NPXSの特徴や将来性、NPXSが購入できるおすすめの取引所

NPXSの特徴と将来性、おすすめの取引所を解説

NPXS(Pundi X/プンディエックス)の概要

通貨名称 NPXS(Pundi X/プンディエックス)
最大発行数 約2800億枚
公開日 2018年1月
公式サイト https://Pundi X.com/
ホワイトペーパー

NPXSの特徴や目指しているもの

NPXSは、仮想通貨決済プラットフォーム「Pundi X」で流通する、イーサリアムベースのトークンです。最終的には東南アジアを中心に10億人が利用できる通貨になることを目指しています。

Pundi XとNPXSの仕組み

Pundi Xのホワイトペーパーには「普通の消費者の方でもコンビニでペットボトルの水を購入するくらい簡単に暗号通貨を購入することができるようにすることで、1つの重要な問題を解決しよう」と記載されています。ここで言う「1つの重要な問題」とは、仮想通貨購入・利用のハードルの高さです。

仮想通貨の普及を目指す

現状、仮想通貨について熟知しているのは一部の技術者・開発者のみであり、最低限の理解ができている人ですらそれほど多くはありません。広く使われるべき仮想通貨が理解されていないというのは大きな問題であり、これが普及を妨げています。

Pundi Xは使いやすい決済端末と販売網によって、仮想通貨をより理解しやすく、身近なものにします。

NPXSの将来性

現時点ではなかなかに期待できるかと思います。銀行口座の保有率が低い東南アジアでは、日常的に決済手段として使えるNPXSの相性は良好です。開発も順調に進んでいるようですし、すでに一部の地域では普及しつつあります。長期的なプロジェクトなので値上がりに時間はかかりますが、成長は期待できます。

NPXSが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでにバイナンスをはじめとする海外の仮想通貨取引所に複数上場していますので、今すぐ買いたいという場合はそちらを利用するといいでしょう。

NPXSが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから