を5分で集めたという実績だけでも、その魅力を十分に伝えています。それだけ投資家の期待が大きいということです。

すでにサービスを開始している、という点も大きな強みです。
ICOで資金調達だけして逃げてしまう、上場後に自然消滅してしまう、という仮想通貨もありますから、そういう怪しいトークンではありません。いままでVibrateを構築するのは大変だっただろうことは、リリースされているプロダクトに触れればよく分かります。

チームメンバーも魅力的です。
CEOのMatejGregorčičはデジタルマーケティングのプロフェッショナルだし、COOのVasja Veberは世界的テクノDJです。その他、ブロックチェーンのプロフェッショナルや著名音楽プロデューサー、データ分析の専門家など多くの専門家が集まっています。

アドバイザーには、ビットコイン取引所「ビットインスタント」の元CEOで、ビットコイン財団理事のチャーリー・シュリムがいるのも大きなメリットでしょう。

筆者も実際にVibrateを利用してみました。UI、使い易さは、正直イマイチな感じがします。日本語対応していないので読みづらい、という点も気になります。多言語対応が可能になり、操作性もサクサク動くようになれば、使いやすいサイトかなと思います。
その点は今後もアップグレードに期待したいところです。
世界中のライプ情報が場所や日時で指定して閲覧できるのも楽しいです。「レニー・クヴィッツが台湾でコンサートやっている!」「今週末にニューヨークにボン・ジョヴィが来る!」といった情報がすぐにわかるので、音楽ファンにはたまりません。

VIBの将来は、「ユーザーをどれだけ獲得出来るか?」に全てがかかっています。これからのPR活動とプロダクトのアップグレードが鍵です。認知されたとしても「使いづらい」と思われたらユーザーは定着しません。今のところ資金はあるでしょうから、これからの開発には力を入れて欲しいところ。

日本のライブハウスはまだ登録されていないようです。しかし、日本の会場も登録されれば、日本人にも好まれるプロダクトです。今後は、登録されるアーティスト、会場は増えていく一方でしょうから将来が楽しみです。

競合となる仮想通貨もありますが、それらよりは一歩も二歩も進んでいる気がします。すでにβ版をリリースし、多くの著名なアーティストが登録されています。今後も似たプラットフォームを持つ仮想通貨が登場する可能性も十分にありますが、特に手強い競合はいまのところいないとみていいでしょう。

2018年1月28日にピークの0.000051BTC(円建てでは、2018年1月9日にピークで 83円)を迎え、その後は下降。2018年4月16日現在は0.000021BTC(円では19円)、仮想通貨全体で218位。

ロードマップによると、本格的なサービス開始は2019年以降のようです。デメリットはあまり感じないので、少額購入して様子を見るのはありかなと思います。

VIBが日本に上場する可能性

VIBは魅力的なトークンではありますが、仮想通貨全体で200位以下ですから、まだまだ知名度が高いとは言えません。日本で注目されているトークンは他にも沢山ありますので、日本の取引所に上場するのはまだ先でしょう。2019年以降ではないでしょうか。購入の際は、海外の取引所を利用してください。

VIBが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • HitBTC
  • OKEx
  • Upbit
  • BITTREX
0 0

この記事の共有はここから