EKOの特徴や将来性、EKOが購入できるおすすめの取引所

EKOの将来性は・特徴・取引所まとめ

EKO(EchoLink/エコーリンク)の概要

通貨名称 EKO(EchoLink/エコーリンク)
最大発行数 5億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://en.echolink.info/
ホワイトペーパー https://github.com/EchoLinkTech/EchoLinkService/blob/master/EchoLink_github.pdf

EKOの特徴や目指しているもの

学生(求職者)と教育機関、企業を結ぶブロックチェーンネットワーク「EchoLink」で流通するトークンが、EKO(EchoLink/エコーリンク)です。求職者が学歴や資格、職歴などの情報を改ざん不可能なブロックチェーンに書き込み、企業がそれを参考に採用活動を行うことによって、求職者と企業のマッチングを促進し、また採用活動に伴って発生する様々な「嘘」を排除します。

比較的穴場とも言える教育分野とブロックチェーンのコラボレーションプロジェクトであり、有名大学と提携していることから今密かに注目されています。

EchoLinkとEKOの仕組み

EchoLinkは、求職者(学生)と教育機関、企業の3社を結ぶブロックチェーンネットワークです。具体的には、求職者が学歴、資格、職域情報などの情報をブロックチェーン上に提供し、教育機関はその情報の正しさを担保し、企業はその情報を活用するという仕組みになっています。その情報を利用する際に、EKOが使われるようです。

ブロックチェーン上に記載された情報は原則として改ざん不可能です。そのため、企業は安心して情報を取得できますし、求職者は正しい情報に基づき、嘘をついている求職者に煩わされることもなく、本当に入社すべき企業を探せます。1度ブロックチェーン上に記載してしまえば済むため、何度も履歴書を書き直すような手間も省けます。

EchoLinkの提携先

EchoLinkは各種プロジェクトや教育機関と連携しています。仮想通貨プロジェクトでは、NEOとOntologyが有力どころです。教育機関ではカリフォルニア大学バークレー校とカーネギーメロン大学などと提携しています。こうした教育機関と提携できるほどに有力なプロジェクトということです。

EKOの将来性

現状ではかなり期待できます。求職者と企業のマッチングというのは、普段はあまり注目されていませんが、実は安定して大きなニーズを誇る市場です。にもかかわらずライバルは非常に少なく、先行者であるEchoLinkが市場を独占できる可能性を秘めています。

提携先もすでに時価総額が高まっている仮想通貨や世界的に有名な大学など信頼十分な機関が多く、CEOにも優秀な人間を据えているなど、総じて隙がありません。時価総額ランキングでは300位にも入っていない草コインですが、逆に言えばそのぶん伸びしろがあるということでもあります。

EKOが日本に上場する可能性

現状では、日本の取引所に上場される見通しは立っていません。すでにいくつかの海外取引所には上場されていますが、取引高の9割はHuobiが占めていますので、今から購入する場合はHuobi一択です。

EKOが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから