PIGGYの特徴や将来性、PIGGYが購入できるおすすめの取引所

子どものための仮想通貨PIGGYとは?

PIGGYの概要

通貨名称 PIGGY
最大発行数 4億7300万枚
公開日 2014年6月
公式サイト https://piggy-coin.com/
ホワイトペーパー

PIGGYの特徴や目指しているもの

PIGGYは、短い送金時間や安全性の高い送金など、仮想通貨としての機能もある程度備えた教育用の仮想通貨です。子どもたちはPIGGYを通じて仮想通貨の仕組みを楽しく学習します。実際にPiggybank(ウォレット)上に仮想通貨を保管したり、送金したりできるため、書籍などで学ぶよりもずっと実践的です。

PIGGYの基本的な仕組みと特徴

PIGGYはブロックチェーンを採用することによって、高速かつ安全な送金を実現する仮想通貨です。送金速度はビットコインの10倍であり、日常的な支払いの決済手段としても十分耐えうるものであり、世界中のだれとでもPIGGYのやり取りができます。

マイニングには独自の仕組みを導入

PIGGYはビットコインと同様にマイニングによって増やすことができます。その手法はPIGGYではゲームを通じてマイニングを行います。

筆者が考えるPIGGYの今後の将来性

現時点では、期待していません。PIGGYは子どもたちに仮想通貨のいろはを教える学習用の仮想通貨という面が強く、投資や決済に向いたものではありません。

仮想通貨に対する需要が高まり、子供に仮想通貨の仕組みを教えたいと思った親がこれを購入する、という流れが考えられますが、その頃には仮想通貨に関する教材も充実しているでしょうし、わざわざPIGGYを使うメリットは小さくなっているのではないかと思います。

PIGGYが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場する見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場していますので、気になる方はそちらを利用しましょう。

PIGGYが購入できる海外の取引所一覧

1 0

この記事の共有はここから