ACの特徴や将来性、ACが購入できるおすすめの取引所

ACの将来性と取引所まとめ

AC(Asiacoin/アジアコイン)の概要

通貨名称 AC(Asiacoin/アジアコイン)
最大発行数 3億6000万枚
公開日 2014年4月
公式サイト http://www.thecoin.asia/
ホワイトペーパー

ACの特徴や目指しているもの

ACは、アジア圏のための仮想通貨です。アジアは世界人口の半数以上を抱え、経済成長著しい国も多い、多大な可能性を秘めた地域です。成長期待の大きいアジア圏内の決済手段として普及すれば、その価値は果てしなく高まっていくことでしょう。

ACの仕組み

ACはビットコインをそのまま正当進化させたような設計になっています。発行枚数はビットコインの約17倍にあたる3億6000万枚、ブロック生成時間はビットコインの10分の1の60秒であり、全体的にビットコインよりも日常的な決済に向いた手段であると言えます。

ゼロプレマインで高度な分散化

ACは仮想通貨としては珍しく、仮想通貨の一般公開前に、開発者や関係者による一定量のマイニング(プレマイン)を一切行っていません。

プレマインの規模があまりにも大きくなると一般のマイナーや通貨利用者に不利になるため、何かと批判の対象になりがちです。実際、ごく限られた人が多量の仮想通貨を保有するのは、分散を良しとするブロックチェーンの理念と反していますし、望ましいことではありません。

ACはゼロプレマイン、すなわちプレマインを一切行わない仕組みを採用することによって、一般のマイナーや利用者に十分な機会を与えています。

コンセンサスアルゴリズムはPoWとPoSの併用

ACはコンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)の2つを採用しています。

PoWはコンセンサスアルゴリズムの中では最もメジャーなものであり、計算を最も早く解き終えたものに対して記帳の権利と報酬が与えられます。一方、PoSは仮想通貨の保有量に応じて記帳の権利と報酬が割り振られます。どちらも一長一短な仕組みですが、ACはその両方を採用することによってリスクを分散しています。

PoSは通貨保有量に応じて報酬が与えられる仕組みであるため、保有している通貨に利率に応じた利子がつく仕組みである、ともいえます。ACの利率は最初の1年間は100%、その後は2%です。

ACの将来性

現時点では、期待できないと考えています。開発状況がまったくもって不明だからです。公式サイトはすでに停止していますし、公式Twitterも3年以上停止しています。断言はできませんが、おそらくすでに開発は中止になっているのではないかと思われます。

ACが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに海外の仮想通貨取引所に上場していますので、気になるという場合はそちらを通じて買うといいでしょう。

ACが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから