TEKの特徴や将来性、TEKが購入できるおすすめの取引所

TEKの概要

通貨名称 TEK
最大発行数 約14億枚
公開日 2014年5月
公式サイト http://tekcoin.org/
ホワイトペーパー

TEKの特徴や目指しているもの

TEKは、2014年5月に取引が始まった仮想通貨です。仮想通貨の中では比較的歴史が長く、ビットコインにも使われている技術を導入しています。最新のコードのアップデート、特徴などを反映しており、比較的初期にできた仮想通貨としては先進的な技術を導入しているのが大きな特徴です。取引時にコメントを残す機能もあり、総じて使いやすい仮想通貨と言えます。

フェアで公正な仕組み

TEKの特徴の1つとして、フェアで公平な仕組みを採用していることが挙げられます。TEKは公平性を確保するために、公開前にごく一部にマイニングを開放するプレマインを行っていません。

プレマインは開発者のモチベーションの上昇、あるいは利益の確保と言ったプラスの効果を持つ一方で、利益の集中といったマイナスの効果もあります。TEKはこのマイナスの効果を非常に重く見ており、それ故にプレマイニングを行っていないのです。

エコロジーな仮想通貨

TEKはコンセンサスアルゴリズムにProof of Stake(PoS)を採用しています。コンセンサスアルゴリズムとは、簡単に言えばマイニングのルール、仕組みのことです。PoSはコンセンサスアルゴリズムの中で最もメジャーなProof of Work(PoW)と比べると、地球に易しく、エコロジーな仮想通貨であると考えられています。

難易度調整の仕組み

TEKには難易度調整という仕組みがあります。難易度調整とは簡単に言えば、マイニングが行われるペースを一定に保つための仕組みです。マイニングのペースが早すぎるときは、難易度を上昇させてブロックの生成ペースを遅らせ、逆にマイニングのペースが遅すぎるときは、難易度を下降させてブロックの生成ペースを早くします。
この仕組を常に稼働させることによって、ブロックはほぼ一定のペースで生成されるようになり、その結果ブロックチェーンの安全性は増加します。

筆者が考えるTEKの今後の将来性

現時点では、あまり期待していません。通貨の機能自体は悪くはないのですが、他の仮想通貨にはないような抜きん出た個性や特徴があるわけではありません。個人的には、他の通貨に投資したほうがより良い結果が偉えるのではないかと考えています。

TEKが日本に上場する可能性

現時点では、日本の仮想通貨取引所に上場される見通しは立っていません。すでに複数の海外取引所に上場されていますので、気になる方はそちらで購入するといいでしょう。

TEKが購入できる海外の取引所一覧

0 0

この記事の共有はここから