DIBCの特徴や将来性、DIBCが購入できるおすすめの取引所

DIBC

DIBCの概要

通貨名称 DIBC
最大発行数 50億枚
公開日 2016年9月
公式サイト https://www.dibcoin.io
ホワイトペーパー

DIBCの特徴や目指しているもの

DIBCとは、アメリカの民間企業Sunshine Capital社が発行する、同社が行う大規模ビジネス(企業の買収など)のために開発された仮想通貨です。セキュリティトークンとして機能します。DIBCは仮想通貨であると同時に証明手段や株式としても機能します。

有価証券をデジタル化した「セキュリティトークン」

DIBCは、株式や債券などの有価証券をブロックチェーンを用いてデジタル化した「セキュリティトークン」の一種です。デジタル化されたものであるとはいえ、有価証券である以上、証券関連の法律に従います。

セキュリティトークンは従来の有価証券と仮想通貨のいいところどりをしたもの、と考えることもできます。セキュリティトークンは従来の規制を受けないトークンと比べて、価値の裏付けが明確であるため、価値が暴落しづらいです。この点が何の裏付けもない多くのビットコイン含む仮想通貨とは違います。一方でセキュリティトークンはデジタル化されているため、価値の移転を素早く行うことができます。

Omniプラットフォームの採用

また、DIBCはプラットフォームとしてOmniプラットフォームを採用しています。Omniプラットフォームはビットコインのブロックチェーン上に存在するプラットフォームの中でも最古のものであり、Omniプラットフォーム上ではこれまでさまざまな仮想通貨が発行されてきましたが、DIBCもその1つです。

DIBCはOmniプラットフォーム89番目の仮想通貨であり、先発組の発行によって得られたノウハウが十分に生かされています。

筆者が考えるDIBCの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。かつては十分な期待に値する仮想通貨だったのかもしれませんが、後発で色々と優秀な仮想通貨が出揃った現状では、はっきり言ってあまり魅力的には見えません。この仮想通貨に投資する資金があるのならば、他にお金を回すことをおすすめします。

DIBCが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

DIBCが購入できる海外の取引所一覧

  • Livecoin
0 0

この記事の共有はここから