BITCNYの特徴や将来性、BITCNYが購入できるおすすめの取引所

BITCNY(bitCNY/ビットシーエヌワイ)の概要

通貨名称 BITCNY(bitCNY/ビットシーエヌワイ)
最大発行数 -(不明)
公開日 2014年7月
公式サイト https://bitshares.org/
ホワイトペーパー https://www.bitshares.foundation/papers/BitSharesBlockchain.pdf

BITCNYの特徴や目指しているもの

BITCNYは、分散型取引所であるbitsharesで取り扱われている仮想通貨です。常に1BITCNY = 1中国元となるように自動で調整される、いわゆるペッグ通貨(ステーブルコイン)の1種です。そのため投資には向きませんが、長期的な価値の保存や決済手段には向いています。

bitsharesとBITCNYの仕組み

bitsharesは、Invictus Innovation社によって開発された分散型仮想通貨取引所であり、2015年にはCryptonomex社が開発を引き継いでいます。

中央集権型取引所と分散型取引所の違い

仮想通貨取引所は中央集権型取引所と分散型取引所に分けられますが、中央集権型取引所は明確な管理者が存在する取引所であり、Bitbankやbitflyer、バイナンスなどが該当します。これに対して分散型取引所とは、従来の中央集権型取引所のような管理人が存在しないもので、bitsharesやEtherdelta,Kyber Networkが当てはまります。

分散型取引所で会社名が全面に出ているときには、Cryptonomex社はあくまでも管理者ではなく開発者であり、Cryptonomex社自身は独断で取引所を支えるブロックチェーンに変更を加えることはできず、どうしてもそうしたい場合は同取引所の基軸通貨BTSを保有する人から承認を得る必要があります。

分散型取引所の魅力

中央集権型取引所で取引するときには、必ず仮想通貨を取引するための暗号鍵を管理者に預けなければいけません。そのため、取引所の内部の人間が不正に資金を引き出したり、外部の人間にハッキングされたりする可能性があります。最近は各取引所もマルチシグネチャという技術を使ってこれを防ごうとしていますが、完璧なものではありません。

一方、分散型取引所には管理者がそもそも存在せず、暗号鍵を預ける必要もないため、内部からの不正引き出しや外部からのハッキングのリスクはありません。もちろん、ユーザーが暗号鍵を自らのミスで流出させてしまった場合は話が別ですが、それはユーザーの自己責任です。

分散型取引所にも「取引高が少ない」「サポートがない」などの欠点はありますが、それを差し引いてもメリットが大きく、着実にユーザー数を伸ばしています。Bitshares内の基軸通貨であるBTSも好調に推移しており、取引所自体の将来性の高さが伺えます。

BITCNYを法定通貨に戻す手順

BITCNYは国内外の相手にいつでも自由に送金できますが、これを連動相手の法定通貨に帰る場合にはちょっとした工夫が必要になります。

まず、BITCNYをbitshares内でビットコインなどの他の仮想通貨取引所で取り扱われている仮想通貨に交換します。次に、その仮想通貨を別の仮想通貨取引所に送り、そこで現金に変えます。ビットコインは法定通貨との価格が常に変動するため、ここでもたもたしていると損してしまうかもしれません。

BITCNYの今後の将来性

BITCNYは前述の通り法定通貨と連動するペッグ通貨ですので、投資の対象とはなりえません。中国元の値上がりを見通して買うというのはありかもしれませんが、法定通貨同士の価格変動は法定通貨と仮想通貨の価格変動よりも限定的なものになります。

ただし、bitshares自体には十分な将来性があります。bitshares自体の将来性を買っているという方は、その基軸通貨であるBTSに投資するといいかもしれません。

BITCNYが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

BITCNYが購入できる海外の取引所一覧

  • bitshares
  • CoinTiger
0 0

この記事の共有はここから