PNDの特徴や使い道と今後の将来性をわかりやすく解説!

PNDの特徴・将来性をわかりやすく解説!

PNDの概要

通貨名称 PND(Pandacoin)
最大発行数 320億枚
公開日 2014年2月
公式サイト https://digitalpandacoin.org/
ホワイトペーパー

PNDの特徴や目指しているもの

PND(Pandacoin/パンダコイン)は、一般消費者に広く使われることを目的に開発された仮想通貨です。PandaBankというソフトウェアをインストール・登録すれば誰でも年利2.5%の利息を受け取れるのが大きな特徴です。

仮想通貨はなぜ普及しないのか

現状、仮想通貨は決済手段や価値保存手段として十分に普及しているとは言えません。最もメジャーで時価総額が高く、価格も比較的安定しているビットコインですら、ごく限られた店舗でしか使われていません。いくら一部の投資家や技術者が「仮想通貨は未来を変える技術だ」と言ってみたところで、消費者には響きません。

消費者が仮想通貨を使わない理由は簡単で、仮想通貨の仕組みは法定通貨と比べて難しく、面倒で、複雑に見えるからです。実際には必ずしもそうとは言えないのですが、そう見える以上、保守的な殆どの消費者は手を出しません。

こうした人達の間で仮想通貨を普及させるためには、法定通貨に負けないほど簡単で、便利で、簡単に見える仮想通貨を作る必要があります。PNDは一般消費者向けに設計、開発、パッケージングされた史上初の仮想通貨であり、上記のポイントを優先しています。

Easy to Use

PNDの主要なテーマは「Easy to Use」、つまり「使いやすい」です。PNDの機能は非常にシンプルであり、それゆえに使いやすいのです。PNDを運用するのに必要なのは、公式Websiteからダウンロードできる「PandaBank」というソフトウェアだけです。これをインストールし、チュートリアルに従ってアカウントを登録するだけで、簡単に送金したり、取引履歴を追跡したりできるようになります。

その他、過去30日にアカウントにPNDがどれくらい出入りするのかをグラフで表示したり、どれくらいの利息を得られたかを確認したりといったような機能もあります。PandaBankに登録すると自動で年利2.5%の割合でPNDが増えていくので、利用の際にはインストールが必須と言えるでしょう。

また、Androidを搭載したスマートフォンやタブレット端末を保有している場合は、PandaWalletというアプリをインストールすれば、どこにでもPNDを持ち歩けるようになります。

低いインフレ率

現在、世界では毎年2~3%程度のインフレが発生しています。インフレとは、物価が上昇し、お金の価値が下がることです。一般的に、貨幣の供給量が多いとインフレが発生するとされています。適度なインフレは経済成長にはつきものですが、急激なインフレは国民生活に打撃を与えることから、各国政府は法定通貨のインフレ率を上げすぎない、かつ下げすぎないようにバランスをとろうとしています。

PNDはこの世界のインフレ率とほぼ等しい2.5%のインフレ率を維持するように設計されています。一方、ビットコインの2015年時点でのインフレ率は10%以上です。

インフレ率が低いということは、言い換えれば物価の価値が上昇しづらく、お金の価値が下がりづらいことです。PNDは急激な貨幣供給によって価格が低下することがないという点で、ビットコインよりも優れています。もちろん、急激な貨幣供給以外の原因、例えばPND自体の需要低下などが原因で価格が下る可能性は十分にあるので注意が必要です。

ASIC耐性

ASIC耐性とは、ASICという集積回路でマイニングされない性質のことです。マイニングとは、仮想通貨の取引履歴を記帳し、その見返りとして報酬を受け取る行為のことです。マイニングを行う人をマイナーといいます。マイニングの仕組み(コンセンサスアルゴリズム)にはいろいろありますが、最もメジャーなのはPoW(Proof of Work)という仕組みです。

これは計算を最も早く解き終えたものにマイニングの権利を与えるというもので、ハッキングに強い半面、電力消費量が多く、計算競争の末に寡占化が起こりやすいという欠点があります。分散化が肝の仮想通貨で寡占が起こるのは、望ましいことではありません。利益が一部のマイナーに集中しますし、51%攻撃という記帳の健全性を脅かすリスクにもつながるからです。現状、ビットコインのマイナーの殆どは計算能力の高い、そして価格も高いASICを採用しています。

一方、PNDはPoS(Proof of Stake)を採用しています。これは仮想通貨の保有量に応じてマイニングの権利を振り分ける仕組みです。通貨保有量が多いほど多くの報酬を受け取れます。

計算競争が起こらず、コンピュータの性能が低くてもマイニングできるこの仕組は近年注目されており、仮想通貨時価総額ランキングで長年2位をキープしているイーサリアムもPoWからPoSへの以降を検討しています。

筆者が考えるPNDの今後の将来性

現時点では、あまり将来性はないと考えています。性能的には優秀ではあるものの他のコインを押しのけるほどではありませんし、マーケティングなどが十分に進められているわけでもありません。

PNDが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに海外の複数の仮想通貨取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

PNDが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • YOBit
0 0

この記事の共有はここから