NPXSの特徴や将来性、NPXSが購入できるおすすめの取引所

NPXSの特徴と将来性、おすすめの取引所を解説

NPXSの概要

通貨名称 NPXS
最大発行数 約2800億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://pundix.com/
ホワイトペーパー

NPXSの特徴や目指しているもの

NPXSは、WokoWorksチームが開発する、日常生活を便利にするための仮想通貨決済プラットフォーム「Pundi X」上で使用されるイーサリアムベースのトークンです。最終的には東南アジアを中心に10億人が利用できる通貨になることを目指しています。

PundiX誕生の背景

PundiXのホワイトペーパーには「普通の消費者の方でもコンビニでペットボトルの水を購入するくらい簡単に暗号通貨を購入することができるようにすることで、1つの重要な問題を解決しよう」と記載されています。ここで言う「1つの重要な問題」とは、仮想通貨購入・利用のハードルの高さです。

現状、仮想通貨について熟知しているのは一部の技術者・開発者のみであり、最低限の理解ができている人ですらそれほど多くはありません。広く使われるべき仮想通貨が理解されていないというのは大きな問題であり、これが普及を妨げています。Pundi Xは使いやすい決済端末と販売網によって、仮想通貨をより理解しやすく、身近なものにします。

Pundi Xの基本的な仕組み

Pundi Xは取引プラットフォームであると同時に、ウォレットでもあり、販売ネットワークでもあります。小売店は専用の端末を導入するだけで、利用者はデバイスをかざすだけで利用できる手軽さが魅力です。

Pundi X POSとは

Pundi X POSとはPundi-X上の独自のPOSシステムを成立させるための端末です。POSシステムとは商品の販売情報管理システム、つまりは客の買物情報をデータとして残すためのシステムです。

POSシステムを導入するためには、専用のPOSレジが必要でしたが、PundiX POSはPOSレジを導入しなくても利用できます。

各Pundi X POSはWebに接続されており、ソフトウェアのアップデートも簡単に行なえます。利用者はこの端末にスマートフォンをかざすだけで、簡単に決済ができます。支払いにはNPXSだけでなく、ビットコインやイーサリアム、ライトコインなども利用できます。

Pundi-XのPOSシステムはイーサリアムのブロックチェーン上で管理されています。これにパワーを供給する仲介ツールがNPXSであり、POSデバイスの需要が増加するとともに、NPXSの需要も増えていきます。

PundiX POSの展開地域

PundiX POSはすでにインドネシアの首都ジャカルタの500店舗以上で利用可能であり、10万人以上が利用しています。ICOで集めた資金はインドやシンガポール、更には日本も含めたアジア地域でデバイスを配布するために使われる予定であり、3年間で70万台の導入が予定されています。

ちなみに、Wokoworksの提供しているPundi-pundiというQR決済アプリ(App StoreやGoogle playで簡単に入手できます)は今までに10万回以上ダウンロードされており、月間2万人のアクティブユーザーを獲得しています。Pundi-PundiにはPundi-Xの広告塔としての役割も期待されています。

筆者が考えるNPXSの今後の将来性

現時点ではなかなかに期待できるかと思います。銀行口座の保有率が低い東南アジアでは、日常的に決済手段として使えるNPXSの相性は良好です。開発も順調に進んでいるようですし、すでに一部の地域では普及しつつあります。長期的なプロジェクトなので値上がりに時間はかかりますが、成長は期待できます。

NPXSが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでにバイナンスをはじめとする海外の仮想通貨取引所に複数上場していますので、今すぐ買いたいという場合はそちらを利用するといいでしょう。

NPXSが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから