QTLとはどんな仮想通貨?主な使い道と今後の将来性を詳しく解説

QTLとは?使い道と将来性を解説

QTLの概要

通貨名称 QTL(Quatloo)
最大発行数 1億枚
公開日 2014年6月
公式サイト http://quatloos.org/
ホワイトペーパー

QTLの特徴や目指しているもの

QTL(クワトロ)は、仮想通貨を自動売買ソフト「QUATLOO Trader」上で使用される内部トークンです。一定量以上のQTLを保有することによって(支払う必要はありません)、自動売買ソフトの機能を利用できます。

自動売買はFXの世界ではすでに広く浸透しており、その有効性もよく知られていまが、仮想通貨の世界は手動での売買がメインです。QAUTTRO Traderはそうした取引環境に大きな進歩をもたらすものであり、その内部で使用されるQTLの需要が高まる可能性は十分に考えられます。

自動売買ソフトとは?

自動売買ソフトとは、その名の通り自動で取引を行うためのソフトです。ソフト上で取引を行うタイミング、ボリュームなどを設定し、APIキー(後述)を読み込ませれば、あとはその設定に従って機械的に取引が行われます。

自動売買のメリット

主なメリット

  • 24時間自動で取引が可能
  • 感情に左右されない取引が可能(適切な損切りができる)

自動売買の一番のメリットは、24時間いつでも自動で取引が行えることです。仮想通貨は株式と違って朝から晩まで24時間動き続けるため、仕事をしているときや寝ているときでも容赦なく相場が変動します。自動売買ソフトを導入しておけば、そうした相場急変時にも適切な売買ができます。

2つ目のメリットは、感情に流されない取引が行えることです。自動売買ソフトは予め設定した基準に従って機械的に取引を行うためです。

投資の世界において、人間の感情は正しい判断の妨げとなることが多いです。人間の「損をしたくない」という感情は強烈で厄介なものであり、それが早期の損切を妨げることがままあります。自動売買ソフトに取引を任せれば、適切な損切ができるようになります。適切な損切ができれば大損することもなくなるので、長く市場に留めることができ、チャンスの波に乗れる可能性も高まります。

QUATTRO Traderの特徴

QUATTRO Traderは、予め設定した基準に従い、機械的に取引を行ってくれる自動売買ソフトです。使用にあたっては、APIキーというキーを使用します。

APIキーとは、各仮想通貨取引所で配布されている、取引者を識別するための情報です。XML形式はJSON形式で記述されていることが多いです(この点について、利用者が詳しく把握する必要はありません)。APIキーをソフトに読み込ませることによって、自動売買が可能になります。

なお、APIキーをソフトウェアに読み込ませることにはリスクもあります。ソフトによっては、勝手に意図しない売買や送金が行われることがあります。QUATTRO Traderはまず大丈夫かと思いますが、私にも100%の確証があるわけではありません。そのあたりが心配な方は、利用を避けたほうがいいでしょう。

利用条件

QUATTRO Traderを利用するためには、最小で100QTL以上を保有する必要があります。保有する数量が多くなると、より機能の整った上位バージョンを利用できます。支払いをする必要はなく、持っているだけでも利用は可能なので、ソフトを使っている期間中はQTLを保有し、使い終わったら売却するといいでしょう。もちろん、QUATTRO Trader自体は使わず、QTLだけ保有しても構いません。

対応取引所

QUATTRO Traderはすべての仮想通貨取引所に対応しているわけではありません。現時点で対応している仮想通貨取引所は以下のとおりです。

  • Poloniex
  • CEX.IO

アービトラージにも対応

アービトラージとは、同一の銘柄に一時的な価格差が生じた場合に、その価格差を利用して儲ける手法です。もっと簡単に言えば、安く売り注文が出されている仮想通貨取引所で買って、高く売り注文が出されている仮想通貨取引所で売り、差益を得る手法です。

仮想通貨は複数の取引所で取引されていますが、取引所によって微妙に取引価格は異なります。通常、この価格差は微々たるものですが、大きくなることもあります。

例えば、2017年の年末~2018年初頭にかけて、韓国の仮想通貨取引所のビットコインの取引価格が、仮想通貨取引所のそれと比べて最大51%高くなるという現象が起きました(キムチプレミアム現象)。韓国では他の国と比べてビットコインの人気が高いために、このような現象が起きたと考えられます。

もしこの時に、安い売り注文が出されている日本やアメリカの仮想通貨取引所でビットコインを買い、高い買い注文が出されている韓国の仮想通貨取引所で売っていれば、確実に差益を手にできていたわけです。

アービトラージ自体は非常に有用な手法ですが、一方で実践しづらいという欠点もあります。例えば、キムチプレミアム現象が起きていた時に上記の方法を実践するためには、韓国とその他の国のビットコインの価格差に気づいたうえで、売買を行う必要がありました。手動で価格差に関する情報を集めて、実際に売買を行うというのは、実際にやってみればかなり面倒です。

QUATTRO Traderは、こうした面倒な作業をすべて自動で実行してくれます。価格差に関する情報収集も、売買も、全て自動で行ってくれるのです。

筆者が考えるQTLの今後の将来性

現時点では、一定の将来性はあると考えています。自動売買ソフトはすでにFXの世界で広く利用されており、その波が仮想通貨の世界に波及することは十分考えられます。

ただ、現時点では対応取引所があまりに少なく、使いづらいのも事実です。せっかくのアービトラージ機能も、少数の取引所間でしか使えないのでは意味を持ちません。

逆に言えば、今後より多くの仮想通貨取引所に対応するようになればその価値はより高まるということでもあります。

QTLが日本に上場する可能性

現時点では日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外の取引所に上場されていますので、気になる方はそちらを利用しましょう。

QTLが購入できる海外の取引所一覧

  • Cryptopia
  • Trade satoshi
  • Novaexchange
0 0

この記事の共有はここから