DICEの今後の将来性とDICEが購入できるおすすめの取引所

DICE

DCTの概要

通貨名称 DICE
最大発行数 約700万枚
公開日 2017年5月
公式サイト https://etheroll.com/
ホワイトペーパー

DICEの特徴や目指しているもの

DICEはスマートコントラクトに基づいたギャンブル(サイコロゲーム)プラットホーム「Etheroll」上で使用されるトークンです。Etherollは不正が発生せず、しかも還元率が高いギャンブルプラットホームであり、世界中のギャンブラーがサイコロゲームに興じています。

Etherollで遊べるサイコロギャンブルの内容

Etherollで遊べるギャンブルは非常に単純なものです。プレイヤーはまず2から99まで、好きな数字を1つ選びます。そしてその後、1から100までの100面サイコロを振ります。サイコロの数字があらかじめ選んだ数字よりも小さければ勝ち、そうでなければ負けです。例えば、最初に「50」を選んだ場合、49以下の数字が出れば勝ち、50以上の数字が出れば負けです。

最初に「99」を選んだ場合、サイコロの目が99か100でなければ勝ちです(勝率98%)。ただし、その際に受け取れる金額は微小です。一方、2を選んだ場合はサイコロの目が1でなければ負けです(勝率1%)。しかし、勝った際に受け取れる金額は非常に大きいです。利益は少なくとも大きな数字を選ぶか、一獲千金を目指して小さな数字を選ぶかがギャンブラーの腕の見せ所です。

Etherollの還元率は99%

Etherollの還元率は99%(控除率1%)です。ギャンブルの還元率の目安は日本の宝軸で45%、競馬や競輪で75%、パチンコで85%、カジノのスロットで90%、ルーレットで97%、バカラで99%程度と考えられています。Eterollの還元率は他のギャンブルと比べても非常に高く、それだけ参加者に大きな利益をもたらします。

Etherollのはじめかた

Etherollは登録無しで簡単にはじめられます。事前にやるべきことは、MistやMetamaskなどのウォレットにイーサリアム(ETH)を入れてウォレットを開くだけです。この状態でEtherollの公式サイトにアクセスすると、すぐにギャンブルがはじめられます(EtherollはMetamaskのインストールを推奨しています)。

MetamaskはGoogle Chromeの拡張機能によって使えるWebウォレットです。イーサリアムのほか、イーサリアム系トークンが保管できます。手軽に使えて、複数のアドレスを簡単に管理できるなど利便性も優秀です。

ただし、ホットウォレット(ネットに接続して使うウォレット)なので長期間・多額の資産を保有するのには向いていません。遊んだ後は必ずコールドウォレット(ネットに接続せずに使えるウォレット)に写しましょう。

Eteroll公式サイト:https://etheroll.com/
Metamaskインストールページ(Chrome ウェブストア):https://chrome.google.com/webstore/detail/metamask/nkbihfbeogaeaoehlefnkodbefgpgknn?hl=ja

DICEの用途

Etherollでは掛け金にイーサリアム(ETH)を使います。また、Etherollは12週おきに控除した手数料をDICEトークン保有者に配布します。DICEトークンを持っていると、他のユーザーが支払ったETHが受け取れるわけです。ギャンブルに興味がない、やりたくないという人は、DICEを持つだけでも自然と報酬が得られるのです。ただし、報酬は自動で配布されるわけではなく、公式サイト上にある「トークン配信申請ボタン」を押さないともらえないので注意が必要です。

筆者が考えるDICEの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。現状、Etherollで遊べるギャンブルは上記のサイコロゲームしかなく、ギャンブルプラットホームとしては正直地味です。単純故に深くハマってしまうと言えなくもないのですが、やはり他のギャンブルプラットホーム(中央集権型のものも含む)と比べるといろいろと見劣りするというのが正直なところです。

DICEが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

DICEが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから