ZRXの特徴や将来性、ZRXが購入できるおすすめの取引所

ZRXの今後の将来性

ZRX(ゼロエックス)の概要

通貨名称 ZRX(0x)
最大発行数 10億枚
公開日 2017年8月11日
公式サイト https://0xproject.com/
ホワイトペーパー https://0xproject.com/pdfs/0x_white_paper.pdf

ZRXの特徴や目指しているもの

ZRX(0x/ゼロエックス)は、イーサリアムのブロックチェーンを用いた、分散型取引所のプラットフォームおよびトークンです。独自のルールを用いた取引を実現することが可能で、イーサリアムのブロックチェーン上で作られた独自トークンを無料で交換できるのが大きな強みです。

分散型取引所は、中央集権型の仮想通貨取引所に対する不安や懸念が大きい現状では非常に将来有望な存在です。一方で分散型取引所に必ずしもZRXが必要というわけでもないことに対しては留意が必要です。

分散型取引所は「運営がいない仮想通貨取引所」

分散型取引所とは、簡単に言えば「運営が存在しない仮想通貨取引所」です。普段多くの方が使っているであろうBitflyerやZaif,あるいはバイナンスやPoloniexなどは、いずれも運営が存在する「中央集権型の仮想通貨取引所」です。

中央集権型の仮想通貨取引所は利用者が多く、板が厚く、効率的な取引が可能になるなど、メリットも少なからず存在していますが、一方で秘密鍵を運営に預けないと行けないというデメリットもあります。秘密鍵はいわば暗証番号みたいなもので、これが流出するとハッキングのリスクにさらされることになります。
》秘密鍵についての解説記事はこちら

仮想通貨取引所は様々な方法でセキュリティを強化してはいますが、それでも完璧とは程遠いですし、そもそも仮想通貨取引所の内部に悪意がある人間がいる可能性も否定できません。また、セキュリティを強化するためには多くの資金が必要で、それが取引手数料に添加されてしまうため、取引にかかるコストが増えてしまいます。

一方、分散型取引所には運営が存在しません。誰も運営していないのになぜ成立するのか、と思われるかもしれませんが、ブロックチェーンによって運営されています。中央集権型の取引所では取引記録がサーバーに保存されますが、分散型取引所の場合はネットワーク上のコンピュータに保存されます。

運営がいないので運営に秘密鍵を預ける必要がなく、国の規制に引っかかったり、システムダウンや倒産したりすることもまずありません。中央に多くの資金が集められているわけではないのでハッキングする意味が薄く、攻撃を受けにくいのもポイントです。

さらに、分散型取引所では、基軸通貨を使わずにマイナーなトークン同士と直接交換することも可能です。従来はビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを介する必要があったのと比べると、大きな進歩といえます。

もちろん、分散型取引所にもデメリットはあります。秘密鍵を自分で管理するというのは、全て自分で責任を負うということでもあります。中央集権型の取引所の場合はパスワードを紛失しても所定の手続きを踏めば再発行できますが、分散型取引所の場合は秘密鍵を紛失したら終わりです。また、現状では利用者の数が少なく板が薄いという欠点もあります。
しかし、それを差し引いても将来有望な技術であることは間違いなく、現に徐々にではありますがその利用者数は増えてきています。ZRXでは分散型取引所を構築することができるうえ、しかも取引手数料がかかりません。

オフチェーン注文でスケーラビリティ問題を解決

ZRXではオフチェーンで注文を行えます。オフチェーンとは、ブロックチェーンの外のことです。通常はブロックチェーン外で注文してもなんの意味もないですが、ZRXではオフチェーンで行われた注文とブロックを接続することによってブロック外での注文を有効にします。最終的な決済に関しては、ブロック状で行います。

例えば、ビットコインの場合はライトニングネットワークという技術でオフチェーンの注文とブロックを接続し、スケーラビリティ問題(取引量に対してブロック容量が足りなくなる問題)を解決しようとしています。

オフチェーンの大きな強みは、手数料を安くできることです。また、ブロックに記録されるデータが少なくなるため、ブロックサイズを拡張しないでもスケーラビリティ問題を解決できるという強みもあります。
》ライトニング・ネットワークについての解説記事はこちら

Dappsをビルディングブロックでまとめる

ZRXでは、Dappsをビルディングブロックでまとめられます。Dappsとは分散型アプリケーション、もう少し噛み砕いて言えばブロックチェーンを用いて、その上に構築されるアプリのことです。アプリの利用にはトークンが必要です。

Dappsには中央管理者が存在しないため、管理者の意向を気にすることなく自由に開発できます。その他にもオープンソースであり、仕様変更の際にはユーザーの合意が必要なことなど、いくつか特徴があります。

通常、Dappsはプラットフォームごとに存在しているのですが、ZRXではDappsを自由にまとめられるため、アプリの利便性は高くなります。ZRXで開発されたアプリはWebサイトで公開されています。

筆者が考えるZRXの今後の将来性

ZRXの将来性は現時点では不透明です。分散型取引所の需要自体は、これから中央集権型の取引所でハッキングなどが発生するたびに増えていくのでしょうが、それでZRXの需要が増えるとは限らないからです。具体的にはAirSwapやOpenANXなどが需要を食い合うライバルになりそうです。

もちろんすべてが伸びていく可能性もあるのですが、ある程度競合することは間違いなく、この中でどのように強みを示していくかが今後の課題となりそうです。技術自体は優秀と思われるので、分散投資の投資先の一つには選んでもいいでしょう。

ZRXが日本に上場する可能性

現時点では上場の見通しはありません。バイナンスなどの海外取引所を利用しましょう。

ZRXが購入できる海外の取引所一覧

  • バイナンス
  • Poloniex
0 0

この記事の共有はここから