EMCの特徴と主な使い道、今後の将来性まとめ

EMCの特徴・使い道・将来性まとめ

EMCの概要

通貨名称 EMC(Emercoin)
最大発行数 10億枚
公開日 2013年12月
公式サイト https://emercoin.com/ja
ホワイトペーパー

EMCの特徴や目指しているもの

EMC(エマーコイン)は、幅広い分散型認証サービスを提供するためのプラットフォーム「Emercoin」で使用される仮想通貨です。Emercoin上ではすでに複数の信頼できるサービスが始動しています。いずれも高度に分散化されており、悪意ある他者によってそれらの記録が勝手に変更、取り消し、中断されることはありません。

EMCは高い機密性、信頼性、ハイブリッド・マイニングを特徴としており、ユーザーは自身のお金を完全にコントロールしつつ、24時間365日いつでも好きな時に送受金が行えます。

分散型認証サービスとは

分散型認証サービスとは、文字通り分散型技術によって提供される各種認証サービスのことです。認証サービスとは、本人しか知りえない情報(パスワードなど)を入力させることによって、なりすましを防ぐ仕組みのことです。

現状、このようなサービスはクレジットカード会社や銀行などによって提供されています。つまり、中央集権型のサービスなわけです。中央集権型サービスは管理者が管理しやすい一方で、ユーザーが管理者の都合に左右されやすかったり、管理者のミスによって情報が流出したりする危険をはらんでいます。

分散型技術はこうした中央集権型サービス独自の問題を解決するために作られたものであり、分散型認証サービスは、分散型台帳の技術を活用することによって、こうした管理人を置かないままサービスを成り立たせる仕組みです。

Emercoinで可動する「4つの分散型認証サービス」

Emecoin上ではすでに4つのサービスが始動しています。いずれのサービスのユーザーも、他のユーザーに身分証明書を盗まれたり、なりすまされたりすることはありません。

EmerDNS

EmerDNSは、インターネットの世界をより高度に分散化するものです。DNSとはIPアドレス(インターネット上の住所)とドメイン名(IPアドレスを人間向けにわかりやすく変換したもの)の相互変換や紐付け管理などを行うシステムのことです。

EmerDNSによって提供されるWEBサイトは、ありとあらゆる検閲に対して耐性を持ちます。記録の所有者、つまりそのWEBサイトを制作したものだけが、その内容を変更、もしくは転送できます。

EmerSSH

EmerSSHは、分散型技術をルート証明キーの取得、データの復号化などに応用したものです。SSHとは、リモートコンピューター(ネットワークで接続されているコンピュータ)を安全に操作するための仕組みです。

ネットワークで接続されたコンピュータを遠隔操作するための仕組みをTelnetといいます。Tenletは非常に便利な半面、通信内容が暗号化されないという欠点もあります。これを暗号化させ、より安全に使えるようにしたものがSSHです。

EmerSSHはSSHをより安全にしたものです。ブロックチェーンでPKI(公開鍵基盤)とACL(アクセス制御リスト)を管理します。

EmerSSL

EmerSSLは、データ通信を安全に行うための仕組みです。SSLとはインターネット上の通信を暗号化する技術です。暗号化とは、データを盗み見られても、その内容を解読できないようにするための仕組みです。ショッピングサイトを筆頭に、多くのWEBサイトがSSL通信に対応しています。

SSL通信には、SSLサーバ証明書という証明書が必要になります。これは公開鍵やドメイン所有者と言ったような情報を、認証局が紐づけて発行するものです。発行されたSSLサーバ証明書をWebサーバにインストールします。認証局はシマンテックやグローバルサイン、ゲオトラストなどの企業です。こうした認証局が危険に晒された場合、SSL通信にもリスクが発生します。

EmerSSLはサーバ証明書の基盤を分散化しているため、攻撃のリスクが低くなります。取得費用もずっと安価です。

EmerDPO

EmerDPOとは、物理的な商品、デジタル商品、サービスなどの所有権を安全に保護するための仕組みです。DPOとはDigital Proof of Ownershipの略です。

通常、所有するものが多ければ多いほど、その所有権の管理も煩雑なものになります。そうしたデータは中央集権型のデータベースに格納され、集中型の操作が可能な状態になってしまいます。

EPOはそのようなリスクから所有権のデータを守るための仕組みです。土地のや家屋の権利、ソフトウェアのライセンス、車両の登録データといった、ありとあらゆる所有権に関するデータを安全に管理し、所有しているという事実を公的に証明します。

コンセンサスアルゴリズム

EMCは、仮想通貨としては珍しく、3つのコンセンサスアルゴリズムを併用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、分散型台帳の世界における合意形成の仕組みのことです。もう少し簡単に言えば、誰が記帳を行い、報酬を得るかのルールです。

分散型台帳には中央管理人がいないため、ユーザーの誰かが代わりに記帳を行う必要があります。この記帳をする人をどうやって決めるかを細かく定めたものがコンセンサスアルゴリズムです。記帳を正しく行った人には見返りとして報酬が支払われます。その報酬は不正を行うことによって得られる利益よりも確実なため、多くのユーザーが正しい記帳を行おうとします。

コンセンサスアルゴリズムには、ビットコインなどでも採用されている「PoW(Proof of Work)」や、イーサリアムで詳細作用される予定の「PoS」などがあります。PoWは計算を最も早く解いた者に記帳の権利が与えられるシステムで、ハッキングに強く、通貨の流動性を阻害しない反面、計算競争がマイニングの寡占を生み、消費電力が大きくなりやすいという欠点も抱えています。

PoSは保有通貨量によって権利を割り振る仕組みです。計算競争ではないので寡占が起こりづらく、消費電力量も少なくて済みますが、通貨の保有が有利になる都合上、流動性が阻害されるという欠点もあります。

最近はPoWとPoSを併用する仮想通貨が増えてきていますが、EMCはそれに加えてMergedMiningという独自のコンセンサスアルゴリズムも採用しています。

MergedMiningとは、ある仮想通貨のマイニングによって使った計算結果を他の仮想通貨のマイニングに移転することによって、消費電力を減らしつつ、マイニングをより効率的にする仕組みです。EMCは3つのマイニングを併用することによって、高い信頼性、気密性を確保しています。

筆者が考えるEMCの今後の将来性

現時点では、それなりに期待しています。すでに4種類のサービスがリリースされている、というのは非常に心強いです。取扱取引所数もこの手の草コインにしては多く、ある程度は期待できるでしょう。

EMCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の仮想通貨取引所で取引されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

EMCが購入できる海外の取引所一覧

  • Upbit
  • Bittrex
  • HitBTC
  • Livecoin
  • LiteBit
0 0

この記事の共有はここから