DIMEの特徴や将来性、DIMEが購入できるおすすめの取引所

DIMEの将来性とは?特徴とおすすめ取引所

DIMEの概要

通貨名称 DIME(Dimecoin)
最大発行数 5390億枚
公開日 2013年12月
公式サイト https://www.dimecoinnetwork.com/
ホワイトペーパー https://www.dimecoinnetwork.com/dime/dimecoin.pdf

DIMEの特徴や目指しているもの

DIMEは高い安全性と非常に多い発行枚数、そして強力なコミュニティを売りにした仮想通貨です。Quarkという仮想通貨がベースになっていますが、時価総額の点ではすでにQuarkを逆転しています。

DIMEの強みは「ハッシュ関数の複数採用」

現状、ほとんどの仮想通貨はハッシュ関数を1つだけ採用していますが、この仕組みには欠点があります。ASICという特別な集積回路でのマイニングが容易になってしまうのです。ASICとは特定の用途のために作られた集積回路であり、CPUやGPUと比べて高額・高性能です。

ASICでのマイニングが容易になってしまうと、高額なASICが用意できない個人や弱小マイニンググループがマイニングから離脱してしまい、大手グループがマイニングを寡占するリスクがあるのです。分散化を良しとする多くの仮想通貨の理念に反していますし、51%攻撃(詳細は省略しますが、特定のマイニンググループが51%以上の計算力を支配した場合に起こりうる攻撃のこと)の懸念も生まれます。

これを解決するために、DIME(及びその親とも言えるQuark)は6種類のハッシュ関数を採用しています。ASICは複数のハッシュ関数の計算が苦手であるため、これらのコインは安価で個人や弱小マイナーでも購入できるCPUやGPUでもマイニングできます。

マイナーが分散すれば、51%の攻撃リスクも薄れます。複数のハッシュ関数を採用することは安全性の向上にも繋がるなど、メリットが多いため、最近はDIME以外の仮想通貨にも採用されています。

高速な取引と暴騰が起きやすい発行枚数

DIMEの取引時間は約7秒であると、公式が発表しています。数ある仮想通貨の中でも非常に高速な部類に位置しており、店頭決済にも十分耐えうるレベルです。もちろんビットコインと同様に個人間の直接送金にも使えます。

発行枚数は5390億枚。ビットコインの2100枚やライトコインの8400万枚はもちろん、メジャーな仮想通貨の中ではずば抜けて多いリップル(XRP)の1000億枚も大きく上回っています。発行枚数が多くなるとその分単価が安くなり、大量買いがされやすくなるので価格が高騰しやすくなるという特徴があります。

筆者が考えるDIMEの今後の将来性

現時点では、多少の将来性はあると考えています。仕組み自体はそこまで極端に優れているわけではないのですが、コミュニティの強力さは評価できます。Twitterアカウントも頻繁に活動しており、アップデートの報告などが行われています。分散投資先の1つとしては、選択肢に入るかと思います。

DIMEが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用するといいでしょう。

DIMEが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから